2017韓国二日目午後

二日目の午後の施設見学は、昨年お世話になったハンソル未来教育財団の運営している施設2箇所でした。昨年紹介したように、この財団では、国内140カ所くらいのオリジニップの運営を委託されています。この財団は、ほかにも様々な施設、事業を展開しているそうです。特にオリジニップの運営を委託されている企業は、大きな有名なところが多いので、その子弟を預かるということで、保護者にインテリが多くいます。また、資金も国からの補助の他に、企業からもかなりあるそうで、遊具が豊富で、贅沢な空間作りになっています。

この背景を見ると、全体の質の底上げとして有効なヌリ課程が、それ以上の保育を目指すときの妨げになっている部分を感じることができます。様々なルールや規則、役所からの指導は、基本的には性悪説からきているのではないかと思うことがあります。もっと、園を信頼してくれてもいいのですが、どこか悪いところがないかを探し、ちょっとしたミスでも、さも悪意を持ってそれをしているかのような指摘をします。日本での監査では、書類を細かくみて、その作成に子どもを見る時間が減るのではないかと思われるものや、そうでなければ、時間外で作成しなければいけないようなものを要求してきます。本当にこれで質が向上するのかと思ってしまうのですが、それを監査官に言うと、「あなたの園は、見ればわかりますが、他の園では基本的なところができていないところが多いのですよ。せめて書類を整えさせることが、ある質を保証しているのです。」と答えます。たぶん、これに似たようなところがヌリ課程にあるのではないかと思います。ですから、私たちの見学先では、かなりヌリ課程に否定的な園が多いのもそのような事情からなのでしょう。

午後の1カ所目は、青瓦台に勤務している職員の子弟が通う施設です。青瓦台とは、日本で言えば、首相官邸、アメリカではホワイトハウスと同じで、韓国のソウル特別市鍾路区の北岳山の麓に所在する大統領官邸です。その建物の瓦が青いのでその名が付いています。そこに勤める保護者ですから、要求も多いのでしょうか?また、そのような裕福な保護者が多いので逆に少ないのでしょうか?私の経験からすると、少ない気がします。もちろん、高い質であることは当然ですが。

まず、この園は隣接して2園造られています。どのように分けているのかわかりませんが、もう一棟は最近できているので、増築したのでしょう。希望者が多くなったので、部屋に多く詰め込むとか、その建物を増築するのではなく、別棟にきちんとした様々な機能を備えた別の園をつくるとはさすが贅沢です。それは、建物がそこに入所する子どもの定員で完結するような造りになっているからです。それは、外観も園庭からも感じます。私の園では、園庭や保育室以外の各室はそのままで、定員を1.5倍にするように区役所から要求されました。様々な事情からしかたないと判断し、受け入れたのですが、当初の感謝はどこへやら、いろいろなことを次々に要求してきます。

昨年、ヌリ課程でどこまで規定されているのかということを思ったのですが、今回、ランチルームが用意されているのは、独自の取組みのようです。ここには立派なランチルームがあるのですが、その後見学した、この財団が委託されていない園には用意されていませんでした。しかし、園庭に菜園を用意することは規定されているようです。近くの公園を園庭がわりにすることは認められているのですが、きちんと園と契約をして、そこに園児による菜園を用意することが決められているようです。ですから、いくら企業所内の園でも菜園を持っていました。