2017韓国三日目午前

今回の韓国訪問には、韓国の保育園であるオリニジップの見学と、もう一つ目的があります。それは、韓国内多くの企業所内オリジニップの運営委託されているハンソル希望教育財団において、その財団が運営しているオリニジップの園長向けの講演を頼まれているのです。今回のツアーの参加者は、23名でしたが、私が講演している間、せっかくなので韓国観光で、世界遺産や博物館の見学を計画していました。講演には、私と助手を務める西村君他1~2名の参加予定で、ツアー参加者に、講演への参加希望を聞いてみました。なんと、全員が参加したいとの意向でした。韓国での講演といっても、いつも日本で話していることですし、それほど特別なこともないので、是非観光の方に行ってくださいとお願いしたのですが、皆さん、まじめなのか、私に気を使ってなのか、参加を希望してくれたのです。私としては、もちろん嬉しいことなのですが、観光を計画してくれた金さんにも悪いし、財団でもそんなに無理だということで、交渉した結果、半分の十人くらいならということになりました。そこで、朝、くじ引きで参加者を決めることにしました。

しかし、朝になって、私は一緒に勉強する人をくじ引きで、「当たった!外れた!」などで決めるのはおかしいと思い、今回は、若い保育士さんは、これからも機会があるだろうということで、園長先生たちに決めさせてもらいました。それは、ちょうど10名くらいだったからです。皆さんが参加してくれることは心強く、もし導入に関して質問が出たら少し話してもらえると思っていました。

私はお迎えの車に乗り、残りの人はタクシー2台に分乗し、財団に向かいました。着いてみてびっくり。そのビルは37階建てで、すべてが自社ビルで、色々な事業を展開している財団のようです。会場は、17階でした。会場には、私たちのメンバーが10名ほど前の方を占めてしまったので、後ろのほうは立ち見で、100ほどの参加者で会場がいっぱいでした。通訳は、「見守る保育」の韓国語版の時に翻訳してくださった韓国の保育者養成校の烏山大学大学院教授の孔先生が務めてくれました。

現在、幼児教育に各国力を入れるべきだと主張し、現在の保育に警告を出し、教育の見直しを進めているのが、教育学者でもなく、保育学者でもなく、経済学者であること、そしてそれを先導しているのがOECDです。2017年8月22日の日本経済新聞朝刊にOECDに関して少し書かれてありました。「経済協力開発機構(OECD)を中心に子育て施設での教育の研究が進められている。子どもは生まれて3年間で言葉や数の概念などを学ぶ。保育所や幼稚園などは子どもの発達に影響を与えることから、子育て施設には教育の質を求める。」私の講演は、その研究の紹介から始めました。そこでは、乳児保育、3歳未満児保育における高い質の重要性が謳われています。

では、具体的に高い質と言われる保育とはどのようなものかという話になります。その保育の内容を検討する前に、OECDが、こんな提案を、「早期幼児教育・保育の改善で、より多くの子供を成功させ社会的流動性を高めることができる」というテーマで『OECD保育白書2017年版(Starting Strong 2017)』の中で主張しています。そこでは、各国は、社会的流動性を高め、あらゆる子供が自分の能力を最大限活かす機会を得られるように、安価で質の高い早期幼児教育・保育(early education and care, ECEC)を提供する取り組みを強化するべきだ」と提案していることを紹介しました。

2017韓国三日目午前” への13件のコメント

  1.  ツアー参加者の方々の熱意に、また、先生のお考え、冒頭文章はとても心打たれるものがありますね。立ち見の方も出た先生の講演、写真からは聴衆の方々の真剣な眼差しを見て取ることができます。
     プレミアムフライデーを例に挙げても思うことですが、経済を中心に日本も物事を推し進めています。それにおいて、「教育の見直しを進めているのが、教育学者でもなく、保育学者でもなく、経済学者であること」そして、3歳までに質の高い保育を行うことが経済にとてつもない利益をもたらすことを、経済最優先の国こそ、最優先すべきであると思うところです。以前先生が仰っていました、プレミアムフライデー、15時に会社を終えて飲みに行く、買い物へ行くのではなく、15時に園がおしまいになって、その時間までにお迎えに来て、家族の時間を大切にするような、そんな社会になることを望みます。

  2. 藤森先生の講演を聞きたいというみなさんの気持ち、分かります。自分が韓国にご一緒させて頂いていたとしてもたぶん、藤森先生の講演を…となっていたと思います。
    〝現在の保育に警告を出し、教育の見直しを進めているのが、教育学者でもなく、保育学者でもなく、経済学者であること〟とありましたが、常々思っていますが、保育というのは全てに、全部につながるものであるということが分かりますね。
    現在の状況を踏まえ、これからどうあるべきか、ということを考えていくのに、分野なんか関係ないのかもしれませんね。

  3. さすが韓国訪問を希望された方々なので、とても熱心ですね。たまにしか来れない韓国での観光よりも藤森先生の講演を優先される気持ちに感動です。そして、講演する先の「ビルは37階建てで、すべてが自社ビルで、色々な事業を展開している財団」ということには衝撃でした。色々な事業とは何なのかがとても気になります。また「現在、幼児教育に各国力を入れるべきだと主張し、現在の保育に警告を出し、教育の見直しを進めているのが、教育学者でもなく、保育学者でもなく、経済学者であること、そしてそれを先導しているのがOECDであること」は、以前の講演で聞かせていただいたことですが、改めて驚きです。経済にまで保育の質が…と驚きましたが、「将来の日本を担う子どもたち」などと言われるように乳幼児教育の質はその土台であることがよく考えればわかります。

  4. 講演に参加したいというみなさんのお気持ち、とても分かるように思います。韓国という異国の地で、先生の話がどのように現地のみなさんに伝わっていくのか肌で感じることができるからなのかもしれませんね。その場の雰囲気、空気感は私には想像することしかできませんが、きっと日本とはまた違ったものになっていたのではないかなと想像しました。まさにエキサイティングな体験ですね!「現在の保育に警告を出し、教育の見直しを進めているのが、教育学者でもなく、保育学者でもなく、経済学者であること、そしてそれを先導しているのがOECDです」というのはとてもインパクトがありますね。経済という視点から教育というものをみてくれたおかげで、説得力があるというのか、根拠があるというのか、教育として行ってきたことをしっかり証明してもらったということも言えるのでしょうか。

  5. 立ち見が出るくらいの参加者に、韓国の保育に対する思いと、これから必要な保育の質とは、という子どもたちへがよりよい育ちのための保育観をもたれているのだと感じ、この保育が必要とされることを日本のなかで広がっていくためになにをすべきかということを考えてしまいます。
    経済協力開発機構(OECD)が”早期幼児教育・保育の改善で、より多くの子供を成功させ社会的流動性を高めることができる”というテーマをあげられていることの社会的流動性という言葉があることが、決まったレールではなく、自ら考え、選択できる、だからこそ、身に付けておくべき力はなんなのか、といっているように考えられました。

  6. 私も今回のツアーに参加したら藤森先生の講演に参加したいと思います。いつも日本で話している事なのかもしれませんが、場所が韓国という事だけで興奮してしまいます。
    社会的流動性を高め、あらゆる子供が自分の能力を最大限活かす機会を得られるように、安価で質の高い早期幼児教育・保育(early education and care, ECEC)を提供する取り組みを強化ということですが、質の高い保育という所がやはり重要ですね。韓国の場合、テレビでも放送されるくらい受験戦争の熱がすごいので、乳幼児の頃から知識を身につけるような事が質の高さと思われている気がします。それは日本でも同様だと思います。そうではなく、藤森先生が言われるように、子どもの発達、個性、それこそ一人一人に合わせた教育が質の高さであり、そういった部分を韓国の視聴者はどう感じたのでしょうか・・・。

  7. いやー、ツアーに参加されている皆様の熱意が伝わってきます。藤森先生の話はもちろん、藤森先生が海外で講演をなさるということにも興味がありそうですね。海外講演を聞けるというのは貴重な体験でありますし、羨ましくも思います。観光ではなくやはり聞きたくなる気持ちがよくわかります。しかしビルの大きさといい、韓国の方々の参加人数に驚きます。内容である「具体的に高い質と言われる保育とはどのようなものかという話」というのは現場にいる人間としては非常に興味がある話です。その前にどんなことが大切なのかとしっかりと根元からお話をしてくださることでやり理解しやすくなるのですね。

  8. 韓国講演に際する出席には、そのようなドラマがあったのですね。みなさんの出席したい気持ちはとても共感できます。また、立ち見ができるほどの盛況さからは、韓国教育の転換期でもあるような気もしました。そして、OECDが提案する「安価で質の高い早期幼児教育・保育」というものが気になりますね。安価で質の高いというのは、非常にくいつきますね。スーパーでそのような張り紙があれば間違いなくすぐ売れるでしょうね。そのような魅力的な政策をどのように展開していくのかは、国の行く末を決める重要な案件であることは伝わってきます。

  9. 海外での講演を頼まれるとは、どんな感じなのでしょうか。私は、同じ職場の方々の前に出て話すのにも苦手意識があるので、全く想像がつきません。人前で話したり、発信することはこれからの自分の課題でもあると思っているので、頑張りたいです。今回の韓国の研修に参加されて方々が、講演を聞きたい!と言ったことが素晴らしいなと感じました。その、熱意や姿勢、見習いたいです。「各国は、社会的流動性を高め、あらゆる子供が自分の能力を最大限活かす機会を得られるように、安価で質の高い早期幼児教育・保育(early education and care, ECEC)を提供する取り組みを強化するべきだ」という内容を紹介したのですね。難しそうな印象ですが、乳幼児教育が重視される今、すべての子どもたちが平等に保育を受けれるような社会を作っていくことが大切だということでしょうか。日本でも、待機児童や、家庭環境により保育を受ける時期というのはバラバラですね。乳幼児教育の必要性を多くの人に理解していただき、すべての子どもたちが質の高い保育を受けられるような社会が実現できたらと思いました。

  10. 講演会場のビルは本当にすごいですね。37階建てでかつ、すべてが自社ビルとあり、本当に様々な事業をやっているんですね。そして、写真にもありますが講演を聞きに来られている園長先生たちの真剣なまなざしは、藤森先生の話を、興味をもって聞いているように思います。脳の拡大のグラフでしょうか。あのグラフを見るたびに、いかに幼児教育が大切なのかを感じます。子供たちの成長がゆくゆくは社会の流れに影響していくんですね。あらゆる子供が自分の能力を最大限活かす機会を得られるように、安価で質の高い早期幼児教育・保育、とあり、まさに得意なことをやったり、自分で選択することとつながるなと感じました。

  11. 韓国での講演お疲れさまでした。OECDが乳幼児教育の重要性を進めているというのは知っていましたが、「早期幼児教育・保育の改善でより多くの子どもを成功させ社会的流動性を高めることができる」というテーマを出しているのは初めて知りました。乳幼児教育はそれほどまでに子どもたちの社会に影響があるのですね。早速調べてみようと思います。しかし、こういった世界の動きをもっと日本は敏感に受けて、現場でも考えていく必要がこれからもっとあるでしょうね。以前調べると日本は子どもの権利条約において3度の勧告を受けているということを知りました。しかしこのことを多くの日本人は知りません。そして、その中心は「意見の表明権」に関わることです。まだまだ、日本はこのことを意識するには至っていないという現状を知りました。ドイツやオランダ、韓国などでも「子どもの権利条約」はよく出てきました。もっと考えることが多いということを海外の保育をみると思うことが多いです。

  12. 藤森先生の本は既に英語版、中国語版そして韓国語版になっています。これだけでもすごいことだと思うのですが、ついに外国でも講演のお声がかかり、実現しました。とても重要なことだと思います。世界には様々な保育メソッドが展開されています。子ども主体から先生主導の保育方法まであります。しかし、これらの方法を裏付ける基本的な考え方が何か、ということはとても大切なことであり、その基本的な考え方が現在はもとより未来を見据えての考えなのかどうかということが特に昨今問われてきているような気がします。「見守る保育」というタイトルで評価されている21世紀型乳幼児教育の提案、しかも藤森メッソドということが大いに評価されてのことでしょう。ソウルの次はシンガポールです。共にアジア圏の都市です。文明の転換期を迎えていると思われる今日この頃、藤森先生の海外講演もこの範疇で考える必要があると個人的に思っています。「見守る保育」を海外に広めるとか、日本の皆さんに気づいてもらう、ということもあり得るとは思いますが、それよりも何よりも人類の生存に関わる発信内容が藤森先生の考えと行動にあるのでしょう。

  13. 先生の韓国の講演を見たいという皆さんの気持ちがよくわかります。一つの歴史的瞬間でもありますからね。選ばれし、園長先生方と助手の皆さんは本当に幸運ですね。「現在、幼児教育に各国力を入れるべきだと主張し、現在の保育に警告を出し、教育の見直しを進めているのが、教育学者でもなく、保育学者でもなく、経済学者であること、そしてそれを先導しているのがOECDです」というのは、少し驚きでもあり、少し悲しいことでもありますね。国のためというのももちろんですが、我々保育に携わる人間が幼児期における教育の大切さをもっと訴えていけるようにしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です