青年期の実行機能

思考の実行機能に関しては、児童期から引き続き、青年期においても右肩上がりで成長していきます。非常に安定感があるというのです。

感情の実行機能も同じような発達を見せるでしょうか。青年期の感情の実行機能は、やはり以前紹介したギャンブルテストで調べられます。子どものギャンブルテストはシールを得るものでしたが、若者を対象にしたテストでは、お金が使われるそうです。子どもでも、お金の価値はわかります。お小遣いやお年玉をもらうとうれしいものです。しかし、青年期になると、お金の重要性は格段に増すのです。洋服や食事代はもちろんのこと、アクセサリーや化粧品など、欲しいものばかりとなり、どうしたってお金が必要になってきます。

ロンドン大学のブレークモア博士らの研究では、9~11歳の子ども、12~15歳の中学生、15~18歳の高校生、25歳以上の成人を対象に、お金を使ったギャンブルテストにおいて、どの年齢層が最もハイリスクハイリターンの選択をする傾向にあるかを調べたそうです。このテストでは、参加者は、お金をたくさんもらえるかもしれませんがたくさん失うかもしれないハイリスクハイリターンという選択肢と、お金を少ししかもらえませんが失うリスクも低い選択肢であるローリスクローリターンを与えられ、どちらを選びやすいかが調べられたのです。

思考の実行機能の研究結果を踏まえると、9~11歳の子どものほうが、ハイリスクハイリターンの選択をしやすいと思うかもしれませんが、この研究においては、子どもよりも成人よりも、中学生や高校生のほうが、ハイリスクハイリターンの選択をしがちであることが示されたそうです。特に、最もハイリスクハイリターンの選択をしがちだったのは、中学生だったのです。どうやら、青年は、子どもよりも、目の前にお金があると、お金に対する欲求を止めることができず、ハイリスクハイリターンの選択をしてしまうようだと森口氏は言うのです。

幼児期から児童期にかけては同じようなタイミングで思考の実行機能と感情の実行機能が発達しますが、青年期においては異なった発達過程を示すようです。このことを確かめるために、ウェイル・コーネル医科大学のケーシー博士らは、両者の発達過程を直接比較し、違いがあるかを調べたそうです。この研究では、ほとんど同じようなテストで感情・思考の実行機能を比較するために、非常に簡単な二つのテストを用いました。どちらのテストでも、真顔の写真と笑顔の写真を使いました。

一つのテストは、モニター上に笑顔の写真が出たらボタンを押し、真顔の写真が出たらボタンを押してはいけません。笑顔の写真の枚数が多いので、真顔の写真のときにもついついボタンを「押してしまいそうに」なりますが、その行動を制御する必要があります。こちらは思考の実行機能のテストです。もう一つのテストは、このテストとは逆です。真顔の写真が出たときにはボタンを押し、笑顔の写真が出たときにはボタンを押してはいけません。二つ目のテストは、一つ目のテストと同じじゃないかと思うかもしれませんが、私たちは笑顔を見てしまうと、ついついうれしい気持ちになり、ボタンを押したくなってしまうことが知られているそうです。「押したくなる」ボタンを押さないという意味で、こちらは感情の実行機能のテストなのです。