最もストレスの強いのは

ネグレクトのような状態では、子どもは養育者とくっつくことができません。養育者に慰めてもらうこともできません。最初は自分で感情や行動をコントロールできない子どもが、養育者の助けも得られなければ、感情をコントロールするという感覚を得ることはできないのです。その結果として、ネグレクトの家庭で育つと、実行機能の発達に間題を抱えてしまうというのです。

身体的虐待や心理的虐待よりもネグレクトの方が悪影響を及ぼすのも、ここに理由があると言います。身体的虐待であれ、心理的虐待であれ、養育者は子どもにかかわっています。かかわり方自体は間違っているものの、なんらかの関係性はあると森口氏は言います。一方、ネグレクトの場合は子どもにかかわらないのです。この違いが大きいのだと森口氏は分析します。

無論、身体的虐待や心理的虐待も、子どもの脳や心の発達に深刻な影響を与えることには変わりないので、決してこれらがいいと言っているわけではないと彼は言います。ただ、子どもの実行機能にとってもっともストレスが強いのは、誰もかかわってくれない、ネグレクトであるということだと念を押しています。

このネグレクトは、特に、母親の学歴とかかわりがあると言います。父親の育児が増えているとはいえ、日本においては子育ての中心は依然として母親だと言います。そして、中学校卒業などの最終学歴である母親は、そうではない母親よりも、子どもとの関係性を築くことが得意ではないことは繰り返し示されているそうです。

もちろん学歴で全て決まるわけではありませんし、アタッチメントの関係性を築けるのは母親に限らないと彼は言います。父親の育児参加が進まないわが国ですが、父親でもしっかりとアタッチメントの関係性が築けるのです。また、里親が子どもにかかわることで実行機能が向上したことからも、子どもがアタッチメントの関係性を形成するのは里親でも問題ありません。教師や保育士などとも子どもはアタッチメントの関係性を築くことができます。最も重要なことは、特定の大人が、責任を持ってしっかりと子どもとかかわり、安心できる場所を提供するということだと森口氏は言うのです。

ここまで、ネグレクトや虐待などが子どもの実行機能の発達に及ぼす影響を紹介してきました。つまり子どもが養育者としっかりと安定した関係性を築くというのが、実行機能を育むための最も重要かつ根本的なものだということです。

この根本をしつかりと押さえたうえで、他に何ができるのかという点を森口氏は紹介しています。最も研究が進んでいるのが子育ての質です。子どもの発達に影響力があるのは、支援的な子育てと、管理的な子育てです。支援的な子育てとは子どもの自主性を尊重しようという子育てであり、管理的な子育てとは親が子どもを統制するような子育てです。

子どもが自分で洋服のボタンを外そうとしたり、靴ひもを結ぼうとしたりしています。もう少しがんばればできそうですが、でも、時間がかかりそうです。ある親は、いら立って子どもの代わりにボタンを外すでしよう。別の親は、親が代わりに外すのではなく、外すためのヒントをそっと教えてあげるかもしれません。たとえば、ボタンが穴に入るように、ボタンの持ち方を教えたりするでしょう。後者のようなかかわりを、支援的な子育てと言います。