母親のもとで

ドイツでの政策評価によると、育休制度を拡大するごとに実際に取得される育休期間も延びて、母親が家庭で子どもを育てる期間が増えたようです。これはドイツ政府からすれば狙いどおりでした。もともと政策の目的が、子どもとお母さんが一緒に過ごす時間を増やすことだったのです。しかし、山口氏は、そもそもなぜ母親が自ら子どもを育てることが、子どもの発達にとって良いことだと考えられているのかどうかを考察しています。

その根拠の一つは、「母乳育児」にあると言います。働いている母親が母乳育児を行うことは非常に大変ですが、育休中ならば母乳育児がやりやすくなります。母乳育児には子どもの健康にとって一定のメリットがありますから、育休制度の充実は子どもの発達にとって有益になりえると言います。

もう一つの根拠は「愛着理論」と呼ばれているものです。心理学者によると、生まれてから最初の1年における母子関係は、子どもの認知能力や社会性を育む上で重要な役割を果たしているという考え方です。一方で、子どもが大きくなると、家族以外の子どもや大人と関わりを持つことが発達に有益であると考えられています。

いずれの根拠も筋が通っているように見えますが、実際のところはどうなのでしょうか。そんな疑問に対して、ドイツをはじめとして、いくつかの国々での政策評価では、育休制度の充実が子どもの発達に与える影響を検証しているのです。

その時の政策評価の方法は、育休改革前に生まれた子どもと、育休改革後に生まれた子どもを比較するというやり方です。ドイツでは、育休改革後に生まれた子どもたちは、改革前に生まれた子どもたちよりも、生後、母親と一緒に過ごした時期が長いことがわかっています。

これが子どもたちにどのような影響を与えたかが評価のポイントです。

ドイツでは子どもへの長期的な影響に関心があったため、高校・大学への進学状況や、28歳時点でのフルタイム就業の有無と所得を調べました。その結果、生後、母親と一緒に過ごした期間の長さは、子どもの将来の進学状況・労働所得などにはほぼ影響を与えていないことがわかったそうです。

同様の結果は、オーストリア、カナダ、スウェーデン、デンマークにおける政策評価でも報告されているそうです。先に述べた「愛着理論」のように、子どもが幼い間、特に生後1年以内は母子が一緒に過ごすことが子どもの発達に重要であると考えられてきましたが、データは必ずしもこうした議論の正しさを裏づけてくれなかったようです。

では、子どもにとって、育つ環境などどうでもいいということなのでしょうか。

山口氏は、もちろん、そんなことはないと言います。各国の政策評価を詳しく検討してみた結果わかったのは、子どもにとって育つ環境はとても重要であるけれど、育児をするのは必ずしも母親である必要はないということです。きちんと育児のための訓練を受けた保育士さんであれば、子どもを健やかに育てることができるということがわかっています。それは、当然でしょう。子どもにとっていい母親であれば、母親のもとで育てられることはいいことですが、もし、あまりいい親でない場合は、いい母親以外の養育者に育てられた方がいいに決まっています。また、変な養育者に差おだてられるのであれば、母親のもとで育てられた方がいいでしょう。その辺が、データの読み取りの難しさですね。

母親のもとで” への9件のコメント

  1. 育児を母親がすることで、母乳という非常に栄養価の高いものが得られることでしたが、その過程にある菌を摂取することが病気になりにくい体質にもつながる印象がありました。育児は母親が一番であるという根拠のないものが先走ってしまい、もっとも大切な「子どもの発達にとって」があまり追求されてこなかったのか、はたまた目をつぶってきたのかわかりませんが、ドイツをはじめ諸外国での「母親と一緒に過ごした期間の長さは、子どもの将来の進学状況・労働所得などにはほぼ影響を与えていない」という研究結果は、育児に大きな影響を与える情報だなぁと思いました。

  2. 我が国の首相も、育休3年、赤ちゃんを抱っこしていられますよ、などと育休のメリット?みたいなことを言っていた時期がありました。親が良ければいいのでしょうが、たとえ親が良くても、本来子どもにとって必要な人的環境は何か、つまりかつて行われていた共同養育だったらどうなのか、そもそも人類は何千年何万年もあいだ子の育ちは母親以外に委ねられることも多かったようです。母乳育児にしろ、母子愛着にしろ、お母さんは常に健康的で子どもを主体として考える存在だ、という前提が崩れた場合、どうなのだろうと思ってしまいます。母乳は血液から作られると聞きましたが、その血液がタバコや酒、あるいは危ない食べ物で汚染されていたら、その血液で作られる母乳は栄養満点!と手放しで喜べるものでしょうか。母子愛着にいたっては、果たしてどうなのでしょう?マザコン、ひきこもり、対人知性の未成熟などなどのネガティブフェースを引き起こしはしないのでしょうか。

  3. 遺伝か環境か、の時にも同様の感想を持ったのは、そのどちらか、という極端な結論ではなく、そのどちらでもあり、どちらもが相互に、そしてそれだけでない要因が複合的に重なり合っている、ということでした。今回の場合は母親の元で育てばそれでいいのか、と言えばそうではなく、やはり新しい知見の元に子育てがあるべきですし、新しい子ども観の上に制度や福祉があるべきではと思えてきます。今まで研究されてこなかった子ども集団、子ども社会、そしてそれを可能にする園という環境、それを見守るチーム、保育方法、見守る保育 Fujimori methodのもつ包容力がこの度のテーマも一つ一つ解決していくのではと期待してしまいます。

  4. 〝子どもにとって育つ環境はとても重要であるけれど、育児をするのは必ずしも母親である必要はない〟とありました。これまでの常識だと母親が主に育児をするというのが普通でしたが、それは必ずしも母親でなければならないということではない、ということになります。母親としては自分が育児しなければ、という気持ちになるのでしょうが、そうではないと思えれば、もっと他を頼ることも増えてくるのかもしれないと思いました。そして、その必ずしも母親でなくともよい理由も「なるほど」と納得してしまいました。

  5. 生後間もない赤ちゃんは視力が弱くあまり見えていないと言いますが、母乳の匂いや声だけで他の母親と自分の母親を識別し自分の母親を強く求めるそうです。子供は本能的に母親を求めるにも関わらず、実際は生みの母親がいなくとも子供は立派に育つというのはなんだか不思議な話ですね。本能で求めるということは何かしら子供にとって必要なものがあるから求めるのでしょうが、その代替は現代社会であれば用意するのがそれほど難しくないというのはなんだか虚しくも感じます。

  6. 「子どもにとって母親が育児をするのに必ずしも必要ではない。」と言われることはこれまでブログの中で紹介されてきた内容と通じるところがありますね。ハリス氏も同じようなことを言っていましたが、データとしてもはっきりと出てきたというのは考えさせられるものがあります。また、それと同時に乳幼児教育における子どもたちへの影響も大きなものであると捉えられるところもあります。自分たちが子どもたちにとって、有益な存在としているのか。「きちんと育児のための訓練を受けた保育士さんであれば、子どもを健やかに育てることができるということがわかっています。」といった存在であるのかということをよく考えなければいけません。研究から育児、そして、保育が見えてきます。

  7. 保育園の子どもたちを見ていて思うことは、やはり子どもは子どもの中で育つことが大事だと思います。
    しかし、子どもは親が見た方がいい、親の愛情をかけるべきだというのは、まだまだ保育園業界において根強いです。
    そう根強い理由は愛着理論であり、養成校でも習うため、それが当たり前だと思ってしまうのは仕方ないのかなと思ってしまいます。しかし、実際には新しい知見が出てきていてるので、新しい子ども観を考え続けなければいけないと思いました。

  8. 「ドイツをはじめとして、いくつかの国々での政策評価では、育休制度の充実が子どもの発達に与える影響を検証しているのです」このようなことがまさに重要ですね。国が何を大切にしているのかということが分かります。あまり嘆きたくはないのですが、我が国は何を大切に動いているのだろうかと悲しくなる時があります。「生後、母親と一緒に過ごした期間の長さは、子どもの将来の進学状況・労働所得などにはほぼ影響を与えていないことがわかったそうです」このあたりはかねてから藤森先生が話しておられたことと繋がってきますが、先述されているように、だからと言って、ひどい保育者でいい訳ではないですし、反対もまた然りですね。きちんと読み取らなければいけませんね。

  9. 「母乳育児」「愛着理論」いずれも筋が通っている理論なのかもしれませんが、最終的には子育て神話のような位置付けになっているようにも思います。子どもにとっては言うまでもなく親の存在は大切ですし、粉ミルクよりも母乳の方が聞こえはいいかもしれません。しかし藤森先生が言われるように最新の知見や科学的に理論づけられていること、そして時代の流れ、様々なバックグラウンドから読み取る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です