何歳まで育休?

生後、母親と一緒に過ごした期間の長さは、子どもの将来の進学状況・労働所得などにはほぼ影響を与えていないことが、ドイツ、オーストリア、カナダ、スウェーデン、デンマークなどの国々における政策評価で報告されました。しかし、これらの国々と異なり、ノルウェーでは育休制度の充実により、母親と子どもが一緒に過ごす時間が増えた結果、子どもの高校卒業率や歳時点での労働所得が上昇したことがわかりました。どうしてでしょうか?

山口氏は、育休改革が行われた1977年当時のノルウェーでは、公的に設置された保育所が乏しく、保育の質が低かったのではないかと考えています。したがって、お母さんが働く場合、子どもたちは発達にとって必ずしも好ましくない環境で育てられていたということになります。育休制度が充実することで、母親と子どもが一緒に過ごせるようになれば、子どもたちは質の悪い保育所に預けられることはなくなり、その結果、子どもは健やかに育ったというわけです。

山口氏は、「子どもが育つ環境は重要だけど、母親だけが子育ての担い手になる必要はない」というのがこれらの政策評価から得られる重要な教訓で、とても重要なことだと強調します。すなわち、父親と母親で育児を分担するのはもちろん、特別な訓練を受けた保育のプロである保育士さんの力を借りるのも、子どもの発達にとって有益だというのです。

このようなデータによって、山口氏はこのような助言をしています。「良い保育園を見つけることができれは、母親が働くことは子どもの発達に悪影響はないので、安心して仕事に出てください。」

ただし、「良い保育園」とは何かというのは簡単に答えられる問いではないと言いつつ、次のような条件を山口氏は挙げています。「よく使われる指標は、保育士一人あたりの子どもの数や、保育士になるために必要なトレーニングの期間などです。こうした観点から見ると、日本の認可保育所は、先進国の平均を上回っており、一般論としては、安心して子どもを任せられる場所ではないでしょうか。」

さらに彼は、このようなことを述べています。「もちろん、保育所における事故は皆無ではないし、保育所間の質のばらつきという問題もありますから、質の良い保育園がこれまで以上に増えるように、政治家や関係者の方々には頑張っていただきたいところです。」

日本では、育休を3歳まで取らせるようにした方がいいという議論が行われています。それには、3歳までは母親のもとで育てるのがいいという、いわゆる「3歳児神話」が根強くあるからでしょう。また、海外でも3年間育休をとることができる国が増えてきているからということもあるでしょう。また、3年間の育休を認めることが女性の就業を増やすのではないかという議論もあります。山口氏は、経済学や様々なデータ分析から日本で育休を3歳まで取ることに対して、どのように考えているのでしょうか。

彼は、過去に実際に行われた政策について、その効果や副作用について検証する政策評価のやり方はある程度確立しているのですが、まだ行われていない政策についてはテータが存在しないため、その是非を評価するのはとても難しいことだと言います。

一つのやり方として、ドイツなどの「育休先進国」の経験に学ぶというものがあります。ドイツで育休が3年に延長された結果、お母さんの働き方がどう変化したかについてはある程度、解明されているからです。

何歳まで育休?” への8件のコメント

  1. そう考えると、初めて育休3年制を取り入れた国は、いったいどのようなモチベーションで始めたのか気になりますね。日本は、多くの政策が海外での実証済みとかある程度のデータを得てからのスタートをとる印象があるのは、「ある程度の見通しを求める」「慎重である」などの国民性みたいなものがあるのかなとも思いました。そして、変化に柔軟に対応することには時間がかかるが、同じことをつける能力というのは海外に誇れるなど、その国にあった政策の取り入れ方や進め方のようなものがあるのかもとも感じました。

  2. 確かに、質の悪い保育所に預けるくらいなら、家庭で育てた方がいいのかもしれません。ノルウェーの事例については、なるほど、と思いました。また、山口氏が言うように「子どもが育つ環境は重要だけど、母親だけが子育ての担い手になる必要はない」ということもその通りだと思います。子どもには経験したり体験できたりするところがいろいろとあったほうがいいかもしれません。その意味で、質の良い、高い就学前施設がマストになってきます。「日本の認可保育所は、先進国の平均を上回っており」とは有り難い評価です。よって「安心して子どもを任せられる場所ではないでしょうか。」という山口氏評も嬉しい限りです。昨今、保育園などがネガティブな件でマスコミの取材対象となっています。私たちは、そのことを反省しながら、良質な保育園をつくるべく日々研鑽していかなければならないと思います。

  3. 子どもを育てたり、また、良い保育園には当てはまらないような保育園で働いてみたりしなければ開かない目でもあるかのようで、子どもたちにとって適切な保育がなされる為の充実した制度が整うには、どれだけの時間がかかるのだろう、と思えてもきます。しかしながら先日の内容を読むと、現状は諸外国に比べて決して劣悪というものではなかったりもして、何かジレンマのようなものを感じてしまいます。山口氏の見解のような声が沢山の人に届いてほしいと思うと同時に、もう一歩進んだ研究や知見があるということにも気付いてほしい、という、欲張りな願いが叶う頃にはまた違った願いが生まれているものなのでしょうか。目指すものへの距離は近づいているのか遠いままなのか、その見通しの立て方など未熟な身にわかるはずもなく、ただ目の前の仕事をし、省みる、その連続の中に身を置くことできっと前進していることがあるのだと信じることしか出来ない毎日です。

  4. 書かれてある通り、質の悪い保育園に預けるのであれば、自分たちで子どもをみた方が将来を見据えた時にはいいのかもしれません。ですが、集団をどのようにみていくのかなどいろいろと考えなければならないことはありそうです。
    日本は外国と比べてもそんなに悪くない水準で推移しているんですね。この前も研修で大学の先生が外国と日本を比べていましたが、そのような比べ方では日本は良くないと思ってしまいます。紹介の仕方もまた考えなければならないんだと思いました。

  5. 三年間きっちり育休をとるということは三年のブランクがある職員を雇い直すということですね。これは会社にとってもそれなりにリスクのあることだと思います。よほど積極的に情報や技術をアップデートしない限りは三年のブランクは大きいですし家事や育児と仕事の両立は親にとっても負担の大きいものです。だとするならば育休制度の充実よりも、終身雇用という常識を崩し、会社をやめることや再就職することに対する偏見を変えることの方が双方にメリットがあるようにも感じます。

  6. 「育休がどれくらい必要なのか?」という議論ではなく、そもそも「子どもにとっていい環境とはどういったものなのか?」といった議論が先になければいけませんね。保育において「質」というものはこれまでも議論されてきた内容ではありますが、結局のところ「質」を上げるにおいても「子どもの発達にあった環境」というものが意識されていなければ質の向上は図れないのだと思います。育休制度を作ることにおいても「三歳児神話」というものが非常に日本の保育バランスに影響を与えているのですね。なかなかこの意識を取り除くことは難しいのは今を見ていても感じます。しかし、「子どもを主体」としたとき、その見方は変わってくるでしょうし、こういった様々な子ども研究が世にもっと広まってくれば、また違った理解が世論にも反映されていくでしょうね。

  7. 「良い保育園を見つけることができれは、母親が働くことは子どもの発達に悪影響はないので、安心して仕事に出てください」とありました。実際に、子どもを保育園に預けることに何となく罪悪感のようなものを持つという声を聞くことがあります。確かに、月齢が低すぎるとそのような感情もより強くなるように思います。しかし、この言葉からはそのような多くの人が感じる思いを一定の根拠と共に払拭してくれるように思います。しかし、同時にその保育園の保育の質というのもやはり親としてはかなり気になる点ではありますね。
    「質の良い保育園がこれまで以上に増えるように、政治家や関係者の方々には頑張っていただきたいところです」とあるように、まだまだ国としても施設を作ればいいということに重点が置かれているように思えてしまいます。しかし、それでも少しずつ流れが変わってきているのかなというのを感じることも増えてきました。また、これからの変化が楽しみですね。

  8. 確かに特別な訓練を受けた保育士が子どもを保育することは質が高い環境にいることになります。しかしブログにも書かれているように一言で「質が高い保育」と書かれてあることに対して驚いたのが、日本は先進国の中でもトレーニング期間は上回っていることです。だからこそもっと日本の保育の質が向上し世界に発信できるレベルまで引き上げられるように、していきたいと思いました。そのためにも、藤森先生が毎年ドイツ研修に行かれる理由のように、育休の3年間の効果をドイツの結果から学ぶことも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です