仕事への復帰

仕事を失っても、比較的早く次の仕事が見つかるような流動性の高い労働市場ならば、雇用保障は大きなありがたみを持たないでしょうが、日本は、こうした流動性の低い労働市場ですので、雇用保障があることで、お母さんの出産後の仕事の続けやすさが大きく変わってくると山口氏はいいます。雇用保障によって、この職探しの困難を取り除くことができるためです。

しかし、データによると、あまり長い育休は逆効果になるようです。育児体業による雇用保障で新たに仕事を見つける必要はなくなったとはいえ、あまりに長い間仕事を休んでしまうとかえって復帰が難しくなるかもしれないというのです。それは、週末休み明けの月曜日に、なんだか出勤したくないと感じてしまうのと同じ心境だというのです。

日本の育休制度は、職場復帰を前提としていますが、そのまま退職してしまった場合でも給付金の返還などのペナルティーはありません。そのため、休業期間が長くなるほど、職場復帰がおっくうになってしまうこともあるのではないかと山口氏は考えています。

またさらに彼は、一部の専門職では、仕事から長期に離れてしまうと、職業人としての能力に大きなダメージを受けてしまいかねません。たとえば、高度な研究職、技術職では常に新しい知見・技術が時代遅れになってしまうことが考えられると言います。

また、人脈作りが重要な営業職などの仕事でも、長期に育休の間に顧客を取られてしまったり、人脈が失われてしまったりすることがあるでしょう。こうした仕事についている人たちは、育休期間が長くなればなるほど職場復帰が難しくなってしまいます。

では、条件の悪いアメリカではどうでしょうか?最近、アメリカのIT企業では、育休の充実で人材確保をしているようです。企業にとって、育児休業は優れた従業員を自社につなぎとめるためにも有効な手段です。

「育休後進国」のアメリカですが、近年ではグーグルやフェイスブックといったIT企業を中心に、独自の育休制度を準備する企業が増えてきているそうです。IT業界では優秀な人材の引き抜き合戦が激しいため福利厚生に力を入れており、人材確保の一環として有給の育休を社内制度として認めるようになったのです。

一方で、育休が企業にとって負担とならないよう、多くの国々で制度的に配慮されています。日本では、育休の給付金は雇用保険から支払われますし、休業中の健康保険料や厚生年金保険料の支払いは免除されているため、これらが企業にとって負担となることはありません。しかし、こんなことが懸念されます。たしかに育休中の社員の穴埋めのために、たとえば派遣社員を手配しなくてはならないケースなどが出てくるかもしれません。また、引き継ぎにともなって一時的に仕事が滞ることもあるでしよう。これらは小さい職場では無視できないコストかもしれませんが、そうしたコストを軽減するために中小企業に対し両立支援等助成金が支給されています。-

では、アメリカ以外のヨーロッパとカナダで行われた育児休業制度改革の政策評価はどうでしょうか?山口氏は、育休は母親が仕事を続ける上で助けになるのか、育休を取って母親が家にいることは子どもの発達にとってプラスなのかといった点について考察しています。

仕事への復帰” への8件のコメント

  1. 国ではなく企業レベルで育休や有給制度を設けるなどというのはすごいですね。巨大IT企業だからできることとしてではなく、社会情勢や世の中の動きに沿うように柔軟であるからこそ積極的な動きができるのだろうなぁと感じました。日本の「流動性の低い労働市場」という環境を踏まえると、日本に合った育休制度が必要であり、流動性が低いからこその恩恵やデメリットを把握した上での政策というのが重要なのですね。福祉を整えながらも職場復帰したいと思えるくらいの育休期間、それと同時に専門職などの衰退を防ぎながら国力を高め続けられる政策というのはどのような形なのでしょうか。それを考えるのは政治家の仕事であるという時代でもなくなってきたのかなとも感じます。

  2. 園でも産休育休に入る職員さんがいます。保育園勤めをするようになってから、かれこれ20年くらいになりますが、振り返れば、何人もの職員さんの産休育休に関わってきました。園は企業体としては小さいので「育休中の社員の穴埋め」とか「引き継ぎにともなって一時的に仕事が滞ることも」確かにありましたし、おそらく今後もあるでしょう。職員さんに子どもができるのだから喜ばしいことであり、家族が増えても親として職員さんが働ける職場づくり、このことが大切だと思うのです。寿退社や出産退社、しなくても働き続けられる職場。子どもを持った職員に、まだ子どもを持たない職員、持った子どもが大きくなって手がかからなくなった職員が手助けできる職場が大事ですね。また「育休期間が長くなればなるほど職場復帰が難しくなってしまいます。」という懸念がある仕事もあるでしょう。アメリカほど短くなくても、長い育休期間は社員さんにとっても会社にとってもどうなのかと思ってしまいます。特に「育休を取って母親が家にいることは子どもの発達にとってプラスなのかといった点」には関心があります。

  3. 育休が長くなれば、それだけ職場復帰が難しくなる、というのは月曜日の仕事のおっくうさの例えで分かりやすく理解できますね。子どもでも、月曜日の様子の違いは明らかですから。
    国の労働環境によって育休制度もその形を考えていかなければならない、ということが今回の内容から読みとれました。ということは、現在の日本の労働環境で今の制度がフィットしているのかを考えていかなければなりませんし、先の時代ではその時代にあった育児制度を考えていかなければならないということになるんですね。
    そのことを踏まえると、育児休業中のお母さんからの何かしらの発信にも耳を傾けていくことが必要になるのでしょうね。

  4. 「データによると、あまり長い育休は逆効果になるようです。」場面が頭に浮かぶような内容です。関わる人たちの理解が先ず第一で、それを得られたとして、仕事それ自体が長期の不在を許してくれない、という職種もあるのかもわからないと思えてきます。ただ、何よりも先ず関わる人たちの理解と思うところで、休むことイコール仕事に穴を開ける、人に迷惑をかける、というような解釈が蔓延しないよう、皆が手を取り合って助け合っていけるよう組織の長がマネージメントしていくことはこれからの時代の必須事項になるように思われます。
    また、休みをとれれば問題がなくなるわけでなく、そこから家族によっては、子どもと一対一の時間が始まります。それは、時に働くことよりも酷なことで、それについてもこれからのブログで触れられることであろうと予想します。

  5. 育休を取った場合復職がなんだかおっくうになるということで保育士の立場ではどうだろうかと考えてみました。休業中も子供には触れていますから腕がなまるということの心配は無いでしょうし、人間関係も、休業前が良好であるならば差ほど心配が要らないような気もします。懸念すべき点と言えば、新しい知見による考え方の遅れや子育てにより勤務時間が限られることへの罪悪感くらいでしょうか。ただ、保育士はどこでも引く手あまたなので辞めてもすぐに新しい職場が見つかるでしょうけどね。

  6. 育休を取りすぎると職場復帰が億劫になるのですね。専門職や営業職は確かに長期の休みは復帰後の仕事に多少のリスクを背負うことになるのでしょうね。それ以前に日本人は働きすぎているというのも、復帰に対しての難しさがあるのかもしれませんね。時短勤務というのもなかなか難しいところもあるのですが、積極的にしていかなければ、なかなかこういった問題は解決していかないようにも思います。家庭と仕事とのワークバランスというのはなかなかに一筋縄ではいかないというのをヒシヒシと感じますし、今の社会、保育士不足も相まって、派遣社員というのもどう雇っていくことが良いのか考えさせられます。山口さんのいう「育休は母親が仕事を続けるうえで助けになるのか、育休をとって母親が家にいることは子どもの発達にとってプラスなのか」という考察は今の社会において重要な問題提起でもあるように思います。

  7. 「あまりに長い間仕事を休んでしまうとかえって復帰が難しくなるかもしれないというのです。それは、週末休み明けの月曜日に、なんだか出勤したくないと感じてしまうのと同じ心境だというのです」というのはとても分かりやすい表現です。BEGINの歌の中に「働くからこそ休まれる」という歌詞がありますが、長い休みというのもそれはそれで反動はありますね。しかし、日本の場合は流動性の低い労働市場ということなので、雇用保険がしっかりしているということはやはり子どもを持つ身としては安心な部分です。
    「育休は母親が仕事を続ける上で助けになるのか、育休を取って母親が家にいることは子どもの発達にとってプラスなのかといった点について考察しています」という視点もなるほどなと思わされました。このような視点で様々な物事を見ていくことが大切ですね。

  8. 確かに長期的な育休は仕事面で色々と不利になってしまうことが多くあるのかもしれませんね。長期休暇を取って久しぶりに仕事を行くことに精神的に不安になってしまう人も多いのかもしれません。私の職場でも現在育休中の職員もしますし、これから産休育休に入る職員もいます。そうした職員の先生方が安心して働くことができる環境作りが確かに大切です。独身の人もいれば、子育てを一通り終えた方、様々な立場の人がいる社会でそれぞれの価値観もバラバラかと思いますが、そうした関係の中でお互いに折り合いをつけていく関係が職場で最も大切なことだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です