どうすれば実行機能を育てることができるのか

青年期における実行機能の発達を森口氏は次のようにまとめています。

・青年期には思考の実行機能は徐々に発達する。

・感情の実行機能は一時的に低下する。

・感情の実行機能の低下は、アクセルとブレーキの発達がアンバランスなためである。

・青年期の実行機能は仲間に大きな影響を受ける。

・青年期は人生の分かれ目である。

しかし、ここで見てきたのは、子どもや若者を全体的に見たときの変化の傾向なので、実際にはかなりの個人差があると彼は言います。早い時期から自分をコントロールできる子どももいれば、そうではない子どももいるというのです。なぜ実行機能が高い子どもと低い子どもがいるのか、どのように子どもを育て、子どもとかかわると実行機能が高い子どもが育つのか。これらの点について、さらに森口氏は考察していきます。

子ども期の実行機能がその後の人生に大きな影響を及ぼすことはわかりました。そうなると、気になるのは、どうすれば実行機能を育てることができるのかということです。

どのような能力であれ、遺伝的な要因と環境的な要因の両方に影響を受けています。今までに何度か紹介したように、遺伝的な要因と環境的な要因の影響は、主に双子を対象にした研究で調べられてきました。双子にも、一卵性の双子と二卵性の双子がおり、一卵性は全く同じ遺伝子を持ちますが、二卵性は50%程度しか同じ遺伝子を持ちません。一卵性の双子のある能力の類似度と、二卵性の双子のある能力の類似度を比較し、遺伝的な要因の重要性と環境的な要因の重要性を調べることができます。

このような双子を対象にした研究から、ある能力の個人差である、一人一人の違いに、遺伝的な要因と環境的な要因がどの程度影響を与えるかが示されます。自分をコントロールする力である実行機能では、遺伝的要因が大事なのでしょうか、それとも環境的要因が大事なのでしょうか。

慶應義塾大学の藤澤博士らの研究で、子どもには、遺伝的な要因よりも、環境的な要因が重要な役割を果たすことが示されているそうです。環境にも、家庭環境と、学校や友達のような環境がありますが、特に子どもの実行機能に影響を与えるのは、家庭環境だったそうです。

まずは、実行機能の個人差に影響を与える遺伝的要因、特に遺伝子の影響について森口氏は解説しています。ここでのメッセージとしては、目標を達成するためのスキルである実行機能の高い・低いの一部は、遺伝的に決まっているという点だと彼は言います。遺伝子はA(アデニン)、T(チミン)、C(シトシン)、G(グアニン)の四つの塩基の配列から構成されている情報のことです。一連の塩基配列から、さまざまなタンパク質が作り出されます。ヒトの遺伝子は2万数千個だと見積もられていますが、遺伝子の塩基配列のなかには人によって個人差が存在する部分があるそうです。人口の1 %以上で存在する遺伝子の変異を遺伝子多型と言うそうです。