愛着と実行機能

養護施設で育った子どもたちを無造作に三つのグループに分けました。一つは、以前と同じように施設で育つ子どものグループ。もう一つは、里親を探して、その里親の下で育つグループです。さらに、施設とは関係ない、生まれたときから家庭で育ったグループを加えて、三つのグループの発達を比較したそうです。その結果、大きく二つのことがわかっているそうです。まず、里親グループの子どもは、施設グループの子どもよりも、幾分思考の実行機能に優れるということです。里親グループの子どもは、里親によって庇護されます。ネグレクトの状況から脱することにより、ネグレクト状態の施設グループの子どもよりも、実行機能が改善されることがわかったのです。もう一つの結果は、里親グループの子どもは、生まれたときから家庭で育った子どもと比べると、思考の実行機能が低いということでした。この差は、年齢とともに広がっていくそうです。IQなどの影響を考慮すると結果がまた変わる点には注意が必要ではありますが、これらの結果は、早期に親などの養育する者との関係を築けなかったことが重要な影響を及ぼすことを示しているのだと森口氏は言います。

このように、ネグレクトは、子どもの実行機能の発達に深刻な影響を及ぼすと森口氏は言います。さらに彼は、これらの研究から導けるのは、養育者と子どもの生後早期の関係が極めて重要だということであるといます。自分の力で動くことも食事を得ることもできない状態で生まれてくる人間の赤ちゃんにとって、自分を庇護してくれる養育者は重要だというのです。

生後数カ月間をかけて、養育者と子どもは「アタッチメント(愛着)」という関係性を築き上げると森口氏は言います。アタッチメントとは、情緒的な結びつきのことを指します。このアタッチメントがあることで、赤ちゃんは不安なときや怖いことが、あったときに、安心感を得ることができると言われています。泣きながら養育者にくっつくことで、安心感を得るのです。

アタッチメントを形成するためには、特に生後間もない時期には、養育者側のかかわりが極めて重要です。赤ちゃんは不快なときや不安なときに、泣くことによって、自分の状態を表現します。養育者側は、そのような赤ちゃんに対して、敏感に反応する必要があります。赤ちゃんが目を覚ましたときに誰もいなければ不安で泣くことがあります。そのようなときは抱っこして、安心感を与える必要があります。お腹がすいたときにはおつばいやミルクをあげることで、空腹を満たしてあげる必要があります。このようなかかわりを通して、赤ちゃんとのアタッチメントの関係性が形成されます。

アタッチメントの関係性を築くことで、子どもは自分の感情をコントロールすることができるようになります。子どもは、最初は自分ひとりで感情をコントロールすることはできません。養育者にくつつき、慰めてもらうことで、コントロールしてもらいます。こういう経験を繰り返すなかで、感情をコントロールするという感覚がわかるようになります。そうすると、今度は自分で、たとえば指しゃぶりなどをすることによって、感情をコントロールできることに気づきます。そのうちに、養育者の手を少しずつ離れて、自分自身で感情や行動をコントロールし、実行機能を育んでいくと森口氏は言うのです。

愛着と実行機能” への9件のコメント

  1. 言葉を使用できない赤ちゃんたちによる自分の欲求表現の手段が泣くことでしょう。泣いて自分の欲していることを他者に伝えようとします。親は普段からわが子の泣き声を聴いて、あぁ、今はおなかが空いているんだ、とか、排泄して不快に感じているんだ、とか、あるいは体の不調を訴えているんだ、と理解するようになるでしょう。こうして自分のことを理解してもらえた赤ちゃんは泣きながら安心して自分の欲求を満たしてもらおうとするのでしょう。すなわち、アタッチメント形成をしていく。そして同時に自立の方向に歩みゆく。「アタッチメントの関係性を築くことで、子どもは自分の感情をコントロールすることができるようになります。」実行機能を育んでいくということに繋がります。アタッチメントと実行機能のこの関係性は、担当制を支えるアタッチメントとはそもそも異なるアタッチメントです。なぜなら実行機能は社会的存在であるホモサピエンスの特徴の一つと言えるからです。

  2. 養護施設で育った子と里親で育った子、そして、家庭で育った子との間に明確な思考の実行機能の差があるということから、愛着という存在が実行機能には関連してくるといった見立てがありました。
    「アタッチメントの関係性を築くことで、子どもは自分の感情をコントロールすることができるようになる」ように、最初から自分をコントロールできない存在が、次第にコントロールできるようになっていく過程には、他者からの受容がなくてはならないようですね。自分の欲求や感情を共感され、認められる経験というのは、後の自分をコントロールする力となりえると思うと、乳児期の重要性がまたまた理解できます。

  3. 養護施設で育った子どもと家庭で育った子、里親に育てられた子に分けた研究の結果から、アタッチメントが実行機能の発達と関係してくるということになるということなんですね。赤ちゃんの頃のアタッチメントがあるかないかというのは大きな差があるというのが理解できます。はじめは自分をコントロールできないから、泣くことによって訴え、他者を求め、受容され、認められる経験から少しずつ自分をコントロールできるようになってくるというのが生後半年の娘をみていると、納得してしまいます。最近はおもちゃで遊ぶ時間が増え、泣いてる時間が減ったように思えていました。でも、まだまだ分からないことも多いですが…。改めて、乳児の時期が大切なんだと思いました。

  4. 最近0歳児のクラスにはいってみて、慣れと愛着は違うな、と実感しています。部屋のなかに私がいても泣くことはないし笑顔でオモチャを持ってきてくれることも多々ある子が眠たいときやお腹がすいているときに私が抱き抱えると、お前じゃない、と言わんばかりに激しく体をひねって逃げようとするのです。慣れてはきているものの愛着は全くできていないんだとこれからの関わりに気持ちが入る瞬間でもあります。

  5. 生後間もないときから、赤ちゃんは泣いたり、笑ったり、表情で関係性を築いていきます。赤ちゃんは言葉にして表せませんが、相手に意志を伝えることができます。その行動を見ると、とても有能な存在であり、「相手に予測させる」ことで相手を動かします。よく「子どもに親として育てられる」と言いますが、それは赤ちゃんとの関係性において、「相手の気持ちを予測する」といったことをより行わなければいけない経験を子育てで多くするからなのでしょうね。子どもが生まれたことで、「変わったな~」と思う人が多いのはこういった経験があるからなのかもしれません。しかし、その反面、ネグレクトは赤ちゃんの持っている特性が生かされないという状態であるといえます。つまり、あるべきコミュニケーションが起こらないというのは、発達においても大きな影響を与えるということは想像つきます。それだけ、赤ちゃんにとって情緒的な関わりや応答的な関わりというのが将来の実行機能に大きく関わってくるのですね。

  6. 片想いであった時は不安でたまらなかったことが、両想いとわかった時にとてつもない安心と喜びで満ち溢れたことは誰しも経験にありそうなところで、その安心が新しい一歩を踏み出させることも想像に難くないことです。自信が持てたり、誰かに好かれている、愛されている、という感覚は人を人たらしめているような気にさえなります。乳幼児期という掛け替えのない時期に得られるべき感覚を得られずに成長した時に、実行機能が整わないこともまた容易に想像ができ、人が人に愛されて安心して生きることがとても大切であることを改めて思います。

  7. なんだかここでの愛着というのは私たちが普段聞き慣れている愛着とはまた違ったもののように感じます。赤ちゃんが泣いた時にしっかり反応していくという積み重ねが重要ですね。保育においてもそうですが、特に新入園児などと関わる時に、その子どもが示したサインにちゃんと保育者が応えていくことで信頼関係のようなものが構築されるような感覚があります。助けを求めれば応えてくれる人がいるという感覚は人を強くというのでしょうか、安定させてくれるような気持ちになりますね。そして、「こういう経験を繰り返すなかで、感情をコントロールするという感覚がわかるようになります」ということになるのですね。いかに、応答することが大切であるかということが分かりました。しかし、過剰な反応は違いますね。あくまでも子どもが求めた時ですね。

  8. 確かに愛着関係というのは養育者との関わりが重要で、不安な時、お腹が空いた時など自分の欲求を泣いて伝え、それを受けた養育者が関わることで関係性が形成されていくのでしょうが、これは親との愛着関係であって保育者とはまた違った愛着関係のような気がしますし、赤ちゃんもそれは本能で理解しているような気がします。親や保育者との愛着関係によって赤ちゃんは実行機能を獲得していくのは理解しましたが、だからこそ関わり方を注意しないといけないと思います。

  9. 「里親グループの子どもは、生まれたときから家庭で育った子どもと比べると、思考の実行機能が低いということでした。この差は、年齢とともに広がっていくそうです。」とあり、やはり幼い時の関係性というのはのちのち響いてくるのですね。いくら里親に引き取られ庇護されていたとしてもそこの影響が出ることに驚きます。さらに「養育者にくつつき、慰めてもらうことで、感情をコントロールしてもらいます。」とあり、まずは感情を養育者と一緒にコントロールする経験というのが大事なのですね、その時にどんな気のそらし方諦めることのできる環境を作ってあげることが大事なのかなと感じますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です