同調の時代

ハリスは、思春期はたびたび同調の時代、すなわち仲間たちから最も影響を受けやすい年代だと評されますが、人はどんな年齢においても仲間たちからの影響を受けやすいのだと言います。そして、思春期よりもおそらく子ども時代のほうが同調することが多いだろうと言うのです。社会心理学者ソロモン・アッシュによると、あの有名な集団同調性テストにおいて全被験者の中で最も多数意見に流されやすかったのは10歳未満の子どもたちだったそうです。他の子どもたちが全員間違った判断をする中で、最も幼い被験者のわずか一握りだけが正しい知覚判断をつづけることができたそうです。子ども時代は同調への圧力が最も強い時期なのです。

誰からより強く影響を受けているか、たとえばもし親と友人がそれそれ相反する助言をした場合どうするかと子どもに聞くと、幼い子どもほど親の意見を参考にすると答えます。もっともこの質問は状況に関係なく聞いたものであり、聞き手も大人です。子どもたちは質問の意味を「親と友だち、どっちが好き?」と解釈してしまうかもしれません。当然彼らにとっては友人への愛よりも親への愛情の方が強いのです。その答えは心の中でも個人間の関係を司る部分が出したものですが、長い目で見た場合、家の外の世界で彼らがどう行動するかを決定するのは集団を司る部分であるはずだとハリスは考えています。

子ども時代は同化の時期だと言います。この時期に子どもたちは同じ年代、同じジェンダー集団に属する各人たちと同じように行動することを学びます。子どもたちはこうして社会化を果たすのです。年齢集団が子どもと大人の二つしかない社会では、14年という歳月はまずまずの大人をつくり上げるには十分だとされています。そのような社会では成人した男性、女性のあり方がかなり明確にされているのです。その点に関しては選択の余地はほとんどありません。

ところが子ども時代は分化の時期でもあります。地味か派手か、頑固か柔和か、敏捷か緩慢か、子どもは自分がいかなる人間であるかを同じ集団の他のメンバーや、同性で同年代の他の子どもたちと自分とを比較することで、または比較されることで学ぶと言われています。彼らはそこで学んだ内容をひっさげて、次なる年齢別カテゴリーへと進級していくのです。

もし社会が思春期という時期を提供してくれるのであれば、思春期にこそ彼らはその情報を活用するのです。先進社会では、大人は専門分野をもつことを要求されますが、それは多様な選択肢から選ぶことになります。そしてその選択を行なう時期が思春期なのです。ティーンエイジャーが自分自身を各集団に分類するときには、彼らは自分自身のもつ顕著な特性を見極める作業をしていると言います。彼らは別の方向ではなく、ある一定方向に前進することに决めるのです。このような判断は改変不可能ではありません。ハリスの下の娘はそれを立証してくれましたが、いくつかの選択肢を排除してしまうことにはなります。大学人学資格は高校の卒業証書とは違います。28歳で大学に入学することは18歳で入学することとは違うと言うのです。

同調の時代” への10件のコメント

  1. 同調、同化、分化、そしてカテゴリー、こうしたキーワードを今回のブログの中でみいだすことができます。いずれにせよ、子ども集団という子ども社会の存在を私たちは明確に意識する必要があると思ったところです。14歳を過ぎると大人という社会。15歳になると立志式を行う社会があることを思い出しました。志を立てることが大人になること、ということでしょう。大人になってもそうですが、同調、同化、分化、カテゴリー所属の動きは子どもの頃からそれぞれのグラデーションを変化させながら連綿と経過し、やがて大人と呼ばれる存在になりゆくのでしょう。その過程の中で子どもたちは様々な体験、経験を積み重ね、学びとして自己形成の材料としていくのでしょう。私たち大人は子どもたちが良き社会の形成者の一員となるよう、彼らが過ごす環境を意識して創造していく必要があると私は思っています。そして人類の未来を彼らに託していきたいと思うのです。

  2. 幼い頃の保育園などは、より自分らしくより自由に遊ぶことを課題とされて生活しているわけですから他人と同調することなどはせずに、自分のやりたいことを好きなだけするのでしょうが、学校にはいると全員が同じ方を向き同じことをし同じ服を着て過ごすのですから同調するなという方が難しいでしょう。なにより、周囲の友人や大人、教師そして親からも周りとあわせることを求められ課題とされて生活していきますからいい意味でも悪い意味でも周りの影響を受けて育つのでしょう。

  3. 「当然彼らにとっては友人への愛よりも親への愛情の方が強い」とは言え子ども集団の影響力の強さは子どもたち自身が知っても知らずとも、多大なものがあるのはこれまでに学んできた通りです。ふと思ったのは、一週間の内に親と子の時間はどれだけあるのか、反対に、子ども集団とその子の時間はどれだけあるのか、ということで、一緒に過ごす時間だけで考えたとしたらそれは比べ物にならないのではないかと思いました。しかしそれは保育施設に預けている場合でもありますね。
    多大な影響力をもった集団に触れさせることの大切さを思った時、保育に携わるものとしては、親と子の二者関係の重要性よりも、子ども集団の重要性を説く内容に心が惹かれるのは当然なのかもわかりません。しかし、その気持ちを肯定してくれるようなこれらの研究内容を受けて、それはイコール保育施設の重要性を改めて説いてくれているような気がして、どこか嬉しい気持ちが湧いてきてしまいました。

  4. 同調や同化、分化など、子ども時代はいろんなことが内部や外部で起きて、いろんな経験を通して大人へと成長していく過程において、子ども集団が大きな意味を持ってくるということ改めて思いました。比較しながら自己を知っていくということで、他人がいることで自分への意識も高まっていくのですね。そして、大人たちはそんな子どもたちに次の社会の担い手としての環境を用意してあげることが自分たちの役目であることを感じました。

  5. 組体操やそのほかのマスゲーム、行事において「合わせる」ということが重要視されることや保育の中で、いやいやながらも子どもたちは大人の言うことを聞いてくれるということを感じることがありますが、それは先生が言うからではなく、周りの友だちがしているから「する」ということにつながっているのかもしれません。「社会心理学者ソロモン・アッシュによると、あの有名な集団同調性テストにおいて全被験者の中で最も多数意見に流されやすかったのは10歳未満の子どもたちだったそうです。」初めのほうの文章でもこのようなことが言われていましたが、これらの影響と脳科学での3歳までの子どもの発達を見ていていても、乳幼児での子ども同士の影響はかなり大きな影響となるのでしょうね。今の閉鎖的というか限定されている年齢別の保育カテゴリーではなく、社会のある多様性の環境があることで、いじめや自殺の原因となるような偏った人間関係というのは解消されていくのでしょうか。

  6. 「子どもは自分がいかなる人間であるかを同じ集団の他のメンバーや、同性で同年代の他の子どもたちと自分とを比較することで、または比較されることで学ぶ」という分化の時期でもあるというのがなにか新鮮に感じます。集団があるからこそ自分はどんな人間なのかを客観的に見ることができることがわかります。僕はそんなことはしない!とか友人を見て自分を確立していくイメージは今も持っています。同調する影響もあれば分化という確立する部分もしっかりと集団では得られることがよくわかります。

  7. 年代によって影響を受ける存在が変わってくるのは自分でも理解できます。確かに幼児期の頃は親の意見を素直に聞きますが、小学校に進学しそれこそ思春期という時代になると親よりも仲間を重要視するのはしょうがないかもしれません。言葉だけ聞くと親としてはショックかもしれませんが、社会に出た時に自分が何をやりたいのか?ある程度、自分で気づくには乳幼児期から少年期、青年期と様々な年代を経験する中で仲間との関わりから自分のカテゴリーを知り、社会で生活していくのでしょうね。

  8. 同調、同化、分化を通して子どもたちはそれぞれの価値観、認識を身に付け自己と確立していくように思えます。それには集団や家庭における様々な刺激や体験が影響をあたえているはずです。「大人は専門分野をもつことを要求されますが、それは多様な選択肢から選ぶことになります。そしてその選択を行なう時期が思春期なのです」とありますが、その選択の判断材料として、それまでの体験や経験が大きな影響を与えているはずです。集団はもちろんのこと、その集団に属することによって得られる経験や体験にも目を向けてみたいと思います。

  9. 「子ども時代は同化の時期だと言います。この時期に子どもたちは同じ年代、同じジェンダー集団に属する各人たちと同じように行動することを学びます。子どもたちはこうして社会化を果たすのです」とありました。2歳頃の子どもたちは友達同士で、つるむというか、集団になって同じようなことをして楽しむという姿が見られます。一緒になって大人の意図することとは違うことをして楽しむこともあるので、この時期のそんな発達に苦労することもあるのですが、それが子どもたちにとっては重要な発達なのだということを感じさせられました。そこからさらに集団を大きくして345歳という集団の中に入ることで、細かい同化を行なっていくのかもしれませんね。

  10. “子ども時代は同調への圧力が最も強い時期”それが、10歳未満の子どもであると子ども集団で学ぶべきものが人格に影響を与えているのだと考えられます。そういったなかでの子どもたちの集団の作り方というものに十分な見方が必要だと思います。私たちが人的環境として存在するなかで
    遊びを通した関わりから例えば、積み木が好き同士が集まれる環境であったりなど、子どもたち自身が能動的な姿がある環境といったものがあることにより、様々な子供時代の波を感じていけるように思いました。大人により、指示では得られない、集団によって生まれる集団的同調性が子どもの社会性を育む核になっているのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です