親の在り方

もしあなたが自分の子どもを正しく扱わなければ、子育て神話に基づくと、彼らが望ましくない方向に育ってしまうだけでなく、彼らは「親のあり方としても欠陥をかかえる」ことになるため、彼らの子どもたちもまた望ましくない方向に育ち、それもまたあなたの責任にされてしまうと言います。ですからハリスはそんな人を楽にさせてあげようと、つまるところはその人の責任ではないという証拠を提示したいと思っていると言います。ただし、これはギブ・アンド・テイクだというのです。ハリスは、その証拠を提示するかわりに、あなたにもしていただきたいことがあると言います。それは、自分の子どもはどのように扱ってもかまわないとハリスが言っていたと人に言い触らすことはやめてほしいというのです。ハリスは、そのようなことは言ってもいないし、それをほのめかしてもいなければ、そのように考えてもいないと言います。自分の子どもを邪慳に扱ったり、疎かにしたりすることは決して正しいことではありません。それにはいくつもの理由があるのですが、何をおいても子どもとは考え、感じることのできる、そして繊細な人間であり、しかも自分の生活にかかわる年配の人々に頼りきっている存在だからだと言います。彼らの将来を操ることはできないかもしれませんが、私たちはまさに彼らの今日を手中におさめ、彼らの今日をひどく不幸にさせてしまうこともあるのです。

しかし、これを忘れてはならないと言います。親もまた考え、感じることのできる繊細な人間であり、子どももまた力を保持しているのです。彼らだって親をかなり不幸にすることがあると言うのです。

ハリスは、ある年の父の日に掲載されたマンガには、かわいくてぽっちゃりとしたキャシーが親と一緒に家族アルバムを見ている様子が描かれていたそうです。「ほら、私がちょうど一歳のときの父の日よ、パパ」とキャシーは言います。「私のはじめてのアイスクリーム・コーンをもってくれているのね」次のコマにはキャシーに綿菓子をはじめて与えたときの写真を三人で見ている様子が描かれています。その二つ後には、パパが学校の劇で恥をかいたキャシーをなだめるために買ってあげた大きなチョコレートの箱が登場します。フライドボテト、キャラメルポップコーン、モルテッド・ミルク、それらは全部パパに買ってもら「たにアイスクリームを混ぜたものそこでママがびしやりと言った。ほら、これで証明できたもの。

そこでママがぴしゃりと言いました。

「ほら、これで証明できたわね。太る原因はすべてあなたのお父さまが与えていたのね。いけない食習慣はすべてあなたのお父さまから受け継いだのね。ついに身の潔白を証明できたわ。あなたの体重に問題があるのは、それはすべて彼の責任よ!」

とはいえ、母親はそう簡単に重責から解放されるわけではありません。キャシーは母親の身の潔白に納得していません。しかもマンガの作者は読者に二つの選択肢しか与えてくれていません。ママの責任か、もしくはパパの責任か。

これが子育て神話の威力だとハリスは言うのです。もしキャシーの体重に問題があるとすれば(実際に問題があるのだが)、それは親の育て方に問題があったに違いない、と誰もが真っ先に考えます。