反逆行為

今日多くのティーンエイジャーたちが見せる公然たる反逆行為は、思春期の子どもたちを学校へ通わせる社会にのみ見られる特徴だと言います。14歳で女の子は結婚できます。14歳で男の子は男としての責任と武器を背負うことができると考えられている社会では、そうした行為は全く意味を持たず、存在すらしません。このような14歳は、自ら、そして他人からも成人としてカテゴリー化されるため、自らを大人と区別したいとは思わないとハリスは分析します。特定の大人、たとえば自分を虐使する義母や、自分と妻の獲得を競う父親に対しては憤りを覚えることもありますが、このような憤りには集団性は関与しません。それは、このような社会ではティーンエイジャー同士が親交を深める機会がない場合がほとんどだからだとハリスは言います。自分たちは同じティーンエイジャーだ、という意識はまったくありません。集団性を育む集団そのものが欠けているのです。

ティーンエイジャーが一堂に会すると侮りがたい力となりますが、それはまさに今日の高校の現状だとハリスは言います。古代、はるか2000年以上前においてもそうでした。紀元前四、五世紀のアテネには裕福なアテネ人家庭の息子たちを教育することを生活の糧としていたギリシャ人哲学者たちがいました。ティーンエイジャーの少年たちの公然たる態度の前で自分の立場を守るには、哲学でさえもろすぎました。ソクラテスは敬意が感じられないとぼやいたそうです。学生は「年配者が入室しても起立しない。来訪者の前でもおしゃべりに興し、美味しいものはむさぼるように食べ、師に対しても暴威をふるう」。アリストテレスも同じように学生の態度に腹を立てていたそうです。「彼らは博識ぶり、自分の主張に絶大なる自信をもっていた。実はこれこそが彼らの行きすぎた行動の原因だ」。彼らの放つジョークを哲学者はおもしろいとも思わなかったようだとハリスは言います。「笑い好きで、ひょうきん者。そのひょうきんさは鍛錬された横柄さそのものだった」

師をいらだたせたかもしれませんが、紀元前四世紀のアテネを古代世界のホット・スポット、当時の流行発信地へとのしあげたのはほかでもない彼らだったのです。子どもでも大人でもない人工を集めて集団.をつくらせれば、そこには急激な社会変化のメカニズムができあがるのです。

子どもと大人、その二つの年齢集団しかない社会では、何百の世代を越えても文化は本質的に変わることなく受け継がれていきます。子どもたちが文化の改変者になることはありません。まだまだコツを覚える最中にあり、十分独立してないからだと言います。大人も文化の改変者にはなりえません。現状を維持しようとするからです。文化を改変できるのは10代後半から20代前半で独自集団を持つ人々だと言うのです。集団性により、親や教師の世代とは一線を画したいという気持ちが駆り立てられるというのです。自分たちは一世代前とは違った存在でありたいという気持ちがあまりに強いため、両者の違いは改善する方向とは限りません。実際、改善ではない場合がほとんどだと言うのです。彼らは違う行動、違う思想を受け入れ、新語を造語し、斬新なファッションも生みだします。さらにこれらの行動、思想などを携えたまま成人になるのです。彼らは自分の子どもに、差別化を図る新たな方法を生み出すという重圧を残すと言うのです。「ママとパパはマリファナを吸っていたらしい。嫌だ嫌だ、私たちは別のものを吸いましよう!」という具合です。