コントロールを楽にする方法

 ミシェルは、自制に関する実行プランが目標として掲げる振る舞いは、練習を重ねれば、その振る舞いを促す状況的なキューに遭遇したときには、自動的に実行されるようになると言います。その見解は、多くの人が救われると思います。人類は、長い間、誘惑からどのように遠ざけるかが課題でした。多くの神話や伝説には、それが多く描かれています。それは、もはや、人類の宿命ではないかと思われるほどです。最近、次々と報じられる不倫問題でも、幸せな家庭を持ち、いとおしい子どもがいても、その誘惑には負けてしまうことがあることを思い知らされます。また、喫煙や、病気に時の治療においても、なかなか誘惑に勝てない人が多くいます。しかし、人は、決してそれらの誘惑を遠ざけなければなりません。

 それほど、重大なことではなくても、日常、さまざまな誘惑が襲ってきます。ミシェルは、こんな例を出しています。「時計が午後5時を指したら教科書を読む。」「クリスマスの翌日からレポートを書き始める。」「デザートのメニューが運ばれてきても、チョコレートケーキは注文しない。」「気をそらすものに出くわしたときには、いつも無視する。」だれもが、「ある!ある!」とつぶやいてしまうでしょう。

 この「イフ・ゼン」実行プランは、「イフ(もし~したら)」が外部の環境にあるとき、たとえば、アラームが鳴ったら、バーに入ったら、などだけでなく、内面的な状態がキューの時、たとえば、なにかがどうしても欲しくなったら、退屈したら、不安になったら、腹が立ったら、などにも有効であると言います。ずいぶん簡単な話に聞こえるかもしれないと彼はことわりながら、事実そうであるといます。実行プランを立てて練習すれば、キューに遭遇したときにはいつも、ホットシステムに望ましい反応を反射的に引き起こさせるようにできると言います。就寝後に歯を磨くのと同じで、時間を経るうちに、新しい連想や習癖が形作られるというのです。

 そのような「イフ・ゼン」プランは、いったん自動化されてしまえば、骨の折れるコントロールを楽にしてくれるのだと言います。ホットシステムをまんまと騙して、無意識のうちに反射的に働かせられるというのです。そうすれば、必要なときにホットシステムが台本に沿って望むどおりのことを、自動的にさせてくれるので、クールシステムは休んでいられます。

 しかし、誘惑に抵抗するためのプランをあらかじめホットシステムに組み込んでおかなければ、そのプランが最も必要とされるときに発動される可能性は低いというのです。なぜなら、ホットな誘惑に直面したときには、情動的興奮とストレスが増し、ホットシステムを加速させて、迅速で自動的な「ゴー!」反応を引き起こし、クールシステムの効果を弱めるからだと考えられているからです。

 メニューにチョコレートのデザートが載っていたり、ビジネス会議のあと、バーで魅力的な同僚に誘われたりしたときのような、ホットな誘惑が現れたときには、しっかり確立した「イフ・ゼン」プランがなければ、自動的な「ゴー!」反応が、勝ちを収める見込みが大きいというのです。しかし、「イフ・ゼン」プランが確立されていれば、驚くほど多様な場面で、さまざまな人々や年齢層でうまく機能し、以前ならとうてい達成不可能と考えていたような難しい目標を効果的に達成する助けになると言います。

コントロールを楽にする方法” への15件のコメント

  1. ちょっと考えただけでも日々の生活の中で様々な誘惑が存在しますね。大きな誘惑もそうですが、小さな誘惑ということを考えると…いや、小さいも大きいもありませんね。そんななかで、「生活の中では、様々な誘惑実行プランを立てて練習すれば、キューに遭遇したときにはいつも、ホットシステムに望ましい反応を反射的に引き起こさせるようにできると言います」という言葉には救われます。あまり考え過ぎずに、「こういう誘惑が湧いてきたらこう!」というようにもう考えにそうするんだと強く決めてしまうくらいの気持ちが必要なのかもしれませんね。そんななかでも『しっかり確立した「イフ・ゼン」』というものも大切になってくるのですね。それは誘惑に打ち勝つ、はっきりとした目標、志といったものに似ているのでしょうか。反応ができてしまえば、あとは自動的に、反射的に働いてくれるとありましたが、そういうシステムを構築できるような意識が大切ですし、それができると子どもたちへも伝わっていくのかもしれませんね。

  2. まぁ、偉そうなことは何も言えませんが、私自身これまで生きてきて様々な経験をしてくると「情動的興奮とストレス」のコントロールが如何に大切か、とてもわかってきます。この「情動的興奮とストレス」はたいていの場合、結果として失敗をもたらします。某有名人の「不倫問題」が世間を騒がせているようです。とても残念なことです。お若い頃から本を出され日本全国から称賛と支援の声が寄せられ、今日に至ったはずです。それでも「幸せな家庭を持ち、いとおしい子どもがいても、その誘惑には負けてしまう」ということになっています。人はどのように育つべきなのか改めて考えさせられました。「イフ・ゼン」トレーニングは殊のほか重要なことのような気がします。常にイフ・ゼン思考トレーニングを行うことで、気が付いたらどんでもないことになっていた、ということを避けたいと思います。わが子始め子どもたちにもイフ・ゼン思考癖を付けられるよう応援していきたいものです。

  3. 自分をコントロールするというのは、簡単のように思えて簡単ではないのですが、それは、日常の様々な誘惑に対しての行動が、自分の意のままになっているかをしっかりと把握しなくてはいけませんし、その行動がホットな事象に対する対応なのか、クールな対応なのか、それとも「イフ・ゼン」プランによる対応なのか等、その都度の理解はしていないと思います。そのようなコントロールを比較的効果的にさせる方法としてある「イフ・ゼン」プランが、「驚くほど多様な場面で、さまざまな人々や年齢層でうまく機能し、以前ならとうてい達成不可能と考えていたような難しい目標を効果的に達成する助けになる」というのであれば、非常に魅力的な方法でありますね。“様々な年齢層”という言葉があったように、年齢によるギャップなどにも臨機応変に対応できる力でもあるのでしょうか。そして、ある目標に対してもそれを叶えるための助けになるのは、自己を高め、奮い立たせる上でも効果的に働いていくということですかね。

  4.  自分の想像力を駆使して、誘惑に勝つ。あらかじめ抗体をつくっておき、ホットなウイルスが出てくる前に、それに備えて対処をしておく、という点、予防注射に似ていると思いました。しかも自分のことなので、大体どんな誘惑に弱いかがよくわかりますね(笑)あらかじめ打っておこうと思います。
     立場でとても色々なことがあると思います。お肉ばかり食べていると体が野菜を必要とするように、何か社会の中にも一定のバランスが働いているように感じられます。好きなものを好きなだけ食べる、その生活で太った体の責任は自分でとる、という、自分で自分の責任をとることのできる時代の中で、「イフ・ゼン」という考え方は、この時代を生き抜く上でとても重要な考え方であると、改めて感じました。

  5. 「イフ・ゼン」プランを自動化することに成功すれば、骨の折れるコントロールを楽にしてくれるのですね。そのためには実行プランを立てて練習することが必要で、そうすることで、キューに遭遇したときにはいつも、ホットシステムに望ましい反応を反射的に引き起こさせるようにできるのですね。「無意識のうちに反射的に働かせる」とあり、そのような反応は、スポーツでは反復練習をして体に覚えさせるなどとよく言いますが、ここでは脳に覚えさせるという感覚でしょうか。「イフ・ゼン」プランが確立されていれば、驚くほど多様な場面で、さまざまな人々や年齢層でうまく機能するともありました。多様なケースにも年齢層にも幅広く機能することは魅力的ですね。「もし~したら」という「イフ・ゼン」プランを今からやってみても多少は効果があるかな?という小さな希望を胸に少し意識してみようと思います。

  6. 〝以前ならとうてい達成不可能と考えていたような難しい目標を効果的に達成する助けになる〟とあり、『イフ・ゼン』プランがとても魅力的なものにみえてきました。
    様々な年齢にも対応できている『イフ・ゼン』プランが自分自身を活性化させ、様々な誘惑に負けない自制心を作ると思うと、自分にそのプランを当てはめて実践してみたくなります。
    『イフ・ゼン』プランが〝いったん自動化されてしまえば、骨の折れるコントロールを楽にしてくれる〟とあり、スポーツでよく言う反復練習のようなものが必要なことが読みとれます。
    脳のトレーニング、いわゆる脳トレをすれば、このような魅力的な方法が手に入るということを知ることができました。

  7. “自動化されてしまえば、骨の折れるコントロールを楽にしてくれる”という表現は、面白さを感じますね。ホットな状態が自動的で反射的に起こるように意図性をもった「イフ・ゼン」プラン、このことがホットとクールのバランスを保つための一つの手段としてあるのですね。私自身も、「イフ・ゼン」プランを生活のなかで使いこなせているかと言えば、誘惑などには、もしこれをやり遂げたら、と考えてしまいますが、それをついつい、また、明日でいいかと、身近な欲求に手を伸ばしてしまいます。私たちの生活には、切っても離せないような誘惑と向かい合っていくのか、手段としてあるものをもし、こうならばと考えることが日常的であることが必要だと思いました。

  8. 「ある!ある!」と同感で日常の中には様々な誘惑がたくさん潜んでいることがわかります。その対応としての「イフ、ゼン」実行プランは自然と自分でしているものもあれば、できていないところも見受けられることが自分でもわかります。そのできていないところに明確な「イフ、ゼン」をすることでホットシステムを無意識のうちにコントロールすることができるようになるのですね。また無意識のうちにコントロールとなるとそれは少し習慣にも似ている気がしました。あらかじめ予防策を立てることと冷静になってこういった人間の構造を理解するだけでもホットな状況になったときに少し効果的であるようにも感じます。しかし、大切なの自分なのは自分の確立された「イフ、ゼン」実行プランを立てることで、それを日々鍛錬にしていくことが大切ですね。またその姿を伝承していくことも大切だと感じました。

  9. 誘惑に負けてしまう、これは私もよくあります。例えば「今日は外を走ろう」と思っても何か面白そうなテレビが入っているとテレビを見てしまったり、ブログのコメントをやろうと思っても睡魔に負けたり・・・。最近はそんな時には「イフゼン」プランのように「もし~したら、そのときには~」と考えるようにしています。仕事でも「もし~したら、そのときには~」という風に問題をあらかじめ考えておいて、それに対しての対応を現場でも考えると思います。おそらく見守る保育を実践すると、自然と「イフゼン」プランが身につくような気がします。子どもと少し距離を置くことで、子ども達の様々な姿をみることができ、色々なパターンを考えることができます。

  10. 保育では、なるべく感情的にならないように気をつけています。それは子どもだけではなく、職員に対してもですが、何か伝えなくてはいけない時にすぐに感情的になるのではなく、一呼吸置くようにしています。イフゼンプランもそうですが、無意識の部分を意識的に動かすことは難しく、普段から自分と向き合っていないとできないのではないかと思います。向き合うという作業はしんどいこともあり、おそらく死ぬまで続くと思いますが、またそれが自分を成長させているのでしょう。

  11. 少しあと伸ばしにしたいことなど、ちょっとしたことを入れると、たった1日でも数々の誘惑がありますね。上手くやり過ごせればいいのですが、どうしても自分に甘くなるときが多々あり、自分には自制心がたらないと反省します。「「イフ・ゼン」プランが確立されていれば、驚くほど多様な場面で、さまざまな人々や年齢層でうまく機能し、以前ならとうてい達成不可能と考えていたような難しい目標を効果的に達成する助けになる」とあり、この「イフ・ゼン」プランを試してみようと思います。

  12. 誘惑に打ち勝つというのは、ここ最近においての私の一番のテーマでもあります。確かにホットな思考や誘惑に対して反射的に「イフ、ゼン」プランが働くことが習慣となり、自動的に作用するのであれば、誘惑に打ち勝つのはどれだけ楽だろうと思います。しかし、その域にたどり着くまでにはやはり相当な繰り返しや積み重ねが必要のようですね。意識して行うことを無意識に行えるようになることは考えている以上に難しく、やろうと思ってすぐに習慣付くものではないでしょうが、意識がけをすることでまずはその一歩をふみだしたいと思います。

  13. 「イフ・ゼン」のプランは初めて聞きましたが、こうした行動は日常的に自然に出ていることもありますね。特に先生に教わった保育園を経営するという面での考え方の中にそのことがあった気がします。例えば、女性関係であったり、保護者との関係であったり、誤解を招く可能性のあることを事前に気を付けることなど、その結果がどうなるかということを知っていれば、常に冷静に行動ができる気がします。もちろん保育という面でもこうした「イフ・ゼン」ということをしっかりと考えて、良い環境を整えていきたいと思います。

  14. 自分自身、誘惑には弱い人間なので「イフゼン」の思考は常に持っておくことを意識することが必要でありますね。そして、それには「実行プランを立てて練習すれば、急に遭遇したときにはいつも、ホットシステムに望ましい反応を反射的に引き起こさせるようにできる」というように練習が必要なのですね。自分自身のクールシステムをコントロールするのは難しいことです。「イフゼン」プランというのは今の日本では確立しやすいものなのでしょうか。「イフ(もし~したら)」という思考はどういった環境の中にあると自然と練習できるものなのでしょうか。これまでもこの糸口となるべき内容が出てきました。子どもたちの生活する環境を作る中でどう捉え、どう作るのか。とても考えさせられます。難しいことですが、一つ一つ作ることができるようにしていきたいと思います。

  15. この「イフ・ゼン」プランというのはぜひ自分に欲しい能力ですね(笑)普段生活をしている中で自分にとって様々な誘惑や魅力的な事がたくさんあります。そんな中で今回のブログで「いったん自動化されてしまえば、骨の折れるコントロールを楽にしてくれる」とあったように考える習慣をつけることで欲求を抑えることでより良いものを考えられますね。普段の生活の中で意思して行い、子どもと一緒に学んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です