社会的構造

内集団びいきや外集団差別などの社会的カテゴリー化は、早くも子ども期から見られるそうです。すでに述べたように青年期以前に広く見られる社会的集団の違いはジェンダーであり、子どもは主に同性集団で遊びます。たとえば、ある研究において、 8 ~ 10歳の子どもに見知らぬ男子と女子のピデオを見せ、さまざまな側面、たとえば、男らしさ、女らしさ、好みについて評定させたそうです。すると、大人がもつ内集団びいきと同様に、子どもは同性の対象を異性の対象より肯定的に評定したそうです。

歩行期と同様、優位性の構造は、子ども期の社会的構造の重要な側面だと言われています。さまざまな向社会的、攻撃的戦略を、主に男子が用いて仲間集団のリーダーシップを確立し、維持していきます。集団形成の第一段階において、資源をめぐる仲間との競争で攻撃的な戦略を用いることは男子にはよく見られるようです。つまり、男子は選択的にかつ効果的に攻撃行動を起こし、資源を獲得する傾向があると言うのです。いったん優位性の階層が確立すると攻撃行動の割合は減り、リーダーは向社会的、協力的な戦略を用いることが多くなるそうです。興味深いのは、就学前児の攻撃行動の割合は、その子どもの人気と正の相関があることだそうです。優位な立場にある子どもは攻撃行動を効果的に、マキャベリ的に用いることができ、見境なく反動的に攻撃することはないようです。たとえば、友達や味方を助けるために攻撃行動を起こすこともあると言うのです

霊長類学者のフランツ・ドウ・ヴァールは、ヒト以外の霊長類の攻撃行動について論じているそうですが、ある生態系において攻撃的な状況が起こった後にそれに関与した者が和解すれば、攻撃行動は決別ではなく、親和的関係を導くことを示唆しています。優位個体と劣位個体の関係が重要で、劣位個体が自由にその場を離れることができる場合、和解することで社会的順位が強固になり、集団のメンバーは相互作用を続けることが可能になるそうです。おそらくこのように攻撃行動、和解、協力が交じり合って一体化することで、優位性の階層が形成され、維持されるのだろうとビョークランドは考えています。

子ども期の仲間集団構造の機能とダイナミクスは、社会心理学者ムザファー・シリフたちの古典的な研究が見事に例証しているそうです。「ロバーズ・ケーヴ」実験で、サマーキャンプに参加した22人の面識のない5年生の男子が2つの集団に分けられました。数週間にわたって、それぞれの集団は工作や隠れ家作り、組織的なゲームなどの楽しい活動に参加し、お互い他の集団の存在には気づいていませんでした。集団凝集性が高まりましたが、それはある部分、協力を必要とする活動を準備したためでもありました。たとえば、ある晩スタッフがタ食を作ることができず、少年たちは手分けして食事の準備をしなければなりませんでした。次第いにそれぞれの地位が明確になってきて、リーダーと認められる者もいれば、追従者となるものもいました。どちらの集団にもそれぞれガラガラヘビ、ワシという名前までつけられました。

集団凝集性が定着した時点で2つの集団が引き合わされ、一連の「友好的な」競争、たとえば、野球、綱引きが用意されました。