青年期の優位性

「ロバーズ・ケーヴ」実験で、サマーキャンプに参加した22人の面識のない5年生の男子が2つの集団に分けられ、彼らの中で集団凝集性が定着した時点で2つの集団が引き合わされ、一連の「友好的な」競争、たとえば、野球、綱引きが用意されました。少年たちは知りませんでしたが、キャンプカウンセラーがそれぞれの集団の勝敗が等しくなるように手はすを整えていました。競争に負けると集団内葛藤が生じて、お互いに身体的に攻撃しリーダーシップに変化が生じたりすることが多かったのです。しかし、競争が続くにつれて集団内葛藤は減退し、集団の団結が高まり、相手の集団に対する敵対心というかたちで現れることが多くなったそうです。集団はお互いに「お前らはワシなんかじゃなくて、ハトだ」というようにののしり合うようになり、相手のキャンプ場を襲撃したり、物を盗んだり、壊したりするようになったそうです。また、身体的な暴力、たとえば石を投げるなどは、カウンセラーが介入してやめさせなければならないほどだったそうです。

このように集団間の競争が起こると、短期間、不調和の状態になった後、集団内凝集性がより強くなり、他の集団に対するあからさまな敵対心が生まれたのです。シェリフの研究から見出されたことは、 J. R.ハリスの群淘汰理論で呈示された4つの「進化的適応」のうち、少なくとも3つを例証しています。つまり、(a)社会的親和と内集団びいき、(b)地位追求行動と社会的階層の確立、(c)集団間の対立です。

青年期の優位性は、子ども期のそれと同じように集団構造の重要な側面であると言われています。また、子ども期と同じように青年期の優位性は、少なくとも男子では向社会的、攻撃的戦略双方を含みます。個体が獲得のために争う資源は異性関係です。この時期は性的に成熟し、性的活動が開始されるという点で特徴的です。親和的要素、人気という指標と攻撃的要素、観察あるいは自己報告による攻撃性という指標は、独立に優位性を構成しており、それぞれ独自に、男子の異性的魅力における分散を予測するといわれています。それは、クラスの女子による仮想上のパーティに招待されるという指標のようなものです。

青年期初期の優位性は、いくつかの点で子ども期とは異なります。それらの違いはおそらく、身体の大きさが急激に変化することからわかりますが、思春期の移行や、小学校から中学校への移行に関連して起こる変化によって生じます。これらの変化がそれぞれ意味するのは、小学校で築き上げた関係の中では身体が最も大きかった状態から、新しくより大きな集団では最も身体が小さい状態へ移行するにあたって、仲間集団における地位を再交渉しなければならないということなのです。最近の縦断的研究によると、小学校から中学校へ移行していくときに男子の優位な地位が低下するそうです。その際、男子は新しい状況における優位な立場を確立する方法として、攻撃的な戦略を使用するようであり、小学校から中学校にかけて攻撃行動の頻度が上昇しました。しかし、中学校1年生の半ばまでには、攻撃行動は再度減少したそうです。

攻撃行動や優位性に見られるこのような発達的傾向は、優位性の論理と一致しています。つまり、優劣関係は個体同士が資源をめぐって競争し合うときに確立されます。一連の対決にもとづき、個体は他の個体との関連で自分の地位を知ります。