音楽や美術

玉川大学の石原博士らの研究は、6歳から12歳の児童を対象に、テニスの経験の長さと、思考の実行機能の関係を調べたそうです。その結果、特に男子において、テニスの経験の長さと、思考の実行機能が関連していることが明らかになっているそうです。運動とスポーツについてまとめてみると、スポーツが難しい幼児には単純な運動をすることが、小学生以上の子どもにはスポーツが有効な方法だと言えそうだと森口氏は考えています。ただ、皆が運動を好きなわけではありません。楽器を弾いたり、絵をかいたりすることが好きな子どもも多いでしよう。こういった活動は実行機能に影響を与えるのでしょうか。

東大生の子どもの頃の習い事としてビアノが挙げられることも多く、なんとなく音楽は子どもの成長に良いという印象を森口氏はもっていたようです。実際の研究でも、子どもの知能や記億の発達に音楽が有効であることが示されているそうです。ロットマン研究所のモレノ博士らの研究では、4歳から6歳の幼児が参加し、二つのグループに分けられました。一つは、音楽を通じた訓練を受けるグループであり、もう一つは美術を通した訓練を受けるグループです。どちらのグループも、1日1時間の訓練を、休憩1時間挟んで二度、週に5日、4週にわたって訓練を受けました。

音楽の訓練は、主に、リズム、ピッチ、メロディなどの音楽の基本的な特徴を区別したり、学習したりすることの他に、音楽に関する概念や理論を学んだりするなど、多岐にわたる内容でした。もう一つの美術を通じた訓練を受けるグループは、形、色、線などの美術の基本的な特徴を区別したり、学習したりしました。どちらのグループも、訓練の前後に、IQと実行機能のテストをされ、これらのテストの成績が訓練を通じて向上するかどうかが調べられました。

その結果、美術訓練を受けたグループは、IQも実行機能もほとんど変化がありませんでした。一方、音楽を通じた訓練を受けたグループは、IQと実行機能が向上したそうです。森口氏らのグループの研究結果も、音楽プログラムが幼児の思考の実行機能を向上させることを示していたそうです。音楽を通じた訓練は、森口氏の個人的には、非常に有望な方法だと考えていると言います。それは何より、子どもが音楽を楽しみ、他の子どもと一緒に取り組むことができるためだと考えています。ただし、実行機能が主体的に行動をコントロールする力であることを考えると、どんなに有効な方法でも、子どもがいやいややるような方法ではあまり効果は出ないでしよう。

森口氏は、ここまではゲーム、運動、音楽と日常的な活動について紹介してきましたが、次に、非日常の世界について考えています。子どもに限らず、ビジネスマンにも人気のあるプログラムが「マインドフルネス」です。マインドフルネスとは、瞑想やヨガなど、自分の身体や精神、呼吸などに注意を向ける活動のことを指します。森口氏らは最近、タイの共同研究者らと、マインドフルネスが子どもの実行機能を向上させるかを検討しているそうです。マインドフルネスは、宗教を思い起こさせるかもしれませんが、現在一般的に用いられているものは特定の宗教や宗派に基づいたものではないそうです。ラジオ体操やヨガのようなちょっとした活動だと考えて方がいいと言っています。

音楽や美術” への8件のコメント

  1. 人生を豊かにするものの一つとして、よく「音楽」が挙げられます。メディア戦略でしょうが、「No music , No Life」という文字が流行したように、人の気持ちに共感し、なぐさめ、勇気を与えられるものとしては「人」と「本」以外に「音楽」だけではないのかというくらい、生活に密接に関係している分野だと感じています。私自身、普段はあまり音楽を聞きませんが、負の状態に陥っている時はふと好きな音楽をかけたりしています。これは、BGMのようにながら聞きではなく、主体的に音楽を求めているから意味があることが想像つきました。ゲームやスポーツ、そして音楽といったように、様々な分野からの実行機能への影響がありましたが、「実行機能が主体的に行動をコントロールする力であることを考えると、どんなに有効な方法でも、子どもがいやいややるような方法ではあまり効果は出ない」という根幹を忘れないようにしなければと思いました。

  2. シンガポールに行った時、ある園で子どもたちのマインドフルネス活動を見てちょっと参加したことを思い出しました。瞑想とかヨガなどのマインドフルネスは私個人関心がある行為です。瞑想やヨガは何となく大人たちのやること、というイメージがあります。しかし、どうやらそうでもない。チベット仏教の修行僧は子どもの頃から読経と共に瞑想実践をしています。まさにマインドフルネス。そうしたお坊さんたちは高度な実行機能を要求されるのでしょう。彼らは砂曼荼羅の絵画も修行としてやりますし、楽器を使った宗教儀式も行います。実行機能の向上のための実践ではないでしょうが、結果として実行機能向上に役立つ実践であることを改めて認識したところです。もっとも「いやいややるような方法ではあまり効果は出ないでしよう。」ということには同意です。何にせよ嫌々やるようなことは実行機能の向上に役立たないような気がします。ストレスを強くするだけなのではないでしょか。

  3. 音楽はあまりしてきてないのですが、一人で演奏するというよりもみんなで演奏する合奏の方が実行機能には良いのですね。耳で聴きながらみんなに合わせたり、バッチリ合った時の気持ち良さを共有したりすることで、そのような効果がもたらされるのではないかと思いました。同じように運動やスポーツでも一人よりは団体の方が実行機能には効果的なのではないかと思いますが、どうなんでしょう。いずれにしても〝実行機能が主体的に行動をコントロールする力であることを考えると、どんなに有効な方法でも、子どもがいやいややるような方法ではあまり効果は出ない〟という基本的なことは忘れてはなりませんね。

  4. 音楽においては実行機能に反応があり、美術においてはIQも実行機能においても変化がなかったのはなかなか面白い結果ですね。ただ、そこには「他の子どもと一緒に取り組むことができる」といったように自分だけの満足ではなく、他者を意識した意味合いがあり、そkには社会性という反応があるから、実行機能に反応があったのでしょうか。ただ、どちらにしても「こどもがいやいややるような方法ではあまり効果がでない」というのはよく考えなければいけません。大人がこどもに「させたい」と思う活動は多くあるでしょうし、誘導尋問的に子どもに習い事をさせることはよくあります。そこには本人がやりたいと思わない以上、良い反応としては出てこないのでしょうね。ともすれば、かえって嫌いになる要因にもつながります。何事にも主体性というものはその後の育ちにおいてとても強い動機になるということがよくわかりました。また、「マインドフルネス」という言葉が出てきました。一度は聴いたことのある言葉ですが、ピンときません。瞑想やヨガと言われるとなるほどと思います。これらは自分と向き合うことが大きな一つの意味合いでもあると思うので実行機能とも影響はあるのではないかと思うのですが、どうなんでしょうね。

  5. 「東大生の子どもの頃の習い事としてビアノが挙げられることも多く、なんとなく音楽は子どもの成長に良いという印象を森口氏はもっていたようです。」以前、あるテレビ番組で、ゴルフをやっている人は皆お金持ち、というイメージがある、という言葉を目にして、なるほどそういう見方もあるのかもわからない、と思いました。ピアノを習っているから実行機能が高いのか、そもそも経済的なゆとりがあることから実行機能に豊かなアプローチをすることが家庭的に可能なのか、ある意味様々な可能性が考えられるように思えましたが、この度の内容に触れ、なるほどピアノそのものにその力を育む要素があるのだと、改めて安心するような気持ちになります。

  6. 「ただし、実行機能が主体的に行動をコントロールする力であることを考えると、どんなに有効な方法でも、子どもがいやいややるような方法ではあまり効果は出ないでしよう」という言葉、やはりこれがとても大切ですね。「〇〇がいい」という情報はたくさんありますが、それを子どもにやらせておけばいいという問題ではなく、自分でやりたいと思っているか、楽しんでいるかという主体的な行動であるかが肝心になってくるのですね。園で遊んでいる子や、ゾーンで遊んでいる子を見ると、自分がやりたいことだからこそ、じっくり集中してやっているように思います。もちろん、それが保障できる環境や時間を大人は用意しなければいけませんが、やはり、やりたいと思ったことをとことんやれることが大切なのかもしれませんね。それでも音楽に実行機能を高める効果があるというのは興味深いですね。

  7. 音楽と美術を比較すると、音楽の方が実行機能が向上したというのは面白い結果ですね。同じ芸術という枠でも何が違うのかとても気になります。美術の方はある程度の法則があったとしても、自分の思うままに描くことが可能ですが、音楽の場合は楽譜というほぼ決められた音階やリズムなどを演奏するのと、その中で仲間と演奏することで、相手の音を聞いて合わせるという行為が重要なのでしょうか?やはり芸術の中でも集団というのを利用することで実行機能が向上するのですね。

  8. 「子どもが音楽を楽しみ、他の子どもと一緒に取り組むことができるためだと考えています。ただし、実行機能が主体的に行動をコントロールする力であることを考えると、どんなに有効な方法でも、子どもがいやいややるような方法ではあまり効果は出ない」とあり音楽が実行機能に影響を与えることをわかるとともにやはりそこには主体的にというワードも出てることから向き不向きからもどんなことを子どもにやってもらうかにも大きく効果は変わってくるのですね。まずはその子その子で好きなことを見極めどんなことで主体的になれるかというのも重要なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です