育休3年制

育休3年制は、意味あることか、無意味であるかということを経済学的に検証するために、すでに3年間の育休を取得できるドイツについてみていくことはどうかということがあります。しかし、山口氏は、ドイツの経験を日本に当はめて、育休3年制の良し悪しについて何かがわかるのかというと、それほど明らかになることはないと言います。日本とドイツでは、労働市場のあり方が大きく異なる上、人々の考え方や価値観、行動様式にも違いがあります。これらの違いを踏まえて、日本に育休3年制を導人した場合に何が起こるのかを予測するのはそれほど簡単ではないというのです。同じ政策でも、社会制度や文化の違いによって、その効果は少なからず変わってくることはよくありますから、海外の経験をそのまま日本に当てはめるのはやはり危険ではないかというのです。

「やってみなけりやわからない」といって、無分別に改革をスタートさせてしまうというのも危険だと言います。政策実施は、当初には十分予想されなかった副作用や社会変化をもたらすことも少なくないからです。できる限り詳細に、改革の結果として何が起こりそうか事前に検討しておく必要があるのではないかと忠告しています。

山口氏は、彼の研究の立場から、経済学の理論とデータ分析の手法を組み合わせることで、「育休3年制」について最善の予想を立てようとしています。すでにあるデータを活用し、女性の出産や就業行動について分析することで、その行動原理を数理モデル化したのです。その上で、「育休3年制」が導人された場合に、女性の出産や就業行動がどのように変化するかをコンピュータ上でシミュレートし、何が起こるのかを予測したそうです。

データ分析から、女性の就業行動原理を理解する上でいくつかの重要な発見がありました。第一に、正社員の仕事を見つけるのはかなり難しいということです。たとえば、ある年に主婦であった人が、翌年、非正社員の仕事に就く確率は10パーセントほどですが、これが正社員になるとわずか1パーセントにとどまるそうです。本人のスキルや雇用形態についての志望といった要素を考慮しても、正社員として就業するのはかなり難しいという結論は変わらなかったそうです。

いちど正社員の仕事に就いたら、在職中に次の仕事を見つけるのでもない限り、正社員の仕事を辞めないことが、女性のキャリアにとって重要になっているようです。これは、育休による雇用保障が重要であることを示唆していることになります。

第二に、幼い子どもを育てながら働くのはもちろん大変ですが、子どもが1歳になると、そうした負担は大きく減るということだと言います。この理由の一つには、0歳児保育を見つけるのに比べると、1歳児保育は比較的見つけやすいことを山口氏は挙げています。

また、子ともが1歳になるまでは、子どもの発達や母子の感情的な結びつきを重視して、自らの手で育てたいと感じている母親が多いことも関係しているのではないかと考えています。そうした母親にとっては、子ともがまだ1歳にならないうちに、子どもを預けて仕事に出るのは精神的な負担になります。

子どもを育てながら働く大変さは、子どもがいくつになってもなくなるものではありません。それでも、子どもが大きくなるにつれて、その負担感が少しずつ減っていくことを実感される方が多いのではないかと言います。そして、その負担感は、0歳児と1歳児で大きく異なるというのがここでのホイントだというのです。子育ての負担感がとりわけ大きな時期を、制度的にサポートしょうという現行の育児休業制度が、働くお母さんの大きな助けになっていることが示唆されているそうです。

育休3年制” への8件のコメント

  1. 日本での育休3年制を、コンピューター上でシュミレーションできてしまうのですね。災害をシュミレーション映像というのは見たことがありますが、人口知能の使い方次第では、政策をも動かすほどの影響力をも持っているんだなぁと改めて感じます。また、日本には1歳未満児を施設に預けることへの抵抗感が、未だに残っていることに加え、出産後に正社員で居続ける負担のサポートがまだ足りていないことが伝わってきます。「楽しい育児」「頑張らない育児」「活躍する正社員ママ」のような、ムーブメントがいつ起こるのか楽しみです。

  2. 私たちも案外やりがちなこと。海外と比較してこうだ、だからどうのこうの・・・。ドイツが育休3年だから日本も。ドイツでは育休3年あっても1歳から子どもを保育所に預けることができるということを聞いたことがあります。それは、子どもの成長発達にとってそうした施設が必要だからでしょう。親が育休を二年取ろうが三年取ろうがいいと思うのですが、子どもをその間ずっと家でだけ育児するのはどうかと思います。日に4、5時間は他の子どもたちのいるところに行き、他者との関りを存分に経験することが大事だと思うのです。現行の制度では育休を取得すると保育園子ども園には入れません。就労等支援としての園の在り方が浮き彫りになります。そうではなく、子どもの育ちにとってどうなのか。その視点を常に忘れないようにしたいものです。

  3. 今回の内容を読んでいると、女性の育児に関することで子どもが0歳と1歳ではその負担感が大きく変わるということが印象に残りました。確かに、現在首が座ってない赤ちゃんがいる我が家ですが、抱っこしてない時は泣き、逆にいつも泣いてるのに泣いてないとそれもまた不安になるし、少しの咳でも心配になるし…といった具合にこんなに大変だったか、と思いながら育児に追われてる始末です。まだ自分は仕事の時間は離れるので負担は減りますが、嫁はずっと一緒にいます。「はやく大きくなってくれ」と懇願していることだと思いますが、少しでも嫁の負担が減れば、と思いなるべくはやく家路に着くようにしていますが、それもどうなのか…。精神面の負担は、突然死などが減ることからも子どもが大きくなれば減るのは確かなものだと思います。
    そして、日本の育休制度が、案外日本の文化に合っているものであることも今回の内容から感じました。

  4. 参考に、と園の書類を写真に収められる見学者の方がいて、それは何年も改善を重ねて、そのプロセスがあってそうなったものだから、それをそのまま真似るというよりは参考程度にして、その園独自の書類を目指すべき、という意見があります。個人的には、それを写真に撮って持ち帰ろうと思った気概に賞賛を送りたい。それが園での報告会に使われ、話の種として終わるのか、話の種にもならずに端末に保存されたままになるのか、実際に全く同じ書類になるのか、わかりませんが、その人が何かを変えたいと思ってそこにヒントを見つけた、その瞬間の思いこそが、何かを変える原動力のような気もします。闇雲にやってみよう、という無責任な姿勢で取り組んでいいことではないことは十分にわかった上で、日本にとって新しいことをしてみよう、という前向きな姿勢は、とても大切なことなのではないかと思います。

  5. 日本において、正社員として仕事に就くことの難しさを物語っていますね。非正規社員になるとそこから正規社員に戻ることが難しく、だからこそ、育休の制度をしっかりとすることで母親のサポートができるようにしていかなければいけないのですね。しかし、実際のところ、一度育休に入ってから戻ってくる難しさというのも問題でありますし、育休取得時の代替え要員の確保の問題もあり、なかなか簡単にいかに部分もあります。そもそもの働き方からの変化や、育休への理解をもっとしていかなければいけないというのが現状ではないかと思います。そして、1歳までの保育への負担や不安。母親にとっても育休をとることの負担感を減らすことも同時に必要になってきます。社会そのものの構造自体が、子育てや育児に対して、寛容になることが将来の社会を育てることにも関わってくるというのが分かります。

  6. やってみなければわからないと無分別に改革を始めてしまうのはよくないというのは保育の現場にも言えることだなと感じました。もちろん形から入り真似することは決して悪いことではありませんが他園と人数も環境も違うにも関わらず良いと思ってすぐ取り入れたり大幅に変えればその皺寄せはどこかに必ず来るものですから、改革のやり方にも気を配らなければいけませんね。

  7. とりあえず真似をしてみるということの大切さを学びました。それはおそらく人間の本質的なものだからこそ、重要なのだと思います。人類の歴史からみても。そして、人間の構造からみても、まず動いていくということが大切だと教えてもらいました。そのことはとても大切にしたいことです。ここでのドイツとの比較から、文化を考慮し、ただただ日本に当てはめればいいものではないという指摘はまた、それとは違ったものなんだろうと思いました。何を真似て、何は背景をしっかり考慮するのかということを見極めることがまた重要になってくるのかもしれませんね。

  8. 確かに山口氏の言うように、見切り発車でで政策を推し進めるのはリスクもあるのかもしれません。とはいえ、考え過ぎも良くないのかな?とも同時に思います。政治のことは分かりませんが、今起きている問題に対しての政府の動きについて遅すぎると言われています。
    保育の世界でも同じかもしれませんね。まずは真似してやってみる!それから問題が起きた時に自分たちで考えて、改善したり、試行錯誤をして進めていくことで大きな学びになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です