心の道具

「心の道具」というプログラムの研究にはいくつかの重要な活動があるのですが、森口氏は、そのなかで、重要な四つの活動について詳しく紹介しています。

①         物理的な道具による外的な補助

幼い子どもは、まだ自分をコントロールすることはできません。そういう場合に、親や教師などによる支援的なかかわりが重要になってきます。支援の一つとして、物理的道具を使うことで、コントロールしやすくする方法があります。大人でも自分のスケジュールを自分の記憶力だけでは覚えきれませんが、手帳やスマートフォンなどの外部記憶装置を使って、記憶の補助をします。このプログラムでは、絵を使って子どもの実行機能を支援します。子どもが二人でペアになって、一冊の絵本を交代で読んでいくという活動を例にすると、このようなことになります。子どもは、どちらも自分が絵本を読みたくて仕方がありません。実行機能が必要な状況になります。その際に、片方の子どもには口の絵を、もう片方の子どもには耳の絵を渡します。口の絵を持ったほうが話を読み、耳の絵を持ったほうは聞き役です。途中で絵を交代し、役割も交代します。うまく自分をコントロールできない子どもも、絵という道具を与えられて、役割がはっきりすると、うまくコントロールできるようになります。この活動を繰り返すなかで、そのうち絵が必要なくなり、聞き役が絵本の内容について質問するなど、より発展的な活動に推移していきます。

②         友達の行動をチェックする

人の振り見て我が振り直せと言いますが、子どもは、友達の行動を見ることで自分の実行機能を発達させます。この活動も、友達とペアで行います。たとえば、友達が物の数を数える活動をしている場合に、子どもは友達がその活動を正しく行うことができているかをチェックするように求められます。チェックシートのようなものを渡され、逐次チェックしていきます。この活動では、友達が正しく活動を行うことができているかをチェックし、この活動を振り返り、深く考えるようになります。すなわち振り返り訓練が含まれているのです。これによって、自分がその活動をやるときに、しっかりと考えて取り組むことができるようになります。このようなくせをつけることで、実行機能も身についていきます。

③         独り言を使った行動をコントロールする

子どもの独り言はほほえましいですが、この独り言は、子どもの発達のうえで重要な意味を持っていると考えられています。私たちが何気なく使っている言葉には、他の人と話すという役割の他に、考えるという役割もあります。私たちは日常的に、頭のなかで考えるために言葉を使っています。「今日の夕飯のおかずは何にしよう」とか、「明日会社休みたいなあ」などのように、自分だけのために使う言葉があります。こういう自分のためだけの言葉が、ポロッと独り言として口をつくと恥ずかしい思いをすることもあります。

子どもにおいて言葉には、まず、他の人と話すためという役割があり、成長とともに考えるためという役割も持つようになります。1歳から2歳頃にかけて、子どもが話し始める頃、言葉は純粋に何かを伝えるために使用されます。「あれとって」とか、「あれなあに」など、親や周りの他者とのコミュニケーションのために言葉は使われます。それが、成長とともに、子どもは考えるための言葉も発するようになります。周りに誰もいないのに「これなんだろう」とか、「これすきなうただ」などと発するようになります。他の人と話すための言葉と、考えるための言葉が、両方とも言葉として出てくる時期です。後者が独り言です。

心の道具” への9件のコメント

  1. ヒトの特徴は、創造力と想像力と言われます。今回の紹介された「心の道具」の3つ目「独り言を使った行動をコントロールする」、イマジネーションによる実行機能の向上でしょう。大人の私たちは自問自答します。子どもたちにもそれに匹敵する能力があるはずです。その能力によって自分の行動をコントロールするのでしょう。まぁ、声に出さなくても脳裏で想像する時、論理的思考ならば言葉が介在してくるはずです。あるいは言葉に匹敵する何かが脳内で働くことになるような気がします。子どもたちはそうして思考の実行機能を育んでいくのでしょう。1つ目の「物理的な道具」は本当に大事だと思います。遊ぶモノがあれば一人でも自分の想像力創造力を働かして遊べます。モノがある場合とない場合とでは遊びの質や量に変化があるのではないかと直感します。そして他者存在。2つ目の「友達の行動をチェックする」は他者存在の必須さについて言及していると思います。しかも「友達」というところが重要ですね。先生じゃあないところに賛同します。子ども同士の関わりの必要をこの点からも感じるのです。

  2. やることが明確にわかる視覚カードは保育の場面でも有効に活用できます。それが自分をコントロールしやすい外的な補助道具によって、人間はより効率的かつスムーズな生活を送れているようですね。それらは、日常の中にある大人がしている小さな習慣によって育まれていく印象です。また、言葉には、話すためだけでなく「考えるため」という役割も担っていることを再確認しました。私たちは、相手に何かを伝える時には「言葉」を使うだけでなく、その言葉で「思考」を表現し、その思考の根幹を司っているのも「言葉」であることが想像できます。子どもを見ていても、話す語彙数が多く、積極的てきに言葉でのコミュニケーションをとっている子どもは、自分をコントロールするのにも長けているイメージがあります。

  3. 「耳の絵と口の絵を渡して、子どもに明確に役割を与える」という方法は読んでいて、「なるほど」と共感できるやり方です。そうすることで、円滑に子ども同士の関わりが発展していくように感じました。今度、ぜひ取り入れてみたいなと思いました。
    「言葉」の役割として〝伝える〟だけでなく〝考える〟という役割もあるんですね。そして、発達が進むほど「言葉」の使い方の幅が増えていく、ということになるということは、言葉の発達というのも実行機能みていく上で大切なものとなることが理解できました。たしかに、まだ話せない子どもは手を出しがちですよね。なるほど納得です。

  4. 口から出す言葉というのは思っている以上に記憶の定着によいそうで、例えば上司に「○○やっておいて」年毎を頼まれたとき、ただ返事をするのではなく「はい、○○やっておきます」と復唱するだけで忘れたりミスをしたるする確率が大きく減ったそうです。私も独り言は多い方でいつも何かぶつぶついいながら過ごしているのですがただ頭の中で考えるだけの時よりも落ち着いて思考をまとめることができる気がします。もちろん大声で独り言を言っては迷惑になりますが、独り言はうるさくてやめた方がいいという風潮をやめることでメリットもありそうですね。

  5. 1つ目はルールの見えるか、2つ目はお互いに補いあい、3つ目は独り言による戒めといったところでしょうか。どれにしても、「客観視」的に「すること」を表現することで、今の自分に気づくということが言えるのですね。そして、それが自分をコントロールすることにつながり、実行機能を養うことにもつながっていくのですね。自分を見つめなおす機会があることが必要になってくるということが分かりますし、いかに自分と向き合うことができるかということにもあるということが分かります。そして、これはマインドフルネスとも共通する内容ですね。そういえば、工事現場でよくする「指差し確認」なんかもこれに該当しますね。しっかりと点検したかどうかを自分の中で意識付けするためにするということを聞いたことがあります。また、ビジネスマンがやる「to doリスト」なども1つ目のものと同じですね。意識をしていくことでよりミスや忘れることの意識付けをするのはおとなにとっても子どもにとっても同じなのだろうと思いました。人が学んだり、覚えたりするプロセスは年齢に関係がありませんが、効果や効率よくできるように保育にも生かしていきたいところです。

  6. 「子どもにおいて言葉には、まず、他の人と話すためという役割があり、成長とともに考えるためという役割も持つようになります。」子どもの独り言、現場にいるとそれを聞かない日はないくらいですね。345歳児クラスになると、そこに聞いてほしい、という気持ちも加わるのか、思いついたことをとにかく喋るような子も出てきます。それが実はとても自然な子どもの姿であることを改めて理解することが出来ました。

  7. とてもおもしろい取り組みですね。ゲーム的な感覚でお集まりの前などに子どものやってみてもおもしろいかなと思いました。「言葉には、他の人と話すという役割の他に、考えるという役割もあります」とあり、言葉の役割の重要性に気づかされました。確かに私自身の経験を思い出しても、言葉にするためには頭の中を整理しなければいけませんし、言葉にすることで、さらに頭を整理するきっかけになるなと思います。娘を見ているとまさに、独り言の連続で、何かしら常に言いながら遊んでいます。自分の感覚を言葉にすることで、様々なことに気づけているのかもしれませんね。

  8. このプログラムは面白いですね!どれもすぐに実践できそうな取り組みです。最初の2つは友達がいることで成り立ちますが、改めて実験を行わなくとも普段の関わりから、そのような姿は出てきそうな気がします。特に異年齢で過ごすことで年長の正しい行動を年少、年中が見ることで学びますし、逆に年長が間違った行動をしてしまった時には、年下がいることで恥ずかしい思いをします。独り言もそうですね、今日も次男が朝食を食べながら「きょう、ほいくえん、いきたくないなー」と独り言を言っていました笑

  9. 「物理的な道具による外的な補助」というのはわかりやすく子どもも自分の脳だけではなく外的な補助を使うことで役割を把握しうまく自分をコントロールできるようになるのですね。それを続けることで外的な補助も必要なくなってくるというのは想像できます。さらに「友達が物の数を数える活動をしている場合に、子どもは友達がその活動を正しく行うことができているかをチェックする」というのもおもしろいですね。年長さんが年少さんにお着替え見てあげてというような時と同じなのですかね。保育でそんな環境を意図的に作ってあげてもいいのかなと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です