暗黙と明示

ベイラージョン博士のグループの研究が、サイエンス誌に発表されました。この研究では、期待違反法を用いて15ヶ月児の誤信念理解を調べたものだそうです。この実験の標準的な誤信念課題の特徴は。登場人物が一人である点だそうです。まず、黄色い箱と緑の箱を置いておきます。そこへ登場人物が現われ、対象を数秒持ち、緑の箱の中に入れます。乳児はこのような様子を数試行見て、馴化させられます。その後、登場人物の前の壁が下りて、登場人物から二つの箱の様子が見えなくなります。この間に、緑の箱に入っている対象が、自力で黄色い箱の中に移動します。標準版誤信念課題では、もう一人の登場人物が玩具を移動するのですが、この実験では対象が自分で動きます。その後、壁が上がり、登場人物が再びあらわれ、テストが与えられます。テストでは、登場人物が緑の箱を探す条件と、黄色い箱を探す条件が与えられました。ここでは、登場人物は玩具が黄色い箱の方に移動したことを知らないわけですから、緑色の箱を探すはずです。この実験が、注意深く設定された統制条件とともに行なわれました。その結果、黄色い箱を探す条件の方が、緑色の箱を探す条件よりも、注視時間が長いという結果が示されたそうです。つまり乳児は、登場人物が黄色い箱を探すことに驚いたということです。これは、乳児が他者の誤信念に対して、感受性があることを示していることになるのです。

様々な研究者が、1歳から2歳の乳児を対象にしてこの実験結果を追試しているそうで、この結果は妥当であると考えられています。さらに、最近では、手法を変えて7ヶ月児でも他者の誤信念に感受性がある可能性も示されているそうです。これらの研究は、洗練された素晴らしい研究だと森口は言いますが、問題は、これらの結果と標準版誤信念課題における4歳半の結果の間の、3年間のラグをどう埋めるかだと言います。乳児研究を推進するベイラージョン博士らは、幼児を対象にした誤信念課題を通過するには、他者の誤信念を推測する能力に加えて、反応選択システムと反応抑制システムの三つが必要であると述べているそうです。反応選択システムとは、課題の質問に答える際に、誤信念の表象に対して言語的にアクセスするシステムのことで、反応抑制システムとは、間違った箱を答えそうになるのを抑制するシステムのこととしています。この三つが必要ということは、幼児版の誤信念課題には不必要な要素が含まれており、誤信念理解を正しく評価できていないのではないかと言うのです。もう一つの考えは、乳児研究も幼児研究も誤信念理解を測定しているのですが、そのレベルが異なるという考え方だそうです。乳児版のように視線で計測されるのは暗黙的な理解であり、幼児版のように言語で説明させるのは明示的な理解であるというものです。

これは、私が乳児研究において常々考えていることで、その姿を見せないと、そのことを理解していないとすること、口紅を塗った鏡を見て自分の顔に手をやらなければ、鏡に映った自分の姿を、自分の姿だと理解していないとすることに違和感を感じるのです。明示的な理解を理解とするか、暗黙的な理解の時点で理解とするかです。

乳児研究の結果を受けて、誤信念課題をつくったバーナー博士らは、発達心理学専門誌で心の理論特集を組み、明示的な誤信念理解の重要性を強調しているそうです。