保育と経済学

幼児教育は子どもの発達に好影響、といっても、幼児教育の「効果」とはそもそも何なのでしょうか。科学的研究で測られる「効果」とは、ある幼児教育プログラムに参加した場合と、参加しなかった場合とで比較した、知能指数や社会情緒的能力の差として定義されると山口氏は説明しています。

たとえば、「保育園通いが子どもの知能指数に与える効果」を知りたいのであれば、「保育園に通った場合の知能指数」と、「通わなかった場合の知能指数」を比較して、その差を保育園通いの効果とみなします。

しかし、ここで気をつけないといけないのは、保育園に通わなかった場合、子どもたちは日中どのように育てられるのかということです。母親、あるいは父親に育てられる子どももいるでしょうし、おばあさん、おじいさんやその他の親戚に育てられる子どももいます。3歳を超えた子どもであれば、幼稚園に通っているかもしれません。これが、データをとるときに気をつけなければならない点です。

ある子どもが保育園に通わない代わりに、幼稚園に通っているとしたら、測定される保育園通いの効果は、ほとんど見つけられないでしょう。これは、保育園でも幼稚園でも、その道のプロである保育士さんや先生が、子どもに質の高い教育を行っているため、両者の間に大きな発達の違いが生まれないためだからです。逆に、子どもにあまり構わないような親や親戚と日中過ごしているような子は、知的な刺激を十分に受けることができません。こうした子どもにとっては、保育園通いの効果は大きなものとなると考えられると言います。

保育園通いの効果を正しく解釈するためのポイントは、もし子どもが保育園に通っていなかったら、どんな環境で育てられたのだろうかと考えることだというのです。

ここで、山口氏は、経済学者のヘック万の研究を考察しています。彼は、ヘックマンのことを「経済学界の”怪物“であり、この分野の研究を大きくリードしてきた一人」と評価しています。彼の一連の研究は、アメリカ社会に大きな影響力を持ち、オバマ前大統領の幼児教育政策を方向づけたと言われています。著書『幼児教育の経済学』(東洋経済新報社)は、日本でも話題になりました。

ヘックマン教授は2000年にノーベル経済学賞を受賞していますが、受賞理由はある有名な統計分析手法を開発したことであり、幼児教育研究は、直接、関係しているわけではないそうです。ノーベル賞を受賞してなお、幼児教育の研究を精力的に進め、新たにノーベル賞級の成果を上げている経済学界の怪物だと山口氏は述べています。

そのヘックマン教授は、さまざまな幼児教育プログラムの効果を検証しました。その中でも最も有名なものは、「ぺリー就学前プロジェクト」と呼ばれるもので、1962〜67年に、3〜4歳の低所得の黒人家庭の子どもたちを対象に始められました。

このプログラムでは、子どもたちを幼稚園のような施設に集め、週あたり12〜15時間ほど教育を受けさせました。加えて、先生が週1回家庭訪問を行い、子育てについてのアドバイスを保護者(主に母親)に行いました。内容の充実もさることながら、先生は、みな4年制大学を卒業し、州政府が認可する幼児教育の資格も持っている一流の先生ばかりですから、このプログラムの質は一級品と言えます。

保育と経済学” への7件のコメント

  1. 大統領の幼児教育政策を方向性づけたヘックマン氏の研究ですが、ノーベル賞を受賞した理由が、ある統計分析手法の開発であったことは知りませんでした。赤ちゃんでいうところの、注視時間によって対象者の選好具合を把握することができる手法といったように、研究内容よりも新しい研究の仕方を考え出したということになるのでしょうかね。そういった恩恵を受け、幼児教育の方向性がより明確化されたのは嬉しいことです。不確実性の要素が多い教育という分野に、経済という一見関連がなさそうな分野からのヘックマン氏の功績は、本当に大きいことが伝わってきました。

  2. 今回のブログを読みながら、保育園に通っているか、そうでないか、という比較調査は、構造の質に関わる比較調査だろうと思いました。家庭と保育園、あるいは幼稚園、その他、という構造に関わる質の評価だろう、ということです。もちろん、その構造とは子どもが関わる構造です。ところが、その際、おそらく、調査対象にできないかもしれないと思われることは、子どもが誰とあるいは何と関わっているか、ということです。私は、この関わりの質が問題だと思っています。ヘックマン教授の理論はある金字塔を打ち立てました。しかし、米国国内では、当然のことではありますが、その理論通りにはいかない事例が発表されています。やはり、個別具体的にどうか、ということです。異年齢保育、と一言で言っても、いわゆる異年齢児クラス保育と縦割りではない異年齢児保育とでは表れてくる結果が異なるような気がします。前者は横割りクラス以上に保育者の主導力が問われます。後者は子ども同士の関わりの保障の程度が問われます。関わりの質、このことが問題だと思うのです。

  3. 今回の内容を読んでいて、保育園に通っていない子どもはどんなことをして日中過ごしているのだろうか、と思いました。お母さんと二人で過ごしていると行っても、買い物に行けば近所の人との交流が少なからずあるだろうし、今は地域の子育て支援センターで同じくらいの歳の子たちと遊んだりできるだろうし、お散歩すれば虫や草花に触れる機会があるだろうし…要はその「質」が大切なことなんだろうと思いました。子どもの発達に必要なものを必要な時期に提供してあげられるかどうか、幼児施設でも家庭でも、そこは変わらない指標ではないかと感じました。

  4. ヘックマン教授の「ペリー就学前プロジェクト」の内容はこのブログでも紹介されましたし、様々な研修においても最近はよく紹介されており、日本でもかなり注目されている研究ですね。乳幼児教育を受けた場合と、そうではない場合との比較ということであり、その内容はかなり衝撃を受けました。しかし、日本では少なくとも乳幼児教育を受けていることがほとんどなので、受けないということはないのでしょうが、「保育の質」に関する内容は非常に注目するものです。「保育の質」における話題は日本の保育においてもかなり話がされていることが多いですが、やはりまだまだ旧態依然とした保育から変えられないものがあるのも事実です。こういった研究と実際の現場とがもっとリンクするようにしなければいけないですし、現場もしっかりと読み取っていかなければいけません。

  5. どの時代にもその時代のお好みの教育法があった、とある本から知り、なるほどそういう見方もあるのかと考えさせられました。保育にも同じような見解が当てはまるのかもわかりませんが、それでも共通するのは、そこに集団があったことや、異年齢の関わりがあったことではないかという点で、見守る保育 Fujimori methodの肝ともなる部分です。教育の中にはなくても家庭にあった時代があり、やはり人類進化の過程から、育つ、ということを見た時に欠かせない点が欠如しているように思える今、様々な研究が保育の質を向上させ、またそういった質の高い園に通うことを推奨してくれることを望みます。

  6. ヘックマンは経済界の怪物という表現がありました。私自身、ヘックマン氏がどのような存在であるのか、どのような影響力があるのか何となくその大きさが分かるような表現ですね。「ヘックマン教授は2000年にノーベル経済学賞を受賞していますが、受賞理由はある有名な統計分析手法を開発したことであり、幼児教育研究は、直接、関係しているわけではないそうです」とありました。分析法を開発したことが受賞の要因だったのですね。確かに、ざっくりな認識でありますが、乳幼児施設に通った方が明らかに子どもの育ちにいいのは概ね正しいことだと思います。みんながそうだと思っていることでもやはりそれを科学的に証明するということが難しく、その方法を思いつくことが重要になるのですね。研究というのはそういうものであるということが分かるような内容でした。

  7. 保育と経済。聞いた瞬間はどう関係しているのか?と思っていましたが、以前から藤森先生の講演の中でもヘックマンの話しや様々な分野から保育を関連させることで、保育、教育という分野がいかに経済に重要な存在であるかが理解できました。自分たちが子どもの頃と違って、少子化やIT化など子ども達が生活している環境が明らかに変わっています。良い面もあれば、悪い面もある中で、子ども達にとって何が良い教育というよりも、これからの社会でどういう能力を身につけることが大切であり、それを身につけられるような保育、教育を実践することが現場の役割だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です