今日から韓国

昨日から韓国の保育事情の視察と、韓国の園長先生向けの講演で韓国に来ています。韓国の保育事情については昨年の韓国報告で行ないましたので、今回は、ドイツ同様、旅行記の色彩を帯びた報告を行ないます。乳児研究に関しては、少しお休みです。

金浦空港

韓国へは、お隣の国ということもあって、日本各地の空港から韓国便が出ています。そこで、このツアーの参加者23名は、それぞれの空港から出発して、韓国で落ち合います。しかも、その便は、韓国の空港である仁川空港と金浦空港の二カ所に着陸します。その意味では、ドイツと違ったドキドキ感があります。今回は、羽田発、金浦空港着(飛行時間が2時間20分)が14名、関空発、仁川空港着(1時間50分)は、時間がずれてそれぞれ1名、福岡空港発、仁川空港着(1時間25分)が5名、仙台発、仁川着(2時間30分)が2名です。

私は、昨年成田発仁川空港着でしたが、今回は羽田発金浦空港着です。韓国へは今回で3度目ですが、金浦空港は初めてです。仁川と金浦の違いは、日本の羽田と成田の違いに似ていて、基本的には、仁川空港は、中心部から少し遠い国際空港で、金浦空港は、中心部に近い国内空港ですが、羽田発の何便かは、金浦空港を使用します。

仁川空港

また、使用航空会社は、申し込みの時期が何人かギリギリになってしまったので、アシアナ航空と大韓航空とANAと三社に分かれました。

アシアナ航空

私たちの便は、羽田9時発ですが、国際線のため、飛行時間は国内線とさほど変わりませんが、機内サービスがずいぶんと違います。まず、機内で配られる飲み物ですが、エコノミークラスでしたが、試しにジンジャエールを注文してみたところ、ちゃんと奥から取り寄せて提供してくれました。今回、一緒に行く西村君はスプライトを頼みましたが、ほかにもずいぶんと色々と用意されているようでした。

ジンジャエール

また、機内ではさまざまな映像サービスがあり、映画のラインアップも多くありました。私は、昨年の経験からフライト時間と放映時間がギリギリのスパイダーマン-ホームカミングを見たのですが、途中、機内アナウンスだけでなく、機内販売のコマーシャルもはいったため、最後のシーンはきわどいところ観ることができませんでした。機内映画

あと、国際線だということで昨年焦ったのが、機内食が出ることです。水平飛行になった10時頃に食事が提供されます。それが、かなり重いものです。今回もすき焼き風煮込み、ご飯、パン、ヨーグルト、フルーツでした。これは、何食だろうと思うほど中途半端な時間に、かなりの量が提供されるので、面食らいます。

機内食

今回、日本には台風が来ているのでかなり途中揺れましたが、無事に韓国に参加者みな到着しました。韓国の昼間は、日本と違ってかなり暖かく、少し汗ばむほどです。しかし、朝晩はかなり冷え込むそうです。そしてホテルまでバスで移動です。

韓国のホテルは、私たちの宿泊したホテルはそれほど豪華ではありませんが、まずネット環境が素晴らしく、部屋のTVも、BSプレミアム、BSTBS、BSフジ、BS朝日など日本の番組が入ります。

BSプレミアム

ホテルに着いてから夕食までの時間、少し間があったので、南大門市場からソウル駅まで散歩したので、それについてと夕食の報告は明日します。

今日から韓国” への13件のコメント

  1.  韓国視察と講演、本当にお疲れさまです。韓国報告、とても楽しみにしていました。映画は残念でしたね。しかし、読み進めながら何ともウキウキするような文面で、臨場感というのでしょうか、伝わってくるような思いがします。機内食も炭水化物の合わせ技といった感じで、いくら西村先生でも、と思うところなのですが、やはり全部食べられたのでしょうか、気になるところです。
     ネット環境が整備されていると、どこか安心します。場所は違えど、繋がっているということを感じるからでしょうか。情報化社会にしっかりと生きていることを実感します。韓国での食事がやはり気になります。あまり辛いものばかりが続かないことを日本から願っています。

  2. 韓国の視察、公演、お疲れさまです。国をまたいで同じ保育が広まっていくことは、すばらしいことだと改めて感じます。機内食すごい量ですね。ガッツリなご飯です。
    韓国には、釜山にはいきましたが、改めて韓国という国をブログを通して知れたらと思います。韓国といえば、ヌリ課程を思い出します。

  3. 今回からの韓国視察報告が「ドイツ同様、旅行記の色彩を帯びた報告」とあり、保育と旅行記のダブルで楽しみがあると思うと今から今後の報告もとても楽しみになります。私自身、韓国は学生のときに1度だけ行ったことがありますが、もうほとんど覚えていません。また、仁川空港はその際に利用したので覚えていたのですが、「金浦空港」もあり、日本の羽田空港のようなものがあることは初めて知りました。映画時間の問題は韓国に行ってきた人の話から毎回耳にすることです。1番短い映画を選んでも見きれなかったと嘆いていた話を思い出しました。次回は南大門市場からソウル駅までの散歩と夕食ということで、写真などから自分が行ったときの記憶が蘇るのではないかという期待と、今後行く機会があった際に参考にさせていただきたいという2つの楽しみがあり、ワクワクしています。

  4. やっと韓国報告に入ることができました。今回の報告は旅行記のような部分もあるということで楽しみです。
    韓国には行ったことがありますが、飛行機では行ったことがありません。そして、韓国以外の海外に行ったことがありませんので、機内食や映画を見ることを飛行機の中で楽しんだことはありませんので、自分にとっては新鮮な情報です。機内食は味が濃い目だとテレビからの情報でありましたが、ご飯もパンも出てくるというのには驚きますね。
    それから、韓国でも日本のBSが観れるということに韓国との近さを感じます。日本人なら韓国ではホームシックになることはないかもしれませんね。

  5. 韓国報告!!楽しみに読ませていただきます。海外といっても韓国には2時間ほどで行けてしまうのですね。なんだか不思議な感覚です。そして、機内食、なかなかの量ですね。ご飯があるのに、横にパンらしきものも見えます。ちょっと私は食べれそうにありません笑。また、日中は日本とは違い暖かいというのも驚きました。韓国といえば寒いというイメージが強かったのですが、今の時期の日中はそうでもないのですね。ネット環境が整っているというのも韓国らしいですね。そして、まさか日本のテレビまで見れるとは!番組も再放送とかではなく、日本でやっているものがそのまま見れるということになるのでしょうか。なんだかすごいですね。

  6. 部屋のTV番組に、日本の番組が入るというのはすごいですね。海外に行くと、すべて現地のTVである印象がありますが、これこそ隣の国という利点なのか、観光客の多さなのかなど、様々なことを思い浮かべますね。また、主要都市だけでなく、韓国へは様々な地方空港からでもアクセスがあり、非常に身近に感じることができる国の一つである印象もあります。そして、10時の機内食のボリュームなど、不思議な点もあって面白いですね。それも、海外の醍醐味なのでしょうか。

  7. とうとう、藤森先生が外国で講演される時がきたのですね・・・とても興奮します。自分たちが実践している保育理念が日本を飛び越え、海外に進出していると思うと、より日々の保育を大切にしていく必要があると身が引き締まります。
    さて韓国ということですが、印象としては、やはり辛い食べ物の多さです。キムチはもちろんトッポギでしょうか。日本と少ししか離れていないのに、食事も文化もかなり違う事に驚きます。今回は旅行記という事で、一味違った報告がとても楽しみです。

  8. 「仁川と金浦の違いは、日本の羽田と成田の違いに似ていて、基本的には、仁川空港は、中心部から少し遠い国際空港で、金浦空港は、中心部に近い国内空港です」とあり、韓国の空港事情は知っておきたい事柄になります。またそれぞれの出発する場所が違い、現地集合というのは新しくドキドキなされたことがよくわかります。違った楽しみがそこにはありそうですね。そしてホテルのBSプレミアムはさすが韓国といった感じですね。国外とはいえ少し近いというのもあるのですかね。細かい韓国の情報が聞け、リアルタイムのような感覚になりますね。これから韓国報告楽しみたいと思います。

  9. 今回は韓国視察でしたが、視察や講演でたくさんの国に行かれていることがすごいなと思います。私はまだ、海外へ行ったことがないのでとても憧れがあり、今回の報告も楽しみです。さっそく、国際線について書かれていましたが、国内線との違いに驚きました。映画を見ることができたり、食事が提供されたりするのですね。いつになるかはわかりませんが、国際線の飛行機に乗るのが楽しみです。そして、日本語の通用しない地域に行くのは不安ですが、そういった感じを味わってみたいと感じました。

  10. 海外に行くと、いつもと違った考え、ものの見方などができとても楽しいです。同時言葉の壁を感じ、ちゃんと帰国できるかななど、ドキドキもあります。入国では2つの空港に分かれて、着陸して集合されたとあります。行って早々、ちゃんと合流できるかなと不安になったのではないでしょうか。
    写真にもありますが、機内食で、パン&ご飯、しかも、結構な量で、これにはちょっと笑ってしまいました。これから、どんな報告があるのか楽しみです。ドイツ同様、韓国の雰囲気を少しでも感じれたらと思います。

  11. 今年も韓国視察だったのですね。しかも、韓国の園長先生向けに講演まであると、見守る保育が世界でも広がりをみせているということをヒシヒシと感じます。さて、私は昨年参加させていただきましたが、確かに機内食には驚きました。まさかと思っていたのが出てきたのを覚えています。海外とはいえ、国内とそれほど変わらない時間しか飛行機に乗らないので、不思議な感覚になるのも韓国など近隣諸国ならではですね。特に日本は島国なので余計にそう思います。

  12. さて、いよいよ韓国報告にコメントを入れさせて頂くところまで来ました。私は昨年2度韓国を訪れました。1度目は視察研修準備のため、そして2度目は第1回目の韓国視察ツアーのメンバーとして。韓国は昨年の訪問が初めてでした。「近くて遠い国」韓国。私は2度とも羽田からでしたが1度目は大韓航空で仁川空港へ、2度目はアシアナ航空で金浦空港へ、だったかな。2時間ほどのフライトだったのであっという間でしたね。それにしても紹介された機内食は豪華ですね。ホント、何食?という感じです。映画も2時間では間に合わないですね。私は何をしていたか?おそらく、どこの上空を飛んでいるのか、どのルートでインチョンやキンポに降り立つのか、そんなことやらなにやら考えたり窓の外を眺めてみたりしていたような。それはともかく、これからの韓国報告、じっくりと読ませて頂きます。楽しみです。

  13. おそばせながら韓国報告のコメントを書かせていただきます。韓国と言えば一度だけ先生と楽しい旅行させていただきましたが、今回はどんな保育の話を学べるのか楽しみです。新作映画がそろい楽しみな映画ですが、フライト時間と放映時間がぎりぎりの映画選択は悩まされますね。近年、日本でもBSの番組が自由度が高く様々なことに挑戦していますが、こうして海外でも見ることができるという意味で考えると地上波よりも世界に発信する力は強いのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です