効果

“「家族の幸せ」の経済学”という本の中で、その著者山口慎太郎氏は、データ分析をしています。この本の第5章には、「保育園の経済学」ということで、保育園が持つ幼児教育施設としての側面に着目して、保育園通いで子どもがどう変わるのかを考察しています。彼は、先日の日経新聞にも、保育の無償化についてもその考え方を述べていました。

彼は、幼い子どもを持つ親御さんの多くにとって、保育園を利用できるかどうかは死活問題だと考えています。なぜならば、保育園が使えないとなると、職場に復帰できなくなり、キャリアを諦めざるを得なくなることも珍しくないからです。それに対して、待機児童問題は、長年にわたって新聞・テレビなどのメディアで取り上げられていますが、問題が解決に向かう気配は一向にありませんが、どうしてでしょうか?彼は、そもそも重大な社会問題として認識され、厚生省(現・厚生労働省)が初めて待機児童数を発表したのが1995年ですから、これだけの時間をもってしても解決できなかったという事実には失望させられたと言います。もちろん、だからといって政府が全くの無策だったというわけではないと言います。取り組みが不十分であったことは認めざるを得ないものの、常に政策課題の一つとして取り上げられてきましたし、安倍政権においても、「新・三本の矢」の「夢をつむぐ子育て支援」の一環として、待機児童の解消が目指されてきたわけだからというのです。

こうした政策の最終的な目標は出生率の向上にありますが、もう少し身近な目標として彼は以上のようなことをあげています。まず、働くお母さんたちへの支援が挙げています。保育園を利用することで、お母さんが安心して社会で働くことができるようになることか、そのようなことが政策目標として捉えられてきました。一方、こうした保育政策をめぐる議論の中であまり顧みられることがなかったのが、当事者である子どもへの影響だというのです。もちろん、子どもが安全に過ごせることは、保育の大前提とされてきましたが、子どもの知能や情緒の発達に及ぼす影響はほとんど論じられることはなかったと言うのです。

そこで山口氏氏は、保育園が持つ幼児教育施設としての側面に着目し、保育園通いで子どもがどう変わるのかを見ていこうとしています。

まず考察するのは、幼児教育についての経済学研究から、これまでに何が明らかにされたのか整理しています。そして、次に、彼自身の研究に基づいて、保育園通いが日本の子どもたちにどんな影響があったのかを明らかにしています。最後に、幼児教育・保育の無償化に始まる現在の保育政策の是非と、将来のあるべき姿について議論しています。

では、彼は幼児教育の「効果」についてどう考えているのでしょうか?

近年、保育園・幼稚園で行われる幼児教育が、世界中で注目を集めています。アメリカではオバマ前大統領が4歳児向けの教育プログラムの推進を各州にうながしてきましたし、動きの早かったEUでは2000年代前半に、9割の子どもが幼児教育を受けられるようにすることを目標に定めました。

こうした動きの背景にあるのは、経済学を含む、さまざまな分野での研究成果の蓄積だというのです。これまでの研究によると、幼児教育は、子どもの知能指数のみならず、意欲、忍耐力、協調性を含む、社会情緒的能力と呼ばれるものを改善し、子どもの人生に大きな影響を及ぼすことが明らかにされてきたからです。

 

効果” への8件のコメント

  1. 政府が出生率の向上を目的として政策を打ち出してきたのなら、「働くお母さんたちへの支援」が、そのための改善点になりますね。しかし、そこから一歩成熟するとなると、次なる目的である子どもを増やして国力を上げることが浮かんできます。そこで必要になる支援や政策は、おのずと「経済学を含む、さまざまな分野での研究成果」にもありましたように乳幼児教育の向上となるのだと感じました。

  2. 保育界に軸足を置く学者の皆さんは、経済的視点が保育の世界に入り込むことをとても警戒しているようです。教育を経済の手法で判断されることが嫌なのでしょうか。経済開発協力機構OECDが乳幼児教育ケアECEC部門を立ち上げここ20年来加盟国の調査を公表してきました。そして、現場にいる私たちがその調査結果を用いて今後の保育界について考えようとすると、保育は経済で測られない、という感じのことを言ってけん制しようとします。私はとても残念なことだと思っています。今回山口さんという社会経済学者の論を紹介してもらっていますが、実は社会学や経済学、あるいは人類学や民俗学、あるいは脳科学や生物学など保育教育学以外の様々な分野の学者たちの視点が保育界に必要だと私は思っています。「幼児教育についての経済学研究から、これまでに何が明らかにされたのか整理しています。」こういうことが他の分野においてもなされないかな、と思うのです。こうした他分野からの発信が私たち保育現場に従事する者に多くの示唆をもたらしてくれると思うのです。

  3. 経済学というと、以前は「お金」絡みの学問だと考えていました。無知な自分でしたが、最近では先を見通している学問であると同時に、幼児教育にもつながるものであることを感じています。というよりも、全ての学問がつながっていることを最近は感じています。そのようなことをこのブログから教えて頂きました。
    現代では保育という分野がいろいろな切り口から研究されて、新たなことが続々とわかってきていますね。今回からのテーマが「保育園に通うと子どもがどのように変わるのか?」これをいろんな切り口から教えていただけるのは楽しみです。

  4. 待機児解消は確かにそれほどうまく機能しているかというと、まだまだ問題は多くありますね。政策に関しての最終目標が出生率の向上とあります。現行の待機児対象においては、子どもを預ける親に焦点が当たっていますが、それだけでは待機児解消や出生率にそれほど効果が出ていないということが見えてくるように思います。以前のドイツの話で、「保育の質を高めたことが、出生率に影響がでた」ということが言われていたのを思い出しました。親の支援だけではなく、そこで過ごす子どもそのものにももっと焦点を当てていく必要があるのではないかと、ドイツの保育政策を見ていても感じます。藤森先生の講演で印象に残っている言葉に「保育をするためには先の社会のことを予想して、その時に必要な力を育てなければいけない」と言っていたのを思い出します。社会に影響をどう及ぼす可能性があるのか、その点に関してはもっと注目する必要がありますし、そのうえで乳幼児教育がどうあるべきなのかを考える必要がありますね。

  5. 今の政策は高齢者向けであるものが多いですがそこにはいくつかの違和感を感じます。まずは今問題になっている若年層の投票率の低さですが、それを考慮すれば投票率のたかい老人に向けた政策を打ち出すのも必然的に感じます。ただそう考えると高齢者達は未来の日本や子供たちのことを一切考えず、自分達の介護や保険さえ充実してれば良い、と考えているようにも受け取れるように思うのです。そう考えると、若者だけでなくどの年齢層の人達も自分のことしか考えてないように見えてしまってなんだか悲しいですね。

  6. 待機児童の問題が問題化された年からこれだけの歳月が流れていることには確かに驚かされます。少子化といわれながら、中々この問題は解決しないのは、不思議ですらありますが、95年に比べればきっと何かしら前進していることもあるのでしょう。
    逆に、それ以前は待機児童はなかった、ということになるのでしょうか。待機児童問題が常習化してしまっていて、希望の園に入れないこととか、入る為に色々手を尽くすこととか、何だか当たり前になってしまっていたりするかもわかりませんが、それ以前はきっとそのようなことはなかったのかもわからないと思うと、それだけで子育てをする親の環境や心的負担は軽減されていたのだろうと想像します。情報化社会の中では様々な情報を手に入れることができます。子どもができることの喜びを、子どもができる前の人たちにもわかるように、制度が改善されるべきと感じます。

  7. 小手先の政策でその場をしのぐのではなく、先を見て、今何をすべきなのかという考え方での政策がもっと増えればいいなと思ってしまいます。その最たる存在が子どもたちであると思うのですが、歯痒さを感じてしまうこともありますね。「保育園が持つ幼児教育施設としての側面に着目し、保育園通いで子どもがどう変わるのかを見ていこうとしています」とありました。このように保育施設の重要性が具体的に、明確になるということが大切なことなのかもしれませんね。そうなるとより多くの人にもその重要性が届いていくのかもしれません。

  8. いまだに待機児童の問題は解決されていないのは、働く親にとっては本当に死活問題ですね。施設を増やしたり、既存の園に弾力化で定員を超えて預かってもらうなど、様々な対応をしているのかもしれません。しかしブログにも書かれているように、当事者である子どもについての議論がされていないのは残念ですが、それが今の日本の現状なのでしょう。アメリカやEUが乳幼児教育にお金をかける意味を理解し、保育の質の議論がしっかりして欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です