大人では?

森口氏は、さまざまな方法について紹介していますが、ここで紹介したプログラムは、特に、実行機能に問題を抱えている子どもに対して有効のようですが、研究によっては、最も有効だとされている心の道具プログラムでも、効果があまり見られないという報告もあるようです。また、いずれも現在のところ、短期的には有効性が認められていても、長期的な影響は今後の検証が必要であるとされています。

では、大人の実行機能は鍛えられるのでしょうか。森口氏は、最後に、大人の実行機能が鍛えられるのかについて考えています。

実行機能が必要なのは子どもだけではありません。大人も毎日さまざまな場面において実行機能を使っており、実行機能がうまく働かないと人生の岐路に立たされることもあると言います。なかなか食欲を抑えられない人、気分が落ち込んだときに頭を切り替えられない人など、実行機能を鍛えたいと思うことも少なくないでしよう。大人を対象にした研究も進められていますし、実行機能は筋肉のようなもので、使えば使うほど鍛えられると考える研究者もいるそうです。

実際に、訓練を施して、実行機能が伸びていることを示す研究は多数報告されているそうです。ただし、個々の研究を基に実行機能が鍛えられると判断するのは危険だと森口氏は警告します。子どもの研究と比べて、大人の研究は非常にたくさんなされています。そのため、さまざまな研究結果を総合して分析するメタ分析という方法を使った研究を森口氏は考察しています。

ザールラント大学のフリーゼ博士らは、33の実行機能にかかわる研究結果をメタ分析したそうです。この分析には、感情の実行機能とかかわる研究が多く含まれています。この研究では、利き腕ではない手を使って、歯を磨くなどの日常生活を送ること、すぐに使いそうになるスラングを使わないこと、などの訓練が含まれています。この研究の結果、大人の自分をコントロールする能力は少しですが鍛えられることが示されているそうです。特に、女性よりも男性で効果が強いようです。フリーゼ博士らは、女性と比べると、男性のほうが衝動的であるため、訓練の余地があるのではないかと述べています。

思考の実行機能についてはどうでしょうか。こちらについては、さまざまなメタ分析がなされていますが、一例として、シドニー大学のバーニー博士らの分析は、48の思考の実行機能の研究をメタ分析しました。ここでの研究は、主にコンビュータを用いた反復訓練で高齢の大人の実行機能を鍛えようとしています。その結果、こちらもわずかながら、訓練の効果が見られているそうです。また、運動とコンピュータを使った訓練のどちらが有効かを調べたメタ分析では、コンピュータを使った訓練のほうが有効であることも報告されているそうです。

これ以外にも、思考の実行機能で必須となる目標の保持を鍛える研究も多数なされているそうです。同じくコンピュータを使った訓練で、わずかではありますが思考の実行機能を鍛えることができるようです。このように、大入でも実行機能を鍛えることは理論上可能だと森口氏は言います。

大人では?” への9件のコメント

  1. 私は、お年寄りこそ、実行機能を鍛えるべきだ、と思っています。新型コロナウイルス感染症騒ぎの一つに買い占め行動が挙げられています。この行動の主役はどうやらお年寄りのようなのです。自制心を失い、感情の赴くままに店員を怒鳴り散らしたり、「俺はコロナだ」とか言いながら周囲を恐怖に陥れたり。そもそも買い占めなくてもいいはずなのに冷静に物事を判断する力を失っているのでしょうか、つまり思考の実行機能が働いていないのでしょうか、朝9時の開店の前に長蛇の列を作っているお年寄りの皆さん。元気だし、お金はあるし、そして何だか開き直っています。若者に対して本来お手本にならなければならないのに逆になっていますね。若い大人の皆さんは、昨今のお年寄りを反面教師として、自らの実行機能を向上させていってほしいものです。「実行機能は筋肉のようなもので、使えば使うほど鍛えられる」ならいいですね。死ぬまで興味関心好奇心、そして死ぬまで実行機能を鍛えること、こうしたことを大事にしていきたいものですね。

  2. 大人であっても実行機能を伸ばすことは理論上可能であるというのは希望ですね。子どもの実行機能ばかり目がいってしまいがちですが、それを育もうとしている大人の言葉が正論であっても、実際に姿として見せている実行機能がなければ、子どもはその姿をきっと真似するでしょうね。また、思考の実行機能に関しては、運動よりも「コンピュータを使った訓練のほうが有効」とあり、大人は体を実際に動かすことよりも、頭を働かすことで能力が定着しやすい傾向があるということでしょうか。子どもでは、運動が実行機能を伸ばすという学びもありましたが、子どもと大人の性質の異なりを把握して、その時期に最も有効な働きかけがわかっているとより効率的であるということなのですね。ちなみに、感情をコントロールするために私が意識していることは、「私はどうなりたいのか?」「どんな人生を歩みたいのか?」をその都度考えることです。それを考えると、目の前の状況に対して冷静に判断が出来やすいと考えています。

  3. 子どもであれば、実行機能を育むのは運動などの体を動かすことの方が育まれるということが、以前の内容から読み取れましたが、大人では〝コンピュータを使った訓練のほうが有効である〟とありました。大人は体を動かすよりも、座って何かする方が良い方向に向くのかもしれませんね。そう考えると、座学は学生の頃のものという気がしますが、大人になってからの方が必要であることが考えられます。新型コロナ感染の一連の騒動なども、そのような違いを理解した上での取り組みが社会全体で必要であるように感じました。

  4. 私も結構衝動的に動いてしまうので、思考の実行機能が鍛えられるのであれば、鍛えたいと思っています。確かに、本屋に行くと思考の実行機能とは言わないまでも、こういった頭の切り替えに焦点を置いた啓発本は多くありますし、今の時代、こういった思考の切り換えや感情のコントロールに困っている大人は意外と多いのかもしれません。今の人は自己分析をして、自分の欠点をあぶりだすことはできても、それを切り替えて身につけていくというポジティブな要素を求めているのかもしれません。私の場合は、仕事をはじめ、いろんな人と関わっていく中で、もまれたようにも思います。一度深く悩むことで自分と向き合い、少しずつでも変わっているのではないかと思うことも多くあります。歳を重ねるごとにできれば実行機能もパワーアップできるように生きていきたいものです。

  5. 子供には実行機能を高めることで確実に将来へのメリットがあるという研究結果が出ていますから鍛えるべきとも言えますが、大人は果たして実行機能を鍛えることが本当に必要なのでしょうか。実行機能が低いということはそれなりに低い理由があり、多角的に見たときに我慢できない人の衝動買いにより経済がまわったりするなど、低いことによるメリットも少なからずあるような気もします。低いから高めるのではなく低い人と高い人が共存することによりより良い社会になるような仕組みも必要なのかなと思います。

  6. 大人でも可能、ということ、そして衝動的な男性こそ必要なのではないか、ということ、とても興味深く思います。実際に、実行機能が高い人、というのはどのような人のことを指すのか、誰のことを言うのか、見てみたい、会ってみたい気持ちになります。その人をモデルとした生き方ということで自身の実行機能を高める、という方法もあるのではないだろうか、と感じるところです。
    人の悪口を言わないことが実行機能を高める方法の一つということで、改めて実践し続けていきたいと思いました。

  7. 大人の実行機能の向上方法というのは大変気になることです。私自身も高められるなら高めたいと思っているので、その方法は気になります。しかし、
    「そのため、さまざまな研究結果を総合して分析するメタ分析という方法を使った研究を森口氏は考察しています」とありました。これはとても大切なことですね。私もですが、ついつい一つの事例を一般化してしまうことがあります。これはとても危険なことだなと思います。子どもの見方にも通じることかもしれませんが、一つの角度から人は把握できるものではありませんし、この世界もまたそう簡単に理解できるものではありませんね。多角的に見て、判断していくという癖は常に持っていたいなと思いました。

  8. 本当に大人でも実行機能は必要ですね。人間は自身の感情をそれぞれコントロールできているから社会が成り立っているのだと思います。一人一人の実行機能が崩壊してしまうと、それこそ人間社会も崩壊してしまうでしょうね。これからの未来、どういう社会になるのか分かりませんが、それでも人間が社会生活を送る上で必要な能力は変わらないですし、その1つが実行機能でしょう。子どもの時から鍛えるというのにとらわれず、我々、大人自身も日々、実行機能を鍛える必要がありますね。今日から利き腕でない腕で歯磨きをしてみようと思います・・・。

  9. 「現在のところ、短期的には有効性が認められていても、長期的な影響は今後の検証が必要であるとされています。」と始めにあり、こうした研究というのは果てしない時間を要することができますし、本当「そうなのか?という疑問を常に意識していく必要がありますね。そして大人の実行機能についてですが、大人も鍛えられるのであれば是非鍛えたいところであります。女性よりも男性の方が衝動的であるというのはあながち間違ってはいないような気もしますからコンピューターでの訓練や利き手ではないほうで食べるなどの訓練には興味がありますね。ただやはりこうした研究というのは本当に長い時間かかるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です