肥満児

ある新聞のコラムニストは、肥満児をもつ親からの相談に対して、「専門家」の意見を引用しながら次のように答えています。

「親がまずすべきことはよい手本を見せるということだと小児科医ナンシー・A・ヘルドは言う。“もし親が食生活に無頓着で、座ってばかりいれば、その行動を子どもは真似とするようになる”」

小児科医も間違っていれば、マンガ家も間違っているとハリスは言います。キャシーの親に責任があるとすれば、それは自分の娘に自分たちの遺伝子を受け継がせてしまったことだけだと言いきります。彼女の親もまた、かわいく、ぽっちゃりとしているのです。キャシーはそのかわいらしさを受け継いだのと同じように、ぽっちゃりさも受け継いでしまったのです。

ハリスは以前、遺伝と環境のそれぞれの影響を行動遺伝学的方法で切り離して考えることができることについて述べています。性格の特徴を調べるのと同じ方法が、肥満に関する研究においても応川されているのです。一卵性双生児は一緒に育てられようともそうでなくとも、大人になってからの体重も似通っているのが普通です。その類似性は二卵性双生児よりも高いのです。養子はその養父母や養子縁組による兄弟とは肥満度や細さでは類似しません。

そこで、ハリスは考えてみようと提案しています。二人の養子が同じ家庭、同じ養父母に引き取られました。養父母はキャラメルポップコーン好きのカウチボテト族かもしれませんし、毎日トレーニング・ジムに通う熱心なブロッコリ信奉者かもしれません。子どもたちは二人とも同じ親の行動にさらされます。二人とも同じ食事をとり、同じおやつを口にします。それでも一人は脂肪の少ない理想的な体型に、他方は肥満になります。

肥満や細さが遺伝する確率は、性格の特徴より多少高く、およそ0.70だそうです。ただし重要なのは、遺伝子以外の要因すなわち環境的要因による体重のばらつきは、家庭環境にその原因を求めることはできないということだとハリスは言うのです。親の行動が子どもの体重に長期的な影響を与えることを示す証拠はなく、むしろ影響を与えないという証拠ならかなり揃っているそうです。それにもかかわらす、新聞のコラムニストも小児科医も疑うことを許さないかのような口調で、親が「よい手本を示せば」子どもは一生細身で通すことができるなどと親に教示するのです。

これは間違っているだけでなく、親を不当に扱うことにもなるとハリスは危惧しています。あなたが不幸にも太っていて、子どもも同じ不幸を背負っている場合、あなたの食生活の乱れや運動不足が責められるだけでなく、子どもたちの不幸についても責めを負わされます。あなたが太っているのはあなたの責任で、子どもたちが太っているのもあなたの責任だとされてしまうのです。

この点でハリスは立腹しているそうです。肥満の親の子どももまた肥満児になりやすいのは、親が与える食事のせいや親が悪い手本になっているせいではないと考えています。肥満はその大部分は遺伝により受け継がれるものなのです。

肥満児” への10件のコメント

  1. 若者が何かしでかす度に、その親のことが取り沙汰されます。そして、残念ながら、私たちは、マスコミや世間の噂の圧力に屈してしまい、親の責任ということを安易に受け入れてしまっているな、と反省しなければならないところがあるような気がします。子どもの行動をみて「あぁ、あの親の子だから」と「親の責任」を追及してしまいます。遺伝が7割ならば、そういうこともあるでしょう。だとするならば、環境の3割がとても重要な気がするのです。親とずっと一緒にいれば遺伝7割プラス環境3割で、親の責任を追及するよりも、子どもを取り巻く10割の世界、について振り返る必要があると思うのです。体型も性格も遺伝と環境の双方から見つつ、簡単に親の責任として片づけない、ということが本当に大切になってくる、と思うのです。子どもが望んで7割の遺伝的要素を体現させているわけではないでしょう。とするなら、3割の環境が望ましい未来を子どもたちに保障してくれる要素になり得るということを私たちは意識するべきだと思っています。遺伝については不易だとするならば、変易可能な環境においてその子の「最善の利益」を保障する環境の設定が大人の私たちに課せられているのではないかと思うのです。

  2. 人間はより良い子孫を残すために、自分とは全く違う遺伝子を持つものを無意識に本能で求めるといいます。しかし世の中ではふくよかな者同士での交際や、極端にいうと親族間での交際をするものもいるなど、自分と近い遺伝子を持つとみられる者同士を求めあっている人たちを目にすることがあります。私は前述の者達を見るとその理由はなんなのかを考えてしまいます。これも遺伝子が関係してるのか、それともこれは親の悪い手本が原因なのか、なんにせよ遺伝子の似かよったものの間にできる子は障害を持ってしまう可能性が高まると言いますし、将来もつかもしれない我が子がそうならないように原因を突き止めたいものです。

  3. 親の身として有り難い見解です。逆も然りで、子どもが褒められるような子であれば親もその恩恵にあずかれているような気がします。ただ、そこにある子どもの姿は親の育て方一つがそうさせたのでなく、遺伝や通わせていただいている園など、多くの要因があっての姿であるために、もし子どもが褒められる場合においても、親として出来ることと言えばひたすらに感謝をすることに他ならないと改めて思います。子どもたちと同じように親もまた成長しなければなりませんね。

  4. 自分も二児の親として、今回の内容は背中の重たい責任が大分軽くなったような思いです。そして、子どもがしっかりとしている場合、よく「どんな子育てしてるんですか?」とか「お母さんもお父さんも保育士だからでしょ」とか言われていましたが、全然そんなことはないと思っていました。至って普通の子育てだと思います。そこで自分まで褒められたような気になるのではなく、子どもはそんな風なんだと知れること、伝えてくれたことに感謝することが必要であるのだと感じました。

  5. こういった研究が世に出ることで楽になる人は多くいるでしょうね。これは食事における「栄養神話」にも同じことがいえるのかもしれませんね。はじめ見守る保育を知ったときに「無理して食べなくても他で栄養を取ればいい」というのを言われたときに「なるほど」と思いました。それと同時に簡単な答えなのにそこにこだわっているようなことも多々あるのだろうなと感じました。保育においても「子どもにも責任がある」というドイツでの保育のあり方や見守る保育でのあり方を聞いたときに、どこかでそれはタブー視されているような気が合ったことが解消されたようにも思いました。ただ、それを説明するには根拠がなければいけないといったところではこのハリス氏のだした研究の真意はとても重要なことでしょうね。情報過多の時代において正確な情報を取り入れるのはとても難しいようにも思います。だからこそ、本質を見ることができるようなアンテナは張っていたいですね。

  6. 「肥満はその大部分は遺伝により受け継がれるものなのです。」こういった見解にはホッと胸をなでおろす親も少なくないでしょうね。「親の行動が子どもの体重に長期的な影響を与えることを示す証拠はなく、むしろ影響を与えないという証拠ならかなり揃っているそうです」という部分でも体型に関しては自らを見る限り納得のいく内容です。年々父親と同じような体型になってしまっていることに気付かされます。こうした証拠があることは親にとってプラスであり、知識をより深め子どもたちに還元してきたいものです。

  7. 虫歯も遺伝的な要因が大きいと言われていますが、肥満についても同じようなことが言えますね。歯科検診の際、家庭での歯磨きも徹底するように保護者に伝えてくださいとよく歯科医さんから言われるのですが、どんなに歯磨き促し、習慣づけたとしても虫歯になる子は虫歯になりますし、ならない子はなりません。これは私自身の実体験からも言えることで、私は思春期を迎えるあたりまで歯磨きというものほとんどすることはなかったのですが、それでも虫歯は一本もありませんでした。逆に、歯磨きを習慣づけられている姪っ子は不思議と虫歯が多く、歯医者に通い続けています。結局は親がいくら気をつけてもどうしようもないことはあるということですね。全てを遺伝のせいにするわけではありませんが、肥満をはじめとした子どもの育ちについて、親の行動様式や習慣に責任を押し付けることはできないということを多くの人が理解できれば、親の責任と言われる負担も少しは軽くなるのではないでしょうか。

  8. 園児で体が大きく、肥満気味の子どもを見ると、食べるのが大好きできっと親の作るご飯が美味しいのかな?と考えます。それと同時に親の体系も似たように肥満気味なのかな?と思いますが、そういう親に限って細身だったりと、意外とそうでもない場合があり、不思議に感じることがあります。肥満は遺伝によって引き継がれるということですが、太りやすい体質、太りにくい体質はあると思います。我が子がもし肥満児になったら、まずは食生活などの環境を見直すよりも、親自身が自分を知ることが大切ですね。

  9. 「肥満の親の子どももまた肥満児になりやすいのは、親が与える食事のせいや親が悪い手本になっているせいではないと考えています。肥満はその大部分は遺伝により受け継がれるものなのです」なるほどです!ということは、私にはやはりそのような遺伝子が受け継がれたのかもしれませんね笑。このようにある意味ではどうしようもないようなことを、親の行動の影響であるという言い方で片付けられてしまうことは他にもたくさんあるように思います。これももしかすると子どもは無能な存在である白紙論が影響していたりするのでしょうか。親がしっかり教えなけえばいけない、子どもは無垢なんだからなんてことがその裏にありそうな気もします。

  10. “肥満はその大部分は遺伝により受け継がれるものなのです”とあり、環境と遺伝子の関係性を考えるものでありますね。環境によって、肥満になってしまった、環境というのが、家庭にいて、食事を提供する親となってしまいますね。しかし、遺伝的に受け継がれたものであれば、親以外の環境に置かれたとしても、同じような結果が見えてくるのでしょうね。自分の子育てで子どもが立派に育つのではなく、遺伝的に受け継がれた素質が置かれた環境のなかで、育ち得たものが表面に表れている、と結果、似ているように感じる部分はあっても、過程には、社会的集団によって、育った環境が重要だということを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です