集団のアイデンティティ

ハリスの下の娘は13歳にしてタバコを吸っていたそうです。彼女が言葉を話すようになって以来、ハリスが反タバコ主義を吹聴しつづけてきたのにもかかわらすです。ハリスはかなり如才なくやってのけているつもりでいたそうです。その不快さを強調し、健康を害することについてはさほど触れなかったそうです。それで効果はなかったと言います。彼女は落ちこぼれ集団に属していましが、そこでは喫煙は当然のことだったのです。それが集団の規範だったのです。仲間からの圧力ではと思うかもしれません。ところが、心理学者シンシア・ライトフットが話を聞いたティーンエイジャーたちによると、それは「まったくのでたらめ」だといっています。その一人は飲酒をはじめたいきさつを次のように語っているそうです。

「自分がどれだけすばらしい人間であるかを何とか皆に示そうとし、その最も有効な方法は、もし他の誰もがお酒を飲み、それを当然のこととして皆が考えているのであれば、自分も彼らと同じ価値観をもち、認められるべき存在であることを証明するために同じ行動をとることだ。同時に仲間たちからの圧力というのは、まったくのでたらめだ。学校に人学してからというもの、仲間たちの圧力については、誰かが私のところに来て“ほら、これを飲みな。かっこよくなれるぜ”と言うものだと教えられてきた。だが、まったくそんなことはなかった。」

ライトフットがまとめているように、「仲間からの圧力というのは、従うことを強いられるというよりは、集団のアイデンティティに関連する、もしくは関連するであろうと思われる経験に自分も参加したいという願望に近い」。ティーンエイジャーが集団の規範に従うことを強いられることはまれです。そんなものははるか昔、子ども時代に卒業しているのです。

タバコを)吸うティーンエイジャーたちは喫煙する仲間をもつだけではありません。大概、その親も喫煙者です。心理学者もそうでないものも、ほとんどの人はティーンエイジャーの喫煙に親の姿を見ます。子どもは、喫煙は大人のやることだと思うようになり、ゆえに自らもそれをやりたくなると考えます。ハリスは、以前、ヤノマミ族の男の子がペニスを結びつける理由を説明した同様の仮説に異議を唱えていました。喫煙はペニスを結びつける習慣よりも複雑な習慣ですが、一つだけ大きな利点があると言います。それはデータが豊富に揃っていることだとハリスは言うのです。

以前はアメリカの多くの地域でタバコは大人文化の一つとして受け入れられていましたが、同様に子ども文化の一つとしても受け入れられていたのです。ティーンエイジャーたちも喫煙をはじめましたが、それは同年代の子どもが皆そうしていたからなのです。親は反対するにもやんわりと諭すだけでしたし、それすらしない親もいました。ヤノマミ族の間でペニスを結びつける習慣が受け継がれたように、喫煙は文化の他の側面と同じように受け継がれていったのです。

もはやそのような形では受け継がれません。大人のほとんどが喫煙するようなアメリカの地域社会はめずらしくなり、親自身は喫煙しても子どもの喫煙を認める親は少なくなったからです。今日、喫煙はむしろ思春期の子どもたちの団結心を象徴するものとなってしまったのです。高校の中の特定の仲間集団への忠誠心の象徴、いい子ぶりっ子やガリ勉たちのような他集団への軽蔑心の表われ、そして大人が何を考えようと、大人の規則なんてくそくらえだという意思表示なのです。お揃いのジャケットを着用することで、自分がどのギャングの一員であるかを示すようなものなのです。頭のてっぺんを小さく丸く剃ってしまうことで、どの部族に属しているのかを示すようなものなのです。