道徳心の教育

機能不全家族。確かにありえないことではないとハリスは言います。このような家庭を訪れたいとも思わなければ、そこに住みたいとも思わないと彼女は言います。この息子の実の父親でさえ、このような家庭には住みたくないでしょう。古い笑い話をハリスは紹介しています。

心理学者:ジョニーにはやさしくしてあげてください。彼の家庭はすっかりバラバラになってしまっているので。

教師:そうでしようね。ジョニーならどんな家庭でもバラバラにしてしまうでしようね。

親にとって育てるのが難しい子、社会化を施すのが難しい子。ほとんどの心理学者にとってはこの二つの言いまわしは事実上同じことを意味しています。というのも社会化を施すのは親の役目だと考えられているからです。ハリスはこの二つは別物だと思っています。両者間に相関関係が成立する場合が多いのは事実ですが、それは子どもたちがどこへ行くにも自分が受け継いだ特徴をもち歩くからだと言います。ところが、その相関関係は決して強いものではありません。なぜなら子育てが行なわれる家庭内の社会的状況は、社会化が施される家庭外の社会的状況とは大きく異なるからだと言うのです。家庭では鼻持ちならない子どもも、家庭外ではそうとも限りません。ジョニーはどこへ行っても鼻持ちならない子どもかもしれませんが、幸いなことにそのような子どもはまれだと言うのです。

社会化という言葉は、家庭で施されるべき道徳心の教育を意味する場合が圧倒的に多いのです。親は子どもたちに、盗まないこと、嘘をつかないこと、ズルをしないことを教える責任があるとハリスは考えています。ところがここでもまた、子どもたちの家での行動とそれ以外の場所での行動の相関関係は低いのです。家庭内で誰にも見られていないと思ったときにルールを破ることが観察されている子どもが、学校のテストや公園での遊びでズルをはたらく可能性が他の子どもと比べて際だって高いわけではないそうです。道徳心は、身につけるべき他の社会的行動と同様、それを獲得した状况と結びついているというのです。腕っこきドジャーも母親の前ではとびっきりのよい子だったのかもしれません。もっとも母親がいたらの話だと言います。

もし母親が生きていればオリヴァーも母親の悩みの種になっていたかもしれないと、とは考えにくいと言います。オリヴァーは行く先々で人と親しくなりました。女性の心をとりこにしました。生まれながらのやさしさと端正な顔立ちでいつもうまく立ちまわりました。ディケンズが描写したように、オリヴァーに備わっていた特性はまさに扱いやすい子どもの特徴そのものでした。他人の気持ちに敏感で、ほとんど臆病とも言えるほど刑罰や苦痛を恐れたのです。彼は明るく、一時の感情に駆られることもなく、攻撃的でもありませんでした。

ディケンズは正しかったのでしょうか。生まれながらにして善である子どもはいるのでしょうか。ハリスは、ここでジョン・ワトソンが好むであろう実験をしてみています。