親から受け継ぐもの

エイミーは完全に嫌われた子どもでしたが、彼女には別の家庭に養子に出された一卵性双生児の姉妹、ベスがいたことから注目されます。ベスは嫌われっ子ではなく、むしろ母親のお気に入りでした。彼女の親はとりわけ教育熱心ではなかったため、双子の姉妹として共有していた学習障害は、さほど問題にはなりませんでした。ベスの母親はエイミーの母親とは異なり、気持ちのわかる、寛大で明るい人でした。それでもベスはエイミーと同じ性格上の問題をかかえていました。二人を研究した精神分析学者は、もし一方しか見ていなければその原因を家庭環境に求めるような説明を考えつくことはいとも簡単だったと認めています。ところが、実際には二人いたのです。同じ症状を呈していますが、育った家庭はあまりに違っていたのです。

同じ症状、同じ遺伝子。こうなると偶然とは考えられないとハリスは言います。エイミーとベスが生みの親、それは二人を養子に出した母親とその母親を妊娠させた男性ですが、この二人から受け継いだ遺伝子の中の何かがこのようにまれな症状を引き起こす素因となったに違いないのです。エイミーとベスがこのような素因を生みの親から「受け継いだ」と言っても誤解しないでもらいたいとハリスは念を押しています。彼女たちの生みの親は同様の症状を呈していないかもしれないと言うのです。遺伝子の組み合わせが少しでも違えば、大きく異なる結果をもたらすことになり、まったく同じ組み合わせをもつのは一卵性双生児だけなのです。二卵性双生児は驚くほど異なる場合があり、それは親子間でも同じです。子どもは両親のいずれにも見られないような性格をもつ場合があります。ところが、心理的な問題をかかえている人が同様の問題をかかえる生みの親や生物学的な子どもをもつ可能性については偶然よりも大きくなるという統計学的関連性が認められているそうです。

遺伝は、問題をかかえる親の子どももまた問題をかかえるようになることの原因の一つとして考えられます。それは単純明快、否定することのできない事実であるとハリスは言います。それでいながら、心理学でこれほど無視されることの多い事実もないと言います。発達心理学者および臨床心理学者たちは遺伝に注目しませんので、今もまだジョン・ワトソンが12名の乳児を医者、弁護士、乞食や泥棒にでも育てあげられると言った時代にいるのではと思えてしまうとハリスは言うのです。

盗人、これは新たな解釈をはじめるには格好の題材だとハリスは言います。彼女は、子どもの犯罪行為をその親が与えた環境、すなわち親の育児態度やこれといった態度をもたずにいたことにその原因を求めることなく説明してみようとしています。ですが、遺伝にすべてを押しつけるつもりはないので心配はいらないと言います。しかし、遺伝抜きには説明できないとも言います。

ハリスは、自分の子どもを盗人に仕立て上げるならどうするかと問うています。チャールズ・ディケンズの『オリヴァー・ツイスト』に登場するファギンならワトソンに一言二言、言いたいことがあっただろうとハリスは言います。私も、この小説の中に登場する少年たちのことを思い浮かべます。この小説の中で、ファギンは、お腹をすかせた男の子四、五人に〈われわれ〉意識を養わせ、スリの手ほどきをし、彼らを〈彼ら〉である裕福な人々にけしかけたのです。そこではじまるのは集団間の戦いであり、それは私たち人類に昔から伝わるものであり、正常な人間、とりわけ男性においてはほとんどどこででも見ることのできる現象だと言うのです。ハリスは、「すがすがしい朝の表情を見せながら学校へ通うあなたのかわいい息子さんも薄っぺらい仮面をかぶった戦士にほかならない。」というのです。このような解釈をハリスがこの小説にするのは、とても興味深いです。