幼稚園・保育園の影響

四つのパートから構成された保育プログラムの活動を通じて、自分の身体や感情についてしっかりと認識し、そのうえでそれらをコントロールできるように学ぶことを目的としているそうです。これらの前後に、感情の実行機能と思考の実行機能を測定したそうです。その結果、マインドフルネスは特に感情の実行機能に非常に有効であることが示されたそうです。感情をコントロールすることを目的としているので、これは当然の結果と言えるかもしれないと森口氏は考えています。また、思考の実行機能も一部の子どもでは向上したそうです。

この方法はタイの子どもに向けられたものなので、このままのやり方が日本の子どもに当てはまるとは限らないかもしれませんが、マインドフルネスは有効だと森口氏は考えています。森口氏は、いくらマインドフルネス訓練を保育園で実施したとはいえ、それは、一人一人に行なった訓練で、個々の子どもを対象にした実行機能の向上訓練について考えてきたのです。そこで、彼は、では、保育や幼児教育などの場で行われる、集団活動についてはどうかを考察していきます。

そもそも幼稚園や保育園に行くこと自体が子どもの実行機能の発達にとって重要な意義があると森口氏は考えています。特に、この点は、家庭に間題がある子どもにとって顕著であると言います。以前、家庭環境が子どもの実行機能に与える影響について見てきました。貧困層やネグレクトがなされている家庭では、それ以外の家庭よりも、子どもの実行機能が著しく低いことが示されていました。これは、子どもがストレスを経験することが多いこと、しっかりと関係を築くことができる大人がいないことに起因していることを説明してきました。

そうだとすると、幼稚園や保育園において、子どもがストレスを経験せず、楽しく過ごすことができると、子どもの発達を支えられるかもしれないと考えられます。好きな教諭や保育士がいて、関係を築くことができれば、子どもは実行機能を育むことができるかもしれないというのです。実際、子どもは親以外に保育士とも、アタッチメントを築くことができます。特に、親との開係がうまくいかない場合でも、保育士とのしっかりとした関係性を形成できる事例が報告されています。

さらに、幼稚園もしくは保育園に通うことが子どもの実行機能を下支えする可能性が最近の研究から示されているそうです。東京大学の山口博士らの研究は、母親の最終学歴が高校卒業未満の家庭と、そうではない家庭の子どもが、保育園や幼稚園に行くことでどのような利益があるかを調べたそうです。母親が子どもに与える影響が大きいのは以前、森口氏は触れています。この研究では実行機能そのものは測定していませんが、多動性という、実行機能と関係する行動を測定しています。その結果、母親の学歴が高卒未満の家庭は、幼稚園や保育園に通うことによって、子どもの多動性が著しく減少することが示されているそうです。一方、母親の学歴が高卒未満の家庭以外では、幼稚園や保育園に通うことは子どもの行動にあまり影響を与えていなかったそうです。

このように、幼和園や保育園に通うこと自体が子どもの発達にとっては重要であるようだと森口氏は言うのです。

幼稚園・保育園の影響” への8件のコメント

  1. マインドフルネスの実践は重要だ、と私は思います。保育園やこども園では、元気いっぱい活動する子が良い子、ということで保育目標を「元気な子」とする園にしばしば遭遇することがあります。マインドフルネスは座禅であったり瞑想であったりします。ドイツの園では屋外に出る場合、心を落ち着けてから出る、ということを聞いたことがあります。ドイツの学校の体育の授業も静寂の中で行われていました。そんな光景を思い出します。人が何かに熱中、没頭している時は基本静かです。ゾーンに入っている場合は完全なマインドフルネスかもしれません。私が勤める園では午睡中起きている子たちは静かに過ごすことを条件としています。この静かにしていること、しかも集団で静かにしていることがマインドフルネス状態なような気がします。マインドは他者との関係でのみ成立する心だと思います。このマインドがフルの状態は他者への思いやりがフルの状態で、従って実行機能が高まっている時と言えましょう。保育園やこども園における環境の如何がやはり問題になってくるのでしょう。

  2. 保育集団でのマインドフルネスは想像がつきませんね。それこそ、画一的な活動にならざるを得ないでしょうね。子ども自らがそのような状態になるよう環境を用意するためには、習慣やそこまでの実行機能がある程度必要になってくる印象があります。また、保育園に通うことが、実行機能にとって重要な意義があるという言葉のように、家庭での不適切な養育環境や高卒未満家庭の中でいるより、保育者との愛着関係から実行機能を育ませることが可能であるというのは、乳幼児教育界にとっては意識するべき部分でもあるように感じます。

  3. 子どもが受けるストレスが実行機能に与える影響というのは大きいのですね。「幼稚園や保育園において、子どもがストレスを経験せず、楽しく過ごすことができると、子どもの発達を支えられるかもしれない」と紹介されていました。そして、そこには好きな教諭や保育士がいて、関係が築くことができればともあります。以前、自園の保育評価委員の方と話す機会があった中で、保育者や大人の指導と安心基地の話になりました。活動に子どもが向き合うにあたって、保育者や教諭は安心基地があることで活動に子どもたちは向くことになり、指導的に向けさせることではないのではないかという話をしました。その時の見方の中で、子どもの指導や援助を「大人発信の視点で見る」のか「子ども視点から考えるのか」で同じことを言っていても、ニュアンスが大きく変わるということを感じました。見守る三省の中で「こどもに真心を持って接したか」ということが言われています。結果としてこういった子どもとの関係性は実行機能にも大きく影響していくのだろうと感じました。

  4. 保育園や幼稚園に通うことで子供の実行機能に影響があるというのは普通に考えれば当たり前のことなのでしょう。家で起きている時間より長い時間を園ですごし、家族と話す時間より長い時間先生や友達と話すわけですからむしろ問題の無い親のもとで育つ子には影響があまり無いという方が驚きです。ただそれは多動に関してのデータであり、他の面では何かしらの影響はあるのでしょう。ただそう考えたときに、子供を批判することは自分の保育を批判することにもなると肝に命じなければいけませんね。

  5. 「この方法はタイの子どもに向けられたものなので、このままのやり方が日本の子どもに当てはまるとは限らないかもしれませんが、マインドフルネスは有効だと森口氏は考えています。」落ち着いた雰囲気のようなものを重宝する傾向があるように思えてきてしまいます。短大時代、モンテッソーリの園を取材した動画を見て驚いたことを思い出します。とても静かでした。それが保育の理想のように思っているところがあったりはしないでしょうか。
    「そこで、彼は、では、保育や幼児教育などの場で行われる、集団活動についてはどうかを考察していきます。」この視点の考察こそ、必要な考察だと感じます。

  6. マインドフルネスと聞くと、以前、藤森先生と学会で発表した保育における冷ます力というのも思い出します。盛り上がったり、熱中したりする活動は注目されやすいが、反対に、子どもを落ち着かせる方法というのはなかなか保育の中でも注目されないというか、具体的な方法が理解されていないという内容でした。かつて藤森先生が教員だった時代に静かにしなさいという子どもたちに言うのではなく、「一休さんになろう」と言って子どもを落ち着かせたという話から、私も子どもたちが騒がしくなったり、雑巾掛けの前のテンションが上がりそうな活動の前には「集中しよう」と言って、手を合わせて座禅を組むようなことをやってみることにしました。何が正解かは分かりませんが、静かにしなさいと言って静かにさせるだけではない、落ち着かせ方は考えていきたいなと思いました。

  7. マインドフルネスが子ども達の実行機能を発達させることに関しては理解はできましたが、今度はそれが中心になりすぎてしまうと、目的が違ってくるのかもしれません。子ども達が保育園、幼稚園に通うこと自体が重要と森口氏が言われているように、何のための乳幼児施設なのかと現場が理解しないと、せっかく通っている意味もないように思います。ドイツでも散歩に出かける前は子ども達を落ち着かせ、一人ずつ部屋から送り出すと聞きましたが、1日の中でメリハリを持って活動に取り組むのは大切ですね。

  8. 「マインドフルネスは特に感情の実行機能に非常に有効である」とあり、いかに自分をコントロールすることの重要性がわかります。そして「幼稚園や保育園に行くこと自体が子どもの実行機能の発達にとって重要な意義がある」というところでは家庭の事情によって親との関係が不適切であれば教師や保育者といった人とのアタッチメントを築くことで実行機能が育っていくというのは我々保育士も知っておかなければいけない事柄ですね。そう考えるとより保育士という仕事は子どもにとって大きな存在になってくることを自覚する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です