実行機能に与える影響

ジョージア大学のベスト博士は、四つの活動が思考の実行機能に与える影響を比較したそうです。一つ目は座ってビデオを見るという活動です。二つ目は、座ったままできるテレビゲームです。ここでは任天堂Wiiの「スーパーマリオワールド」を使っています。三つ目は、体を使うテレビゲームで、こちらもWiiなのですが、マラソンのゲームで、実際に走るかのような身体運動を伴います。四つ目は、少しだけ体を使うゲームで、ジョギングしたり動いたりするかのような身体運動を伴います。三つ目と四つ目は、一つ目と二つ目に比べて、運動の負荷が高いということになります。子どもは、それぞれの活動に参加した後に、思考の実行機能のテストを受けました。その結果、身体的な活動量が多い三つ目と四つ目の活動に参加すると、実行機能の成績が良いことが明らかになりました。運動は実行機能を向上させる効果がありそうだと森口氏は言います。

また日常的な運動習慣も長期的には実行機能の発達にとって重要なようです。たとえばエアロビクスのように複雑な運動も実行機能を向上させることが示されているそうです。エアロビクスの場合、ある運動と別の運動を切り替えたりするので、実行機能のよい訓練になるようです。子どもにダンスやエアロビクスなどを習わせるのも有効かもしれないと森口氏は言います。運動は、高齢者の研究などでは非常に有効な方法とされ、子どもへの応用が期待されているそうです。ただ、現代の子どもは、単純な運動というよりは、サッカーなどのスポーツを習い事にすることが多いかもしれません。

では、スポーツは実行機能に影響を与えるのでしょうか。実は、単純な運動よりも、スポーツのほうが実行機能を向上させるようです。特に有名なものとして、テニスとサッカーが挙げられます。そこで、テニスについて考えてみます。テニスは個人競技ですが、相手との長い戦いのなかで、自分の感情や行動を持続的にコントロールする必要があります。たとえば思い通りにボールを打てなかったときや、サーブが入らないときに、どうしてもいらいらしてしまいます。実際、テニスの試合を見てみると、プロのかなり高いランキングにいる選手であっても、ラケットを叩き壊したり、放り投げたりします。このようなときに頭の切り替えは必須だと森口氏は言います。

テニス界史上最強とも言われるスイスのロジャー・フェデラー選手は、今でこそスポーツマンシップにあふれ、試合中も紳士的な振る舞いで世界中にファンがいますが、若い頃はお世辞にも自制心がある選手とは言えなかったようです。子どもの頃は、集中力がなく、感情的でいつもエネルギーをもてあまし、何よりじっとしていられなかったようです。また、とにかく負けず嫌いで、相手にショットをきめられると、怒り出して、相手に負け惜しみを言っていたというエピソードも残っているそうです。フェデラー選手の母親から見ても自分をコントロールする力がない子どもに映っていたようですが、心理学者の力を借りて、自分をコントロールする力を身につけるよう試みたそうです。その影響があったのか、フェデラー選手の素行の悪さは鳴りを潜め、スーパースターの階段を駆け上がっていきました。最近の研究は、テニスの経験によって、子どもの実行機能が身につくことを示しているそうです。

実行機能に与える影響” への9件のコメント

  1. 実行機能の重要さが世間で認知されると、今回のブログの内容はあちらこちらにすぐ影響を及ぼすでしょうね。サッカーやテニスのスクールにわが子を通わせる親が急増しそうです。臥竜塾ブログの読者にはお子さんのいる方がいます。実行機能の重要性に気づくわけですから、自分の子どもの習い事にそうしたスポーツを取り入れることになるかもしれません。既にやっていればラッキー、ということでしょうか。わが子は小学校高学年から卓球をするようになりました。確かに、その頃からそれまではひ弱かと思っていた子が心なしか逞しくなってきたような気がします。と同時に、親から離れ友だちと群れて過ごすことを好むようになったと思います。そして、そのような育ちによって培われた実行機能は感情も思考もコントロールできるようになったのでしょう。逆境に陥ってなお前に進む力を有しているようです。これからますます実行機能を向上させていくようです。

  2. 一昔前に学校で「ダンス」が必修になったことを思い出しました。長期的にみて、習慣的に行われる運動が実行機能に影響するというこで、自分の体を使って思考や行動をコントロールしたりすることがしやすいのですね。また、運動よりもスポーツの方が実行機能を向上しやすいということで、自分だけでなく相手がいるというのは、その日の自分のコンディションだけでなく、その場の状況などを踏まえて習慣や癖を修整したりしなくてはいけないからだと想像しました。フェデラー選手の事例はすごいですね。心理カウンセラーなどの影響によってトップ選手になれるとなると、そういった人たちの社会的地位は高いのでしょうね。

  3. 自分もそうですが、学生の頃のスポーツを通していろいろな、それこそこれからの人生に必要なものを学んだんだと思っていました。ですので、我が子たちにもそんな風になってほしいと思っているので、そうなるようにいろいろ仕掛けているところですが、それが実行機能も育つということにつながると言われると、納得のいくものです。スポーツには自分がいて、相手がいて、味方もいて…と複雑に絡み合い、成り立っているので、ルールを守ろうとするだけでも、自然といろんなことを考えることにつながるのだと思います。いくつになっても体を動かすことは大事、というのは実行機能の側面からも言えることなんですね。

  4. どんなスポーツでも我慢しなければいけないときとその気持ちをこらえて切り替えなければいけないときが必ずありますね。私の最近の趣味のボルダリングも何度もトライ&エラーを繰り返して登っていくのですが、ひとつの登りかたに固執しているとなかなか登りきることはできません。一度こうだ!と思った登りかたがあったとしてもうまくいかなければすぐに足のあげかたや姿勢を変えることでゴールすることができます。体を使ったジグソーパズルとはよくいったもので、脳を育てるスポーツだと思います。

  5. テニスは意外とメンタルスポーツっていいますね。自分と向き合うことの多い、競技は実行機能と大きく関わるのかもしれません。どんなスポーツでも、うまくいくときとそうではない時はあります。その時の乗り越える手立てを考えることは自分の欠点と向き合うことが求められます。気持ち、思考、動き、一つ一つを考える機会こそが、実行機能のいい訓練になるでしょうね。自分自身も同じようなことを体験したことがあります。面白いのが、自分のプレースタイルと性格は非常に似通ってきます。プレースタイルや動きを変えるためには自分の感じ方を変えることや気持ちの切り換えることが大切だったりしました。こういったことを子どもの頃からすることはなおのこと、いい影響があるでしょうね。

  6. 「運動は実行機能を向上させる効果がありそう」先日のブログで、多動のような、体を動かすことが本質的に備わっていそうな子にとってこの情報は朗報だと思いました。それはまるで実行機能と対極にありそうな性質のように思えたからです。そしてスポーツというメリット。何か目標に向けて体を動かす中でそれが育まれていくのでしょう。待つ、という意味ではゴルフなどもかなりの時間を要するスポーツのように思え、そういった体感を繰り返す中で実行機能が向上されていくのだと思うと、希望が見えるかのようです。

  7. テニスの選手がメンタルトレーニングの重要性をよく言っているなとは思っていたのですが、テニスという競技はそんなにも自己をコントロールすることが大切な競技だったからなのですね。知りませんでした!少し逸れてしまうかもしれませんが、人は歩くことで脳が刺激されるようになっているという研究や、人の脳は移動を快楽と捉えていて、多様で新規性のある移動をしている人は幸福度が高いという研究をここ最近目にすることがありました。いかに体を使うこと、実際に行動することが重要であるかということを感じます。乳幼児期の学びもまさにこれにつながるように思いました。やはり、乳幼児教育はオンライではできないことだと思います。

  8. 私もサッカーを習っていたので思い出してみました。試合に負けて悔しい思いを何度も経験しましたが。テニスに比べてサッカーは集団スポーツなので負けた時の責任に関しては一人のせいではなく、チーム全体だったのでそういう意味では負けた時の悔しさはあるにしても、八つ当たりみたいなことはなかったと思います。テニスのような勝つも、負けるもほとんど自分次第というスポーツは確かに実行機能が身につくのかもしれませんね。

  9. 「運動は実行機能を向上させる効果がありそうだ」と単純な比較でその様子が見られたのはわかりやすいですね。またどんな運動がいいかとなるとダンスやサッカー、テニスと挙げられその中でもテニスの例はわかりやすいですね。いかに自分をコントロールできるかが鍵ですし、なおかつ身体を動かすともあれば実行機能に影響をあたえるのかなと想像します。うまくいかずにイライラしてしまうときにどんなことがいけないのかと自己分析できる冷静さ高ぶる感情を抑える力とまさに我慢に似たこをすることで向上するのでしょうか。テニス、我が子にやらせてみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です