支援的なかかわり

子どもの自発性を損なうようなかかわり方は、子どもの実行機能にも負の影響を与えると考えられているのです。子どもが一度欲求をコントロールできたからといって、ご褒美をあげるのは考えものだと森口氏は言うのです。子どもは自分のために自分を制御するのであり、人に褒められるためにがんばるのではないからです。子どもが自主的にやっていることに対しては、見守るようなかかわり方をすることが重要になってくるというのです。

次に、管理的な子育てについて森口氏は考察しています。支援的なかかわりが子ども主導のかかわりであるのに対して、管理的な子育てはその逆で、親主導のかかわりです。たとえば、子どもがなかなか歯を磨かないとします。ある親は、何度も何度も歯を磨くように指示し、磨かなければおやつを抜きにするなどの罰を与えるかもしれません。罰を与えるというのは、管理的な子育ての典型的な例です。管理的な子育ての影響には二つの側面があると森口氏は言います。まず、何事もそうですが、極端になりすぎると子どもの実行機能に悪影響を与えてしまうという点だと言います。親が子どもの行動を統制しすぎることで、子どもが自分で行動を統制することをしなくなってしまうためです。

ルーヴァン・カトリック大学のロスカム博士らは、子どもの母親や父親に対して、子育てに関するアンケート調査を実施したそうです。アンケート項目は大きく、支援的な子育てと管理的な子育てに分けられ、支援的な子育ての項目は、たとえば、「子どもが何か問題を抱えたとき、私(親)はそのことについて子どもと話し合う」などでした。一方、管理的な子育ては、「子どもが私(親)の癇に障る場合、私(親)は身体的な罰を与えることがある」などでした。

このようなアンケートを親に実施し、その子どもにはさまざまな実行機能のテストを行い、アンケート結果と子どもの実行機能の関連を調べたのです。その結果、親が支援的な子育てをしていた場合には子どもの思考の実行機能が高かったのに対して、親が管理的な子育て、特に、体罰を与えるような子育てをした場合には、思考の実行機能が低かったのです。罰を与えることが必要になる状況もあるかもしれませんが、体罰は許されません。体罰は子どもの発達に全面的に悪影響を与えます。森口氏は、残念ながら、我が国においては家庭や教育現場で、現在においても体罰を容認するような声を聞きますが、許されないと主張しています。

しかし、親が子どもの行動を管理することは全面的に悪いことでしょうか。森口氏が、先に述べた通り、子どもは最初から自分をコントロールすることができるわけではないのです。親に自分の行動を統制されながら、成長とともに自分でできるようになるのです。そうすると、極端なものは慎むべきですが、ある程度の親の統制は実行機能を育むと考えられると彼は言います。これが管理的な子育ての二つ目の側面です。この点が、「見守る保育」と言われる中で誤解を生じるところです。ミマモルの中の「守る」には、どのような意味があるのかを考えなければなりません。それは、単に擁護すると言うだけでなく、時には、適切な統制も必要な時もあるかもしれないのです。