分かれ目

女性が一方的に被害を受ける可能性もあります。たとえば、性行為をする場合に、危険な行為を好む男性が避妊具を使用することを拒否すると、女性が望まない妊娠をする可能性が高まります。妊娠した結果として学校を半ば強制的に退学させられたりして、将来の目標を断たれる可能性すらあります。そうなったとき、本来であれば支えるべき学校や大人が、支援放棄してしまうことさえあるのは周知の通りです。

このように、青年期は人生の分かれ目となる可能性があるのです。以前、ダニーデンの縦断研究やイギリスの縦断研究では、子どものときに実行機能が高い子どもは、大人になったときに経済的・社会的・健康的に非常に有利であることが示されたことを森口氏は紹介しました。また、実行機能の低い子どもは、これらの側面で不利であるばかりか、犯罪に走る可能性が高いことも示されていました。ただ、この話を聞いて少し疑問に思った方もいるかもしれません。5歳くらいのときの実行機能が大人になったときの経済状態や健康状態を予測するとしても、5歳と歳では期間が離れすぎていて、両者がどのように関係するのかわからないではないかと。実際、わが国でも多くの書籍が子どものときの自制心や忍耐力が大事だと述べていますが、なぜ大事なのかが説明されていないものが多数です。ここで大事になってくるのが青年期なのです。

ダニーデンの縦断研究では、青年期に酒やタバコ、ドラッグのような違法行為を全く犯さなかった「優等生」グループが、大人になったときに経済面や健康面においてどのような成績を示すかを調べました。その結果、優等生グループは、他の参加者と比べて、経済面においては金銭的に恵まれており、かなり健康であることが示されました。青年期のような頑張るべきときに頑張れる人、自分をコントロールするべきときにコントロ―ルできる人というのは、将来的に社会で必要とされることが多いのでしょう。重要なのは、このような青年期の行動が、子どものときの実行機能と強く関連することだと言います。子どものときに実行機能が高いと、青年期に無茶をしすぎません。つまり、誰しもある程度は青年期には実行機能が低下するのですが、子ども期に実行機能が高いと、青年期の行動にブレーキを利かせられるというのです。専門的な言い方をすると、子ども期の実行機能は、青年期における防御因子になるのです。

森口氏は、次のように考えられるとまとめています。子どものときに実行機能が高いと、青年期にも実行機能が高く、違法行為などをする確率が低い。そのため、進学や就職で有利になり、大人になってからの暮らし向きが良い。一方で、子どものときに実行機能が低いと、青年期にも実行機能が低く、酒やクバコはもちろんのこと、ドラッグをはじめ犯罪に手を出してしまう。その結果として、大人になってから経済面や健康面で問題を抱える確率が高くなる。青年期が岐路となるのです。

彼は、このようなことからも、子ども期に実行機能をしっかりと発達させることがいかに重要であるかということを強調しています。