講演のあと

講演のあと、ハンソル財団の役員の方々と昼食を頂きました。このハンソル財団ビルの中には、レストラン街もあるらしく、その中の食堂で、「韓定食」を頂きました。韓国料理と言えば、辛いというイメージがあります。私は辛いものが苦手で、今回の韓国でもできるだけ辛くないものを食べていたのですが、接待の料理となると食べないわけはいかないだろうと覚悟していたところ、韓料理は、辛くない韓国料理だそうです。それは、この料理は、朝鮮半島に唐辛子が伝わる前とされる朝鮮王朝時代に王が食べていた宮廷料理のことで、医食同源や五味五色の思想から、体によく彩り豊かな料理です。海外ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」にも登場していたそうです。

五味五色の思想とは、陰陽五行説に基き、五味五色(塩味、甘味、酸味、苦味と赤、黄、白、黒、緑)の料理のことだそうです。しかし、食べるときには、先方から、今日の料理は「“かんていしょく”です。」と言われ、「官邸の料理で、高級かな?高級なのであまり辛くないのかな?」と思っただけでしたが、後で調べたら五味五色と書かれてあり、料理を写真に撮って色を吟味したり、よく味わったりすれば良かったと後悔しました。

五味というと、日本人特有の五つの味覚と言われています。甘味・酸味・塩味・苦味・旨味です。特に、旨みは日本独特です。しかし、実は日本独特というわけではなく、中国では、五味を五行に対応させる陰陽五行説があります。そこでは、甘味が木、辛味が火 苦味が土 塩味(鹹)が金 酸味が水に対応します。

また、五色というのも、日本料理の盛りつけの基本とされている赤・黄・藍・白・黒があります。しかし、中国でも色について、五色がありますし、季節や人生を色に名付けています。2011年1月23日のブログに「人生色」ということで、そのことが書かれてあります。「中国古来の思想では、季節に色を与えてきました。春は青、夏は朱、秋は白、冬は玄です。したがって人生を春夏秋冬の四季になぞらえ、青春、朱夏、白秋、玄冬と呼ぶそうです。」この人生を色で表す言い方は、味だけでなく、中国の陰陽五行説に由来しています。

その日の夕方、ドイツでおなじみのホテルでの振り返り研修をやりました。16時から18時まで、ホテルの会議室を借りて、これまでの見学の振り返りをします。今回、韓国ではこの研修が二晩予定されています。

人は、同じものを見ても、同じところを見ていないことが多くあります。また、気がつくところ、気になるところもずいぶんと人によって違います。そんなことをこの夜の研修では気がつきます。見学先には、それぞれ分担してお土産を持っていきます。そのお土産を渡した人が、その園の環境を撮った写真を、どんな観点からその写真を撮ったかを説明しながら皆に夜の研修会で、プロジェクターで見せます。また、それが何かわからない写真については、他の人が聞いた話をします。そうやって、見学先の環境を共有していくのです。それを見るたびに、私は「えっ?こんなところあったっけ?」と思うことがしばしばです。また、同じところを見ても、「えっ?そんなことに使うんだ!」と思っていたのと違うこともしばしば。よくドイツでは、「子どもに関する記録は、人の見方は偏ってしまう可能性があり、それを子どもが知ったら、大人になってもトラウマになってしまうことがあるので、一切しません。」というのを聞いたことがあります。

講演のあと” への13件のコメント

  1.  「韓定食」インターネットで画像検索しましたが、定食という枠を超えた何とも見栄えのある料理ですね。ルーツを辿ると古代中国に行き着くことを知り、その文明の高さを改めて感じます。
     「ホテルでの振り返り研修」とても成果ある充実した時間がこの研修によって展開されることをいつも感じます。それぞれの視点、観点によって同じものでも再確認、再認識をするという体験はとても貴重なものですね。多様性という言葉が、世間でも大きく取り沙汰されているようですが、まさにそれを直に感じる機会となることでしょう。何が正しい、ではない、もう一歩先の時代を生きているように思えてきます。

  2. 本来の韓国料理というのは、医食同源や五味五色の思想からきているものだったのですね。私も韓国料理と言われるとついつい焼肉のようなものを思い浮かべてしまいますが、そうではないのですね。そして、五味五色という考え方は知りませんでした。五味は甘味・酸味・塩味・苦味・旨味に分けられるのですね。このことを日本食などを食べる時に少し意識して見ると、出される料理の印象というか、それを作った人の思いに少しは気づくことができるのかなとも思ったりしました。また、研修の後の振り返りの時間はいいですね。私はあの時間がとても好きです。なんだかいい感じの雰囲気が漂っている感じがします。『同じところを見ても、「えっ?そんなことに使うんだ!」と思っていたのと違うこともしばしば』と藤森先生も言われていましたが、同じ場所を見学しているはずだったのに、他の方の写真を見ることで「そんな環境あったんだ」と思うことは本当に多いです。いろいろな視点で見ることの大切さを教えてもらえるようであります。

  3. 自分も辛いものが苦手で、韓国料理はあまり好きではありませんが「韓定食」というものを初めて知り、辛くない韓国料理があることを知ることができました。五味五色の中の「旨味」はたしか、
    、日本人が発見したとコマーシャルでいっていたので、日本特有のものとばかり思っていましたが、そうではないんですね。
    〝ホテルでの振り返り研修〟はとても意味のある楽しい時間となっているんですね。たしかに、同じものをみても感じ方や視点、捉え方などその人によって違いがあり、その違いを知るのと、自分だけの視点からのものしか知らないのとでは、より学びとなる方がどちらかは明確です。〝見学先の環境を共有していく〟ことで多様性の大切さと楽しさを感じられる時間であるということなんですね。

  4. 「韓定食」初めて知りました。韓国の料理はどうしても「辛さ」が先行するので、私も最初辛そうと思いましたが、違うのですね。「陰陽五行説」は何かで聞いたことがあります。その何かが思い出せないのですが… そして、やはり韓国も日本同様に食の歴史が深そうですね。近くに韓国料理を多くたしなめる新大久保があるので、少し歴史的なところをかじって、今度食べに行きたいなと思いました。
    自分だけの視点では行き届かないところや、行き届いても興味などが及ばずで深くいけないところも、他者視点の気付きから得られるなど、夜の振り返り研修での学びや気付きは本当に大きいものがありますね。ドイツのときを思い出して、また無性に行きたくなりました。

  5. 確かに韓国料理といえば、辛さがイメージできますが、韓料理と言うものは、はじめて耳にし、”医食同源や五味五色の思想から、体によく彩り豊かな料理”なのですね。世間では辛さが国のイメージとしと際立っていますが、韓料理の方が歴史を刻んできたルーツなのでしょうね。
    振り返りというのは、いつなんどきでも必要なことであることを感じます。振り返りを多様な観点を持つひと、日本であれ、地域が違うだけで、生きてきた過程が違う、そのなかで感じたものを自身の観点として相手と共有し、さらに新たな発見を互いにできるといった、ひとつのものを皆で見るといったところに子どもに必要な多様な存在ということを類似して考えています。

  6. 「韓定食」確かに場所が韓国だけあって、辛い料理が出てくると思ってしまいますね。しかし実際は日本の懐石料理みたいに、見た目も味も「五味五色」と書かれてあるように、華やかな感じをイメージできます。どうしても韓国=辛いものという刷り込みがあるのか、「韓定食」という存在を知ることができ、また一つ刷り込みが無くなりました。
    夜は恒例の研修ということですが、確かにドイツ研修に参加し、参加者発表を聞いたときに自分では撮らない場所、気づかなかった場所があり、とても勉強になった印象です。最後に書かれてある「ドイツでは子どもの記録に関して一切しない」というのは驚きます。確かに見方によっては偏ってしまいますし、それを子どもが知ったらショックになる可能性もありますね。とはいえ書類大国日本で無くすのは難しいと思います・・・だからこそ複数で見て、色々な角度から子どもをみて、偏りをなくすことが大切だと改めて思いました。

  7. 韓定食を検索して画像を見てみると、美味しそうな小鉢がたくさん並んでいて、バイキングのよう多くの品をちょこっとずつ食べることができる贅沢な食事である印象を持ちました。また、5つの色や味覚など、日本と中国との深いつながりも感じることができました。そして、陰陽五行説といのも、一瞬日本の曜日のようで、そこもまた関連しているのかなとも思いました。以前「陰陽鍋」というものをご馳走して頂いたことがありました。食材にも陰と陽があるのですね。

  8. 韓定食というのは品数も多く、色とりどりな印象を受けました。「中国でも色について、五色がありますし、季節や人生を色に名付けています。」とあり以前のブログを読ませてもらうと様々な意味がそこからきていることがわかります。身近なものでいうと曜日もそうなのですね。人生を四季で例えるというのもすごいですね。「陰陽五行説」というのがいかに日本にも根付いているということが理解できます。

  9. 五味五色の話が、あまり知らなかったので面白く感じました。毎回、先生のブログに知らない単語やワードが出てくるので、自分の無知さを感じます。何も知らずに東京に出てきたので、逆に新しいものに出会うことが多く楽しいです(笑)振り返り研修について書かれていましたが、とても面白そうだなと感じました。見学に行ったときに、隅々まで見て、勉強しようと張り切っても、他の人の発見にそんな所あったかな?と思ってしまうことが度々です。振り返り研修をすることで、より学びを深めることができますね。一度、経験してみたいなと感じました。

  10. 人は、同じものを見ても、同じところを見ていないことが多くあります、という文章が印象に残りました。気づくところ、気になるところも人によって違いますね。藤森先生がありのままでいいとおっしゃっていたところとつながるなと感じます。他者の考えを聞いたり見たりして、自分の成長につながり、考えの幅が増えていくのでしょうね。
    ドイツでは、「子どもに関する記録は、人の見方は偏ってしまう可能性があり、それを子どもが知ったら、大人になってもトラウマになってしまうことがあるので、一切しません。」とありますが、日本とは違いますね。確かに大人の刷り込みは考えを停止してしまいますし、子どものことをちゃんと見ることは難しくなりますね。多角的な視点でもの事をみることの大切さを改めて感じました。頭でっかちではだめですね。

  11. 振り返り研修はとても勉強になりますね。ドイツでの「子どもに関する記録は、人の見方は偏ってしまう可能性があり、それを子どもが知ったら、大人になってもトラウマになってしまうことがあるので、一切しません」というのを聞くとやはり複数の大人で見るチーム保育や見方を共有すること、関わりを調整していくことがいかに大切なことなのかということを感じます。チーム保育でも情報を共有するということができても、調整がうまくできず結果として偏ってしまっていることもあります。こういったときに人のコミュニケーション能力というものが試されているのではないかと思います。自分自身もまだまだそういったことがうまくできないことが多いです。つい偏った見方をしてしまい反省することばかりであるということをブログを読んでいて感じました。

  12. 「かんていしょく」を「官邸食」と間違われたのもさもありなん、ですね。なにせ青瓦台のオリニジップを訪問したわけですから。しかし実際は「韓定食」で唐辛子が渡る以前の同国宮廷料理。医食同源を体とし陰陽五行説に基づいた五味五色料理。これは最高のおもてなしだったでしょう。お味はいかがでしたか?マシッソヨ?さて、夜の研修、今年はお部屋を確保してじっくりと実施できたようでよかったですね。藤森先生企画ツアーの特色がその日の研修を振り返る夕方ミーティングですね。他のツアーがなかなか真似できない企画です。研修に行くのだから、そこは主旨通りに一日を企画する。とても重要なことだと思います。保育に対する発想も、研修ツアーに対する発想も同じですね。このこともしっかりと理解していなければなりません。一昨年のドイツツアーで私も初めて経験しましたが、自分が気づかなかったことに気づけるよい機会でした。研修が何倍もためになりましたね。

  13. 「韓定食」なるものがあるのですね。韓国料理というと、何となく辛いというイメージがありますね。五味五色についても初めて聞きましたが、日本でも五つの味覚とあるように、人間にとって「5」という数字はかかわりの深く何となく、イメージしやすいものでもあるのでしょうね。ふいに、子どもたちの永遠のヒーローのゴレンジャー系を思い出してしまいました。ホテルでの振り返り研修もいいですね。自分一人ではなく、その思いが熱いうちに皆で振り返ることができる機会があるというのは本当に良いことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です