テレビと実行機能

なぜダラダラとテレビがついているのが悪いかというと、子どもが絵をかいたり、遊んだりする場合に、少し気になるシーンや音楽が流れると、子どもは今やっている活動を止めて、テレビに注意を奪われてしまうからです。この場合、子どもの意志ではなく、テレビの映像や音声によって活動を切り替えられています。テレビ視聴について、もう一つの悪い影響は、テレビの内容の影響だと森口氏は言います。暴力シーンは全般的に子どもの発達に悪影響があるので、子どもに見せることは避けなければなりませんが、現在議論になっているのが、ファンタジーだそうです。「トイ・ストーリー」などのアニノから、「ハリー・ポッター」などの実写版に至るまで、子どもはファンタジー作品が大好きです。

ヴァージニア大学のリラード博士らは、このようなファンタジー作品を見せた直後に思考の実行機能を測定すると、子どもの思考の実行機能の成績が低下することを示していたそうです。

また、テレビ以上に気になるのが、スマートフォンやタブレット端末などのデジタルメディアです。幼児でもYouTubeのコンテンツを好みます。テレビは受け身で視聴するだけですが、デジタルメディアにはタップするなどの双方向性があります。面白いことに、同じようなファンタジーコンテンツでも、双方向性があると、その後の実行機能の成績は低下しなかったそうです。テレビは受け身になってしまうので主体的に目標を達成する実行機能が低下しますが、デジタルメディアには主体的にかかわることができるので、実行機能は低下しないようです。

これらの結果を見ると、デジタルメディアにも利点があるようだと森口氏は言います。デジタルメディアを視聴しすぎると、視力や睡眠に悪影響がありますし、親子の交流が減ってしまうため、ネガティブな側面があることは確かだと言います。しかし、森口氏は、現在はスマートフォンなどのデジタルメディアに関するネガティブな側面ばかりが強調されているような気がしていると言います。ラジオやテレビのときがそうだったように、新しい技術が登場すると旧世代は苦言を呈するものだというのです。ですが、スマートフォンや人工知能などによって育児の負担が軽減されたり、子どもの発達が促されたりすることは必ずあると彼は考えています。いかなる技術も使い方が重要なので、良い面も悪い面も考慮していきたいところだと言っています。

子どもが健康に発達するためには、親のほうも健康的である必要があると森口氏は言います。ところが、実際には、子育ては非常に楽しいものであると同時に、非常に重荷な測面もあります。肉体的にも、精神的にも、子育ての時期に健康を崩すことは決して珍しくはありません。そこで、次に彼は、特に、精神的な健康について触れています。

現代の日本では、ワンオペ育児という言葉があるくらい、子育てが非常に孤立しています。母親が一人で子育てをし、かつ、周りに頼れる親戚や知人がいないということもしばしば見られます。しかし、森口氏自身、子育てをして感じたそうですが、子どもの研究をしている彼でも、子どもの病気については詳しくないため、子どもの調子が悪そうで、不安になることも少なくなかったそうです。病院に行くべきかと悩み、相談できる人も近くにいないので、ひとまず本やインターネットでこのような症状は何を意味するのか、と調べることもあったそうです。