2017韓国二日目午後2

韓国では、日本における東京23区と同様、ソウル特別市25区に分かれています。ソウルは、大韓民国の首都で、かつて朝鮮王朝の首都「漢城府」と呼ばれていました。「ソウル」とは朝鮮語の固有語で「都、首都」の意味だそうです。日本統治時代の朝鮮では漢ではなく京を使い「京城府」と呼ばれた時代もありましたが、もとは京畿道に属していましたが、1946年に分離し「特別市」となっています。その25区の中でも中心地が中区です。私たちが宿泊したホテルは中区にあり、官庁や大企業本社、金融機関、明洞や、南大門市場、東大門ファッションタウンなどの繁華街もあり、韓国の経済、商業、文化の中心となっています。

また、ソウル特別市西部、漢江北岸にあるのが麻浦区です。ここは、ソウルワールドカップ競技場があり、2002 FIFAワールドカップの開会式が開かれた競技場として有名です。ほかにも、弘益大学校のある弘大地区は美術・デザイン系学生が集まる学生街・繁華街であり、バーやクラブ、ライブハウス、ギャラリーなどが多く集まっています。また、ソウルで住みたい場所No.1に度々選ばれマスメディアでもよく取り上げられているそうです。二日目の午後2園目の見学は、この麻浦区役所内にあるオリニジップです。区庁舎を入って、ロビー左手にオリニジップの入口が見えてきます。そんな入口ですから、日本にもよくあるような企業所内保育所のような、一部屋に様々な年齢がいるようなイメージで中に入って、びっくりしました。絵本が棚にびっしりと並び、木陰でお迎えの時に親子でくつろいで本を読むための空間が広がっています。そして、その後、説明のために通されたホールは、まわりには乗りものの遊具が並び、ボール遊びもできるような空間が用意されています。

日本では大阪市内には市庁舎や区役所に設置されるようですが、いずれも定員は10~20名ほどですし、東京都庁内の保育所は48名だそうです。しかも、そこに働く子弟だけでなく、地域枠もあるそうで、どのくらいの費用を掛けるかわかりませんが、費用対効果としてはずいぶんと少ない定員の気がします。また、園庭はあるのでしょうか?プールや砂場はあるのでしょうか?運動会やおたのしみ会などの行事はあるのでしょうか?韓国の麻浦区役所内保育所は、定員は108名で、ちゃんと園庭や砂場はあります。しかし、やはりビルの一角ということもあるのでしょうが、地面はすべて人工加工物であるクッション系のもので敷き詰められていました。ケガをしないで安心かも知れませんし、砂埃がたたずに安心でしょうが、やはり土の部分がほしい気がします。この園庭の境のフェンスの向こうには、区役所の林が広がっていたので、私は、区と交渉してもう少し向こうにフェンスを移動させてもらったらどうかという提案をしました。すると、園庭の隅が林になると、もっと子どもの遊び体験は豊かになると思うのですが。

保育室内も、かなり充実しており、子どもたちは様々な体験が出来るようになっています。特に、自然物を使った装飾を始め、観察領域としての自然物、制作領域に使う自然物と子どもたちが様々なところから季節を感じるようにしてあるのは学ぶところが多いです。しかし、その意味では秋はとても感じることができる素材は多いのですが、他の季節には、どのような物を置いてあるのか興味あるところです。