遊びの三つの形式

遊びを定義するための多次元的アプローチは有用であり、その活動が遊び的であるかどうかを決定するのに、観察者がさまざまな手がかりから情報をどう結合するかについて検討した研究がいくつかあるそうです。行動に先立つものや結果は現象を識別する上で役立つかもしれませんが、それらはそれぞれ行動を誘発するものと行動の結果と見なされるべきであって、行動それ自体の構成要素ではないと言います。したがって、これらの次元を概念的に区別しておくことは、特に遊びが発達に果たす機能の役割を考えるときには重要だと言われています。

子どもの頃のさまざまな形式の遊びを調査すれば、遊びが多次元的な構造をもつことは明らかだと言います。遊びはすぐそれとわかり、哺乳類全般に見られます。そのことから示唆されるのは、共通の系統発生史があるか、あるいは哺乳類という種に共通の淘汰圧が働いた可能性があるということだと考えられています。主に未成熟期に生じる遊びの形式は、行動生物学者や子どもを研究する発達学者たちによって、それぞれ別個に区分されてきました。

行動生物学者は一般的に、身体を動かす遊び、社会的な遊び、物を使った遊びという3つの形式をあげ、それらはすべてが一見して無目的であると考えています。子どもを研究する発達学者もそれらの形式の遊びを研究してきたそうですが、ふり遊びやファンタジー遊び研究の方にもっと多くの時間を割いてきたそうです。たしかに、ファンタジー遊びは遊びの範例として児童心理学者に引用されることが多いようです。しかし、ヒト以外の動物が自然生態系の中でファンタジー遊びをするかについては、さまざまな議論があるそうです。

身体を動かす遊びでは、大げさで繰り返しのある動きが見られ、そうした動きは新しい順序で起こることが多いと言われています。それらの動きはピアジェやプルーナーが記述した、幼い子どもが自分の体の働き、彼らの世界にある物の働きを習得し始めた頃に行う行動です。社会的な遊びとは、子ども同士や、子どもと大人の間で行われる、一見目標がないように見える行動です。ヒト以外の動物では、大半の社会的な遊びは子ども同士で生じますが、ヒトでは、社会的遊びは大人と乳児の相互作用にまず現れ、後に仲間との遊びに生じると言われています。物を使った遊びは、ひとり遊びにも社会的遊びにもなりえるもので、知識を得ようとするのではないやり方で、ものの環境を操作することです。ファンタジー遊ひは社会的遊びにも非社会的な遊びにもなりえるもので、想像的で、物や遊び相手に「あたかも」何かであるかのように見たてます。これらのタイプの遊びに序列はないと考えられており、互いに同時に起こることも多いようです。たとえば、取っ組み合い遊びをしている2人の子どもは社会的でも、運動的でも、ファンタジー的でもありえます。たとえば、スーパーヒーローの戦いごっこなどがそうです。

大半の哺乳類が社会的な遊び、物を使った遊び、身体を動かす遊びを行うと言われています。動物の文献を幅広く概観すると、遊びには、動物の約10 %の時間とエネルギーが費やされていることが示夋されているそうです。一方で、子どもの遊びは、さまざまな形式の遊びに発達的な経過が見られる点で、ヒト以外の動物の遊びよりも分化していると言われています。この分化の一環として探索と遊びは分けて説明されてきたようですが、探索は情報を獲得するために物を操作するという点で、知識に関わっています。遊びは定義上そういう目標をもたないと言われています。