韓国一日目夕方

夕食まで少し時間があったので、ホテルの近くの南大門市場に行ってみました。ここは東大門市場と並ぶソウル二大市場の一つです。通訳の方に、二つの市場の韓国語の覚え方を教わりました。だじゃれですが。南大門はナムデムンといい、東大門はトンデムンと言うそうです。覚え方は、「なんでもない」と「とんでもない」だそうです。南大門市場にいたのですが、まあ、すごい熱気というか、庶民が買い物、観光客が買い物でごった返しています。かなり安いものもあるのですが、どれがコピーかわかりませんので、買うのをためらいます。しかし、ここはかなり歴史が古く、市場にある新世界百貨店本店は、韓国が日本の統治下に合ったときには、三越百貨店(京城三越)だったそうです。

そこを通り抜けて、3人になってどこか近くに行くところがないかと地図を見たら、ソウル駅があることに気づきました。毎年ミュンヘンに行くと、ミュンヘン駅に行きます。韓国の駅はどのようだろうかと興味が湧きました。道に迷い、遠回りをしていると、向こうに歴史のある建物が見えてきました。きっとそこだろうと向かったのです。そこは、ソウル駅ではなく、博物館でした。しかし、案内板を読んでみると、旧ソウル駅だということがわかりました。もともとは、1900年7月8日に京仁鉄道合資会社の「南大門駅」として開業した駅でした。その外観は、何となく東京駅に似ていますが、その設計士については、色々な説があり、はっきりしていないそうです。しかし、このレン場造りの建物は、1923年1月1日に「京城駅」と改称され、1925年、赤レンガの駅舎が竣工したそうです。

現在のソウル駅は、この旧駅舎の並びに、ガラス貼りの近代的な建物になっています。2004年1月に新駅舎が完成しています。ミュンヘン駅と違って、このソウル駅は、終着駅ではなく、乗換駅です。この駅の特徴として、駅構内に、「ソウル駅都心空港ターミナル」があることです。ここは、仁川国際空港での搭乗手続きを帰国当日に、空港まで行かずともソウル市内で事前に済ませられるサービス施設です。

また、駅舎には、「ロッテマート」をはじめとして、様々なショッピングができる店が並び、2013年には、「ロッテアウトレット」もオープンしています。

ホームは1~12番まであり、1~8番までがKTX・鉄道用のホームで、9~12番が地下鉄路線だそうです。チケット売場は、正面入口を入ってすぐ左手にありました。この売り場は、1番はお年寄り・障害者優先窓口です。

ここを見た後、南大門に行ってみました。この名前は通称で、正式には、「崇礼門」と言い、1398年に城郭の正門として建立されたそうです。近くまでは無料で行けますので、よく見ることができます。花崗岩で造られた土台の上に木造の二重楼閣が建てられており、ソウルにある木造建築の中では韓国最古のものだそうです。しかし、2008年2月、放火により全焼してしまい、2013年4月まで復元工事が行なわれています。

そして、急いでホテルに戻り、夕食です。韓国一の繁華街である明洞のなかにある店に行きました。この店の売りは、焼き肉ですが、後日焼き肉は堪能するそうで、今回は違うものをそれぞれ注文しました。メニューを見ると、意外と安いものが多くあります。ちなみに、1000ウオンは、だいたい100円です。その中で、私は「カルビタン」を注文しました。タンとは、舌ではなく、湯と書いてスープのことです。

韓国一日目夕方” への13件のコメント

  1. 写真を見ると、とても天気が良さそうでいいですね!隣りの国とっていっても私自身、韓国については知らないことばかりだなと改めて感じました。ソウル駅の旧駅舎は確かに東京駅に似ていますね。そして、現在の駅舎はというととても近代的と言いますか、最先端というのかインパクトのある駅だなと感じさせられます。2004年というとそんなに最近でもないのに、ここまでのインパクトがあるものが作られていたのかと思うと、現在の技術やセンスだとどんな物ができるのかなとも思ったりしました。そして、韓国といえばロッテになるのですね。私なんかはついつい千葉ロッテマリーンズが浮かんできますが、このように私たちの生活の中にも自然と外国の企業が入っていたり、日本の企業も外国へと進出しているのかなと感じました。

  2. 自分は田舎者なので、唯一韓国に行った時に、繁華街での人の多さと、なんてしゃべっているのか分からないので、しゃべりかけてくる人をなんとなく避けていたのを思い出します。
    昔のソウル駅は東京駅に似ていますね。誰が設計したのか分からないというところに歴史を感じるものがあります。
    新しい駅は見た目のインパクトがあるものですね。一見、「これが駅?」と思っちゃいそうな建物であるように感じました。

  3.  「旧ソウル駅」昔の建築物特有の迫力の中にどこか情緒があり、温かみを感じさせます。確かに東京駅に似ていますね。近代的なものにも心惹かれますが、そうでないものにも、やはり心動くことは多いですね。先日、ある旅行記者が「昔ながらの佇まいや建物の外観はそのままに、その建物の中に近代的な設備が含まれていることが良い旅館の条件」という内容の話をしていました。例えば古民家であってトイレがウォシュレットであるとか、そういった内容設備に近代的な要素が盛り込まれている、というような例を指すのだそうです。過去と現在が同居する、そんな街づくりをそのようなスタイルで経営をし、繁盛をしている旅館に見た思いがしました。

  4. 旧ソウル駅の博物館ですが、レンガやドーム型など、本当に東京駅かと思いました。ソウルもレンガとの関わりが深いのでしょうか。また、障害者や高齢者優先のチケット券売機なども日本でも見た事がありません。韓国の市場というものも、どのような活気なのでしょうか。商品も安いということで、各々の財布の紐も緩く、それが活気となって表れているのでしょうか。以前、韓国のレストランでの話を聞かせてもらい、お皿を空にしてしまうと次々に品が出てくると知りました。なんとなく、良い意味でのお節介文化が色濃く残っている印象があります。

  5. 南大門を「なんでもない」で東大門を「とんでもない」とダジャレで覚えさせてくれるのはとてもユニークで面白いですね。南と北か、東と西なら覚えやすいのになと一度だけ韓国に行ったときに思ったことを思い出しました。私が行ったときは電車を一度も使わなかったので、ソウル駅と旧ソウル駅は初めて写真を通して見れました。また「旧ソウル駅」は本当に東京駅に似ているなと感じました。食では苦い経験があります。韓国では少し残すことがご馳走さまの形であることを知らなかったので、焼肉屋さんで出されたものを食べきらないとと躍起になって食べていたら、ものすごい料金になっていたことがありました。韓国の食文化を知れた良い機会ではありましたが、さすがに堪えました。このお店はリーズナブルで良いですし、焼肉屋さんで焼肉を食べないというのも、後日の焼肉がより楽しみになるような気がします。やはり韓国では食の楽しみは外せませんね。

  6. 旧ソウル駅は、レンガ造りであり、歴史あるたてものであることを感じさせられます。それを残すという意味で、博物館なんだと思います。そして、今のソウル駅は近代的ですね。ドイツの報告であったミュウヘン駅を思い出します。考えてみると、このような社会へと変わっていっていると言うことが、世界に目を向けていることがわかりますね。韓国という国は、よくブランドの偽物があるとか免税店が有名だと聞きますが、街並みをみることはとても興味深いものがあります。

  7. 天気が良さそうで何よりですね。旧ソウル駅は確かに東京駅にどことなく似ていますね。設計士が不明ということでうが、もしかしたら東京駅を設計した人と繋がりがあるかもしれませんね。そして現在のソウル駅は対照的な近代的なデザインですね。ホームの写真はどことなくミュンヘン駅に似ているというか、外国のホームはスタンダードなのかもしれませんね。そう言えば南大門が全焼したというニュースは覚えています。国が違っても、聞いた瞬間とてもショックでした・・・。工事で復元したとは言え、韓国最古の木造建築の風合いは取り戻すことはできないでしょうね・・・。

  8. 南大門と東大門の覚え方は非常にわかりやすいですね!ダジャレとはいえスッと頭に入ってきました。鉄板のダジャレのような気もしますね。「道に迷い、遠回りをしていると、向こうに歴史のある建物が見えてきました」とあります。ブラ平司でもそうですが、藤森先生の行く先には必ず珍しい物や歴史ある物など興味をひく物に行き着きます。こうした引き寄せられるような力というのでしょうか。出会うべくして全ての物に出会っているのだろうないつも思います。話はズレますが、それがブラ平司の魅力の1つでもあると勝手に思っています。

  9. 韓国で地図を見ながら、歩き回ったりするのは楽しそうです。なんだか、初めて東京に出てきた時のことを思い出します。旧ソウル駅は、本当に東京駅にそっくりですね。そして、韓国最古の木造建築物である「崇礼門」も聞いたことがなかったので、行ってみたいと感じました。日本の歴史もあまり知りませんが、先生に教えてもらいながら東京の街を散歩するのはとても面白く歴史にも興味が沸きます。韓国や他の国々にも歴史があるので、そうした歴史にも触れる機会があればなと思います。

  10. 韓国の駅はどのようだろうかと興味が湧き、そこに足を向ける行動力、すごいと思います。道に迷いながら、遠回りをしながらとあり、地図や携帯を使わずに行かれたのだろうなと思います。慣れない土地で、本当にすごいなと感じました。直感力というものとつながるんだろうなと感じます。そして、たどり着いた先が博物館だったんですね。赤レンガの建物で、本当に東京駅によく似ていますね。レトロでとっても綺麗です。
    最後に書いてあります、韓国の焼肉、とっても美味しそうです。辛味が効いているんでしょうか。ビールにとってもあいそうですね。そして、意外と安いものが多いんですね。日本とそんなに離れていない土地ですし、一度はプライベートでも行ってみたいです。

  11. 韓国にいって一番驚いたのは「ロッテ」でした。日本の企業でありますが、韓国でも大手で日本でも売っているお菓子などが韓国でも買えるとあって、その企業の規模の大きさや影響力に驚きました。また、韓国の歴史的な建造物も面白いですね。やはり同じアジアということで似ているような作りであったり、どこか沖縄の城と似ているような外観で韓国の町中にも大きく建物があるというのを覚えています。旧ソウル駅は韓国も昔は日本の統治国であったのだなと感じるものですね。現在でも慰安婦問題で日本と韓国は問題を抱えていますが、早く解決できたらいいのにと思ってしまいます。そんななか日本の保育方法を韓国で講演できるというのはとてもすごいことですね。こういった歴史的なものだけではなく、子どもの育ちなどを通じて、各国で意見交換や考えを共有するというのはとてもいい子ですね。このようなことを通して、国同士の国民同士が仲良くなることがもしかしたら政治的なものまで変える原動力になるのかもしれません。

  12. 昨年訪れたうち1度目は仁川空港から特急列車でソウル駅まで。初めての韓国で兎に角ホテルを目指して頑張っていて、鉄オタの端くれにいるものとしては実に恥ずかしながら駅舎観察を怠ったことを大いに悔やんでおりました。今回紹介されている旧ソウル駅舎は外観を拝見しました。私はてっきり辰野金吾博士による設計だろうと思っておりましたが「設計士については、色々な説があり、はっきりしていないそうです」と確かに説明を受けた記憶があります。ともかく、今回の報告でソウル駅情報を頂き感謝します。それから「なんでもない」南大門は何度となくその付近をタクシーで通りましたね。同行の金さんによると、ナンデモ、誰かが焚火か何かをして火災となったとか・・・。金さん、管理者について「国宝を燃やすなどとはA級戦犯ものだ!」と本気で怒っておりました。いや、それ以上に再建された南大門の作りに怒りを露わにしておりました。南大門ときくとそのことを思い出します。

  13. 「覚え方は、「なんでもない」と「とんでもない」だそうです」という所に楽しそうな通訳さんだったんだろうなと感じます。旧ソウル駅の外観は本当に東京駅に似ていますね。「その設計士については、色々な説があり」ということで自分でも少し調べてみましたが、調べれば調べるほどそっくりですね。「自由の女神」のように同じものでもいいような気もしますが、、。「カルビタン」も、思わず勘違いしてしまいそうな名前ですね。韓国=焼き肉と思ってるだけになおですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です