マインドフルネス

マインドフルネスでは、身体や精神に対して集中することや、また、今という瞬間に集中することを重視しているため、自分をコントロールする実行機能を向上させると考えられています。森口氏が、ここまで紹介してきた研究のほとんどが、欧米諸国など先進国において実施された研究です。これらの国々でも実行機能は重要だと思われますが、先進国以外の国々においても、実行機能の支援は喫緊の課題のようです。

タイの首都バンコクの隣のサラヤという都市にある、マヒドン大学分子生物科学研究所の研究者から、数年前に森口氏のところに連絡があったそうです。タイの子どもは実行機能に大きな問題を抱えている。この能力を育てるためのプロジェクトを開始したから、手伝ってくれないかというのだったそうです。タイといえば、徴笑みの国として知られているくらい、人々は穏やかで、治安もよく、観光客としては非常に過ごしやすい国です。森口氏の印象としては、タイの人々が実行機能に問題があるとは思えなかったそうですが、タイに行ったことがなかったこともあり、誘いに応じてタイを訪れたそうです。

そこで、先方の研究者から、衝撃的な事実を知らされたと言います。それは、研究者らの調査によると、タイの子どもの約30%が実行機能に問題を抱えているということでした。3人に1人の計算になるので、彼は非常に驚いたそうです。知り合いの研究者によれば、タイの子どもは、目の前の快楽に飛びついてしまい、勉強ややるべきことをすぐにおろそかにしがちで、特に、学校での授業が成り立たないということだそうです。また、違法薬物に早くから手を出す子どもが多く、国家的な問題になっていると言います。そのため、その研究者らは、政府や企業を巻き込んで、実行機能の発達の支援をするためのプロジェクトを開始しているそうです。知り合いの研究者らはタイ政府や企業などと連携して、学校の教師などを対象とした実行機能の勉強会をタイ各地で毎週のように開き、また、森口氏のような国外の専門家を毎年のように招いて、国内に実行機能という概念を周知しようと精力的に活動しているそうです。

森口氏らは、タイの保育園に入り、マインドフルネスが子どもの実行機能を向上させるかどうかを調べたそうです。マインドフルネスの訓練として、マヒドン大学の大学院生が、既存のトレーニングと、タイの僧侶たちが行っている瞑想とをブレンドして、新しいプログラムを開発したそうです。

プログラムは大きく二つから構成されます。毎日やる短い活動と、週に3回、各40分間の保育プログラムの一部としてやる長い活動です。これを8週にわたって続けたそうです。前者は、毎朝1~3分間、自分の呼吸に対して集中するという活動です。もっともポピュラーなマインドフルネスの活動です。

保育プログラムは以下の四つのパートから構成されました。

・注意力:呼吸に注意を向け、少しでも気が散りそうになったら、呼吸に注意を向けなおします。

・感覚:自然に感謝し、味覚や嗅覚などを存分に発揮させます。

・運動:自分の身体感覚について学び、身体をどのようにしたらコントロールできるかを学びます。

・感情:感情について学び、感情をコントロールする方法について学びます。

マインドフルネス” への9件のコメント

  1. 集中するということは、焦点をしぼるという行程のように感じます。注意力が散漫になっている状況下では、物事を深く思考したり自分を振り返ったりすることが難しいのでしょうね。図書にはサイドが仕切られた勉強机がありますし、新しいラーメンの形で話題にもなった一蘭でも、ラーメンに全集中をかけられるような仕切りが存在しますが、同じような発想といったことろでしょうか。今目の前のことに集中するというのは、奥深いことなのですね。それにしても、タイの30%の子どもが、実行機能に問題を抱えているというのは意外ですね。しかし、日本と比べると経済力や科学などの発展度合い、そして「違法薬物」にも手を染める人が多いというのを考慮すると、実行機能が関連していることが理解できます。

  2. 年寄りは気が短くなる、と言われます。私自身もその傾向にあるかも。マインドフルネスは子どもよりも世の中のオジサンたちに必要だと思っています。キレるオジサン、怒鳴るオジサン、自分優先オジサン、・・・本当に多いなと気になるところです。あぁ、自分もそうならないように、マインドコントロールするため、マインドフルネスの実践が必要です。まずは呼吸に注意して「注意力」を養う。そして感情のコントロール。運動と感覚。私はかつてタイに何度か行ったことがありましたが、タイの人々は優しいなという印象を持っていました。「タイの子どもの約30%が実行機能に問題を抱えている」には少々驚きました。確かに、あの国には誘惑がいっぱい。若者にとってはある意味危険がいっぱいです。そう考えると実行機能の向上を図る方策が必要なこともわかりますね。ただし、子ども自身の問題というより、子どもたちを取り巻く社会環境により多くの問題を抱えていると思いましたが。

  3. スポーツにおいても、精神を研ぎ澄ますということ、ここ一番の集中というのは大切なことのように思います。プロの選手であれば、その大切さも自分なりの集中の仕方もあるのではないかと思います。考えてみれば以前、実行機能をクルマのアクセルとブレーキに例えてありましたが、注意があちこちに向いていると、クルマを運転していても危険ですよね。まずは、その運転に集中するための「マインドフルネス」ということになるのでしょうか。
    そして、実行機能というのは国レベルで問題になるくらいのものだということがタイの事例で感じたことです。薬物に手を染める、犯罪の低年齢化など日本も同じような状況な気がしますが、どうなんでしょうか。

  4. タイがそれほどまでに問題を抱えているとは思いませんでしたが、はたして日本や世界の先進各国はどうなのでしょうか。実は先進国の方が二人に一人は問題を抱えていたりして、タイは世界と比べれば特に問題がない国だった、といったおちだけは避けたいものです。最近メディアを見ていると前述のようなミスリードをかけようとするものばかりで情報リテラシーの大切さをひしひしと感じています。そういった誤った情報を得てしまったときにも、マインドフルネスのようなしっかりと己と向き合う時間を増やすことで、頭の中で情報を整理することや取捨選択をすることができそうですね。

  5. 微笑みの国と言われ、治安もよく、住みやすい。けれども、実行機能に課題に問題を抱えている。なんとも矛盾を感じますが、やはりこういった現状は変えていくことに社会が目を向けていくことは重要なことですね。瞑想や精神統一は自分を見つめなおし、自分をコントロールすることにつながるというのは昔から言われていたことです。無になるために自分の煩悩と向き合うことが無の境地に向かうことになるとよく言いますね。ここでは保育の4つのプログラムが紹介されています。これらもすべて今の自分と向き合うことが目的にされているように思います。「自分と向き合う」ということも実行機能を養う重要なキーワードでもあるのだろうかと感じました。

  6. 「前者は、毎朝1~3分間、自分の呼吸に対して集中するという活動です。」以前、座禅、瞑想を1日の活動の前にするという園に勤めていたことを思い出します。その時間は話してはなりませんし、お喋りをすると怒られます。その園自体が年齢別で、昔ならではの保育園スタイルの保育、といった感じだったので園全体が落ち着いていたかというと何ともな所ではあったのですが、もしかして瞑想というような行為そのものには何かしらの効果があったのではないかとも思えてきます。あのハラリ氏も1日2時間の瞑想を欠かさない、と言います。

  7. タイはそのような状況になっているのですね。驚きました。しかし、「政府や企業を巻き込んで、実行機能の発達の支援をするためのプロジェクトを開始しているそうです」という動きは素晴らしいなと思いました。人として大切な力が認知されてつつあるということを感じます。日本はタイほどの状況ではないのかもしれませんが、実行機能のような能力が重要であるとどれくらいの人が認知しているのか不安な部分でもあります。個人的にマインドフルネスはとても興味があります。私も真似事でたまに瞑想をしたりしますが、たまになので、よくないですね。もう少し続けてやってみたいなと思いました。

  8. タイの子ども達30%が実行機能に問題を抱えているということに驚きました。とはいえ、タイのことをそこまで詳しく知っているわけではありませんが、何よりも政府や学校、さらに森口氏のような国外の研究者などを巻き込んで国家的に問題に取り組む姿勢は素晴らしいと思います。タイの宗教はほとんどが仏教ということがあり、日本ととても通じるところがあります。正座をして瞑想するというのは、むしろ今の時代だからこそ必要なことなのかもしれません。園にある茶室の有効活用がより明確になってきました。

  9. 「マインドフルネスでは、身体や精神に対して集中することや、また、今という瞬間に集中することを重視しているため、自分をコントロールする実行機能を向上させる」とあり、自分と向き合うような作業というのはやはり実行機能に対して影響を与えてくれるのですね。そして実行機能に問題を抱えているタイではその問題に気づきこうした改善策をこうじて立て直そうとする姿勢というのはすごいですね。二つのプログラムを経てタイの子どもたちはどのように変わるのか。集団にいながらもこうしたプログラムをすることでなにか気づき、発見し新たな思考が生まれてくるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です