幼児教育・保育の質

幼児教育や保育の質はさまざまです。では、幼児教育や保育の内容や質が子どもの実行機能にどのような影響を与えるのでしょうか?近年は、幼児教育・保育の質をさまざまな形で測定する試みがなされています。ここでは、森口氏は、その中で実行機能との関係が示されている幼児教育・保育の質について紹介しています。

イリノイ大学シカゴ校のゴードン博士らの研究グループは、三つのカテゴリーからなる幼児教育・保育の質評価を行っているそうです。一つは、園のハードウェアにあたる部分です。園の広さや備品などが含まれています。二つ目と三つ目はソフトウェアにあたる部分で、二つ目は教諭・保育士による子どもの健康や衛生に関するかかわり方です。たとえば、トイレットトレーニングや睡眠などをうまく導けているかが評価されます。三つ目は、子どもとのやりとりにあたる部分で、うまくコミュニケーションを取れているかなどを含んでいます。

訓練された観察者が、幼児教育・保育の様子を見て前記の三つの質を評価し、子どもの実行機能などの発達とのかかわりを検討したそうです。その結果、二つ目と三つ目の幼児教育・保育の質が、子どもの実行機能とかかわることが示されたそうです。つまり、子どもの健康や衛生に関するかかわり方が上手く、子どもとのやりとりが円滑な幼児教育施設では、子どもの実行機能が育まれやすいのです。

健康や衛生に関するかかわり、たとえばトイレットトレーニングなどは、大人側にとっても子どもにとっても忍耐の連続です。便座に座りたくないという気持ちを抑えて座ることなどにより、子どもの実行機能は育まれるのだと考えられると森口氏は言います。また、子どもとのやりとりについても、支援的な養育行動の効果と同じだと森口氏は考えています。このように、教諭・保育士のかかわりは、子育てで重要だった部分と通じるところが多いと彼は言うのです。ただ、もちろん、幼稚園や保育園ならではのものもあります。それが、集団の子どもにかかわるという部分だと彼は言います。家庭では、親と子どもは一対一ですが、幼稚園や保育園では一対複数です。このような集団の子どもに対して、どのようなプログラムなら実行機能を鍛えることができるのでしょうか。

集団活動のなかで、現在世界で最も注目されているのが、「心の道具」というプログラムです。そのため、森口氏は、それについて少し詳しく紹介しています。このプログラムでは、子どもたちに道具を使わせることで実行機能や読み書き能力を高めようとするものです。ここでの道具は、物理的な道具も含みますし、心理的な道具も含みます。

心理的な道具とは、言葉や遊びなどのことを指します。たとえば言葉は私たちの考えや行動を支えています。言葉を使わなくても私たちは考えることができますが、言葉を使うことで論理的推論などの複雑な思考が可能となります。このように、言葉を「道具」として使うことで、私たちの実行機能は支援ができると言われています。

幼児教育・保育の質” への9件のコメント

  1. 自制にしろ、切り替えにしろ、他者が存在して始めて発揮される機能でしょう。その意味で、家庭外で他者と接する機会となる保育園やこども園、学校は子どもたちの実行機能向上のために必要不可欠な施設と言える気がします。OECDは保育の質として構造の質、プロセスの質、そして子どもの成長の質の3つを上げています。イリノイ大学シカゴ校のゴードン博士らの研究グループの3つは構造の質とプロセスの質に言及しているように理解しました。そしてこのプロセスの質は「教諭・保育士による子どもの健康や衛生に関するかかわり方」「子どもとのやりとりにあたる部分で、うまくコミュニケーションを取れているかなど」に該当するかと思われます。しかし、ここには子どもの主体性が等閑視されているような気がしてなりません。「「心の道具」というプログラム」には関心があります。そこでOECDの保育の質の3つ目「子どもの成長の質」にこのプログラムは大いに関わるのではないでしょうか。人モノ空間という環境こそが子どもの成長に大きくかわかる。つまり環境との相互作用によって子どもの成長の質は向上すると考えられるのです。

  2. 園のハード面や健康衛生、子どもとの直接的やりとりなど、ゴードン博士らによる幼児教育や保育環境を指標する3つの質はわかりやすいですね。運営する人やそこで働く方々の役割にも当てはめられる視点かなとも思いました。みんな協力協働することで、「質」が保たれ向上するということがわかります。また、子どもの実行機能への影響を見たとき、健康衛生と子どもとの直性的やりとりが関係してくるとありましたが、ハード面が影響しないというのも意外でした。空間の広さや備品といったものが実行機能には影響しないとなると、どのような場所であっても子どもの実行機能はやり方次第で育まれるということでもあり、「うちはこんな環境だから‥」とあきらめる必要はないということですね。

  3. 保育園やこども園などの乳幼児施設と実行機能という視点で見た時に、ハード面ではなくソフト面だけが影響してくる、というのは正直なところ以外なものでした。そして、そのソフト面を見ていく視点が個々ではなく、全体での結果でみているということは、そこで働くスタッフの共通認識や共有というものが大切であるということを感じました。やはり、一人の子どもを全体でみていく、という姿勢が大切であるように思います。また、どんな場所でも実行機能は育まれていくということになれば、ハード面の不利をソフト面でカバーすることが十分に可能だということが理解できます。環境を理由にあきらめる必要はなさそうですね。

  4. 新年度が始まり新入園児が入園しました。その子は以前別の園に在籍していた転園児なのですが、その子の食事シーンがとても興味深いのです。家で強く指導されているのか、以前の園で強く指導されていたのかはわかりませんが、ものすごくスプーンの使い方が上手で、ほとんどでご飯をこぼさないのです。一歳でも教え込めばここまで出きるようになるのかと驚いたのもつかの間、いつの間にか先ほどまでの綺麗さは見る影も失い急にぐちゃぐちゃになりました。きっと何かの拍子で集中力が切れてしまったのでしょう。綺麗に食べている間は実行機能が働いていたんだろうなと感じましたが、さて果たしてそうやって教え込むのが正解なのだろうかと疑問にもなりました。

  5. 子どもの実行機能などの発達の関わりにおいて、トイレットトレーニングと子どもとのコミュニケーションによる部分に保育の質の部分が見られたのですね。トイレットトレーニングにおいても結局のところは健康や衛生に関わる「関わり方」ということで、コミュニケーションによる部分が大きいということが分かります。子どもにとって、親と一対一ではなく、集団に対するこども園や保育園においては、実行機能に与える影響はより大きく多様性のある中での経験はより複雑なものになってきます。子どもたちの遊んでいる様子を見ていても、日々いろんなやり取りの中で、葛藤や自制、時にトラブルの解決や遊びの発展など多くのことが繰り広げられています。そこでのやりとりにこそ、実行機能を養うやり取りは自然と行われているように思います。このことを考えると、以前の脳科学の内容でもあったように自由遊びにこそ、社会性を育む要素がたくさんあるというのは納得いきます。「環境」とひとえに言っても、その「質」というのは「物が良い」とか「あればいい」ではなく、それによってどういった関わりややり取りがあるかにこそ、質が見えてくるのでしょうね。

  6. 「健康や衛生に関するかかわり、たとえばトイレットトレーニングなどは、大人側にとっても子どもにとっても忍耐の連続です。便座に座りたくないという気持ちを抑えて座ることなどにより、子どもの実行機能は育まれるのだと考えられると森口氏は言います。」この考察によって日本の多くの園が安心して取り組んでしまいそうで、何ともと感じる部分もあります。つまりは我慢させることなのではないか、とそう結び付いてしまう懸念があります。ハンガリーの流れる日課もそうですが、子どもに何かをさせようと大人が関わること、それ自体に効力があるというよりも、それに合わせている子どもがいて、その能動的な感覚がその成長を助長させているのではないかと考えます。大人がやらせているから、そうできるようになった、というより、子どもが合わせているのではないか、と思えるのです。

  7. 「集団の子どもにかかわるという部分だと彼は言います。家庭では、親と子どもは一対一ですが、幼稚園や保育園では一対複数です」とありました。このあたりは以前より、まさに藤森先生も言われていることですね。子ども集団が自制心や実行機能を育てるということですね。また「子どもの健康や衛生に関するかかわり方が上手く、子どもとのやりとりが円滑な幼児教育施設では、子どもの実行機能が育まれやすいのです」というのも興味深いです。子どもの活動に十分な広さという環境があることで、子どもの発達は保障され、そして、情緒が安定し、他者との関わりも円滑になっていくのかもしれませんね。「言葉を使うことで論理的推論などの複雑な思考が可能となります」というのも印象的でした。娘を見ていると、言葉を理解できるようになってくることで、物事に少しずつ整理をつけているように見えます。こちらの言っていることが理解できることで、少しずつですが、自分を落ち着かせることもできているように思います。

  8. トイレトレーニングも実行機能の発達に繋がるという視点は盲点でした。確かに我慢するという点においては実行機能につながるのかもしれませんが、なんだか少し違うように個人的に感じます。便座に座りたくないという気持ちを我慢してトイレに行くというのは、排泄の自立とは少し目的が違うかなとも思いました。さて「心の道具」という表現はいいですね。物理的なものと言葉から実行機能を支援するというのは、まさに環境を通すということだと思いました。

  9. 「子どもの健康や衛生に関するかかわり方が上手く、子どもとのやりとりが円滑な幼児教育施設では、子どもの実行機能が育まれやすい」や集団の中での道具の使い方その中でも「言葉を「道具」として使うことで、私たちの実行機能は支援ができる」とあるように集団の中では「心理的な道具」というのを使わざるを得ないというかコミュニケーションをとるために言葉をより集団の中にいると使わなければならないことが集団の良い点であるのかなと感じます。そこに先生の質というのが関わってくることでより実行機能が育まれていくのですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です