俳優の死

 先日の11日に、米オスカー俳優のロビン・ウィリアムズさんが、亡くなりました。死因は、窒息死で、自殺の可能性が濃厚だといいます。最初のニュースでは、最近、鬱に悩まされていたらしいと流れたので、ちょうどうつ病患者についてブログを書いているところでしたので、医者がどのような治療をしていたかが気になるところでした。しかし、どうも今回の死は、長年のアルコールや薬物中毒が遠因にあるとみられています。

 彼の死にあたって、異例の大統領が追悼談話をしました。その中で、「彼はパイロット、医師、ベビーシッター、大統領、教授、そしてそれらの間にいる全てだった。最初は宇宙人として登場し、やがて、全ての人の琴線に触れる存在となった」と言っていますが、つい最近は、彼がビーシッター役を演じた「ミセス・ダウト2」をクリス・コロンバス監督と撮る企画が発表されたばかりでした。この一作目「「ミセス・ダウト」について、ある雑誌に原稿を書いたことがあります。彼への追悼のつもりで、その原稿を掲載します。

 「ダニエルは三人の子の父親ですが、子どもと遊ぶしか能力がなく、なかなか仕事につけず、妻から離婚を宣告されます。従って養育権は妻のものになりますが、子どもと離れて暮らすことが耐えられないダニエルは、妻が家政婦を募集しているのを知ると女装して家に入りこみます。父親とわからない子どもたちと妻は、しだいに心を許すようになっていきます。ここで子どもたちが心を許していく過程に興味深いものがあります。まず、五歳の末っ子の女の子はいつも父親に本を読んでもらうのが好きだったのに、父親がいなくなって初めて、まるで父親のように本を読んでくれる人に心を許していくのです。十二歳の長男は一緒にサッカーをしたりサイクリングに行ったりと、十分に遊んでくれることから心を許していきます。思春期の長女は父親が大好きなあまり、初めは反抗的で反発しますが、つつみ込むような愛情と、自分たちに共感してくれる気持ちに心を開いていくのです。妻までも深い信頼を寄せるようになり本心まで話すようになります。

 よく考えてみると、それぞれ父親がいなくなって、心の中に生まれた父親的愛情に飢え、それを埋めてくれる人に心を許すのです。父親であるので当然ですが、それと知らなくてもそんな感情は感じるのでしょう。家庭では、父親の存在、母親の存在がそれぞれの役目を持って子どもたちの心を包み込んでいるのです。子どもたちはそれを意識せずとも欲しているのです。本の読み方にしても、母親が読むのと父親が読むのと違うのです。それと同じような感情、愛情は夫婦の間にもあります。そしてその関係を持つことによって、自分の立場、子どもへの思いに気付いていくことにもなるのです。これが、古い言い方かも知れませんが「家族のきずな」というものなのでしょう。

 しかし、ここでおもしろいというか新しい傾向なのは、こんなに子どもも妻も父親を必要としているのに最後によりは戻さないところです。父親は子どもたちと過ごすために迎えに来るけれど、決して妻の家には入りません。お互いに敬意を持ち、愛情は持っているけれど形だけの夫婦には戻らないのです。監督がこう言っています。「愛がある限り家族は存在する。お互いを愛している集合体が家族というものだ。たとえ、シングルマザーと子ども、シングルファザーと子ども、両親のいる子どもたちという組み合わせでも。離婚した親の99%は復縁しないのだから、親も新しい人生を生き、子どもたちもそれに順応していく必要がある。」

 園でも確かに母子家庭、父子家庭の増えていく中、その観点で家族を考え、子どもを見守っていく必要があるのかもしれません。」

俳優の死” への12件のコメント

  1. 映画の内容の紹介を読んでいて、だんだんと思い出しました。題名はすっかり忘れていましたが、テレビで放送されているのを観た記憶があります。映画の内容、その時の感情などは、ほとんど思い出せないのですが、おもしろい映画だったという記憶は残っています。最後の監督の言葉を理解するのが難しかったです。理解できたとは思っていないのですが、一緒に住んでいるという形だけが家族であるということではなく、離れていたり、形は違っても、お互いの思いを理解し、思いやることで、家族のつながりが続いていくということなのでしょうか。なんだかうまく言葉にできませんが、そんなことを思いました。高校生の時に書いた小論文を思い出しました。この小論文の内容を本当に今でも思い出します。あの時に自分の考えは間違っていたなとその小論文の内容を思い出すと今でも反省のような思いになります。「家族とは」ということで論じるものだったのですが、私は「家族は血の繋がりに関係なく同じ家に住む人々」というように話を展開していきました。当時、先生に「本当にそう思う?」と聞かれ、「はい。思います」と自信ありという感じで答えていましたが、今思うと、浅い考えだなと思います。それを今日のブログの内容から、また教えられました。当時に自分の浅はかさを感じるのもなんだか恥ずかしいですが、おもしろいですね。当時の自分に会えるなら「まだまだ甘いな〜」と言ってやりたいですが、ちゃんと聞いてくれますかね。

  2. 「レナードの朝」が心に残っています。ロビン・ウィリアムズ氏の出演作品は、人間の等身大を感じさせるヒューマンドラマ系が多く、私が好きな作品が多かったです。俳優は、自分の人生のなかで、人よりも多くの職業体験ができる仕事です。例えその期間が短かろうとも、その役柄に寄り添い、多くの人の気持ちを理解できる、共感できる仕事であると、勝手な印象を抱いていました。また、「ミセス・ダウト」も子どもの頃に見て面白かった記憶があります。この機会にもう一度見直してみたいです。「愛がある限り家族は存在する。」とありましたが、愛があっても同じ屋根の下に住んだり、夫婦という形にこだわらない、様々な家族の形があるのですね。そのような様々な家族の形であっても、子どもの育ちを保障する体制や環境を整えていくことが求められていくということで、社会の傾向や家族と言う集合体の変化にも、敏感に反応していかなければいけないことを再確認できます。

  3. 「今を生きる」という映画を観ました。そして「レナードの朝」・・・。コメディアン兼男優、ロビンウィリアムズの存在は米国映画界及びエンターテイメント界においては重要だったに違いありません。しかし、アルコール依存症を疑われたり、鬱病だってのではないかと憶測を呼んだり・・・。結果として自死を遂げたとされたり。よくわかりませんが、何かへの依存症の結末なのでしょうね。あるいは、過去の幻影を現在に引きずった結果か・・・。全世界へのニュース配信によって知ることができました。確かに「ミセスダウト」について映画評をものされていましたね。同映画を実は観ていません。CMで予告を知るに及んだ程度です。あのおばさん、ロピンウィリアムズだったのですね。私よりは10歳年上ですが、何か重圧のようなものがあったのでしょう。詳しくはよく分かりませんが、惜しい俳優さんを亡くしてしまいました。何とも残念でなりません。哀悼の意を捧げたいと思います。

  4. 僕の大好きな外国の映画俳優さんでした。藤森先生のブログで、ロビン・ウィリアムズさんのことに触れることができることを、とても嬉しく思います。先生は原稿もお書きになられているのですね。「ミセス・ダウト」は見たことがないのですが、とても素晴らしい内容であることがわかりました。人それぞれに選んだ道があり、生活のスタイルがあります。何が正しいのかではなく、その人の生き方、その家族の選んだ人生を、温かく見守ってあげることが僕らに貢献出来ることなのだろうと思います。
    高校時代、、名作と呼ばれる映画を借りては夜遅くまで見て、なんだか大人になったような気分になっていました。映画を見る機会をつくろうとする気持ちが少なくなった今、『グッドモーニング, ベトナム』『いまを生きる』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』は、僕の人生にとって大切な映画だったと改めて感じています。
    wikipediaなどから、映画の内容はほとんどわかってしまうので、構わないかと思って書くのですが、『いまを生きる』は、最後、学校を辞めさせられ、去っていく先生の為に生徒が規則を犯して机の上に立ちます。規則に縛られるな、とロビン・ウィリアムズ演じる先生が教えていたことだからです。ずっと僕がとても印象に残っているのは、机の上に立つ生徒が全員ではないというところです。中には、規則を犯すことを恐れた生徒もいたのでしょう。罰を受けても恩師を見送りたいと思った生徒もいたのでしょう。しかし、その先生が言いたかったことは、「一人一人の人生を生きろ」ということでした。一人一人が自分の人生を見つめて行動を選んだということが、恩師への何よりのはなむけだったことと思います。君は君のままでいい、というメッセージをいただいたと思っています。
    楽観の大切さを改めて感じています。ロビン・ウィリアムズさんに心から哀悼の意を捧げます。

  5. ロビン・ウィリアムズの映画はあまり観ていないようで、ほとんど思い出せません。でもいろんな人の反応を見ていると素晴らしい俳優だったようですね。その素晴らしさを共有できていなかったことを少し残念に思います。藤森先生の書かれた家族のあり方について、とても考えさせられました。母子家庭、父子家庭は確かに増えてきています。「お互いを愛している集合体が家族」という観点から家族について捉え直しをすることが必要だということは感じています。どのような形であっても、子どもたちにどのような支えが必要なのかを考えることでしか先に進むことはできないと思うからです。形に拘ることなく、その意味に目を向けなければいけませんね。

  6. とても悲しいニュースでした。ロビン・ウィリアムズさんがご出演なさっている名だたる作品のうち「ナイトミュージアム」しか見た記憶がありませんが、ルーズベルト大統領役を演じられていたことを覚えています。ナイトミュージアムは2作目までは世に出ていますが、調べたところ3作目が遺作として12月に上映が開始されるようです。これは見逃せません。
    父親的愛情の観点で作られた「ミセス・ダウト」に興味津々です。今度見てみようと思います。現代には様々な家族体系があります。この映画は形は違えど、家族の在り方は根本的に同じことを我々視聴者に伝えようとしてくれているのが伺えます。「愛がある限り家族は存在する。お互いを愛している集合体が家族というものだ。」この言葉には痺れました。家族体系がより複雑化している現代だからこそ保育者はこれを念頭に置いて子育て支援等にあたらなければいけませんね。

  7. 私はロビン・ウィリアムズさんのことを殆ど知らないので、今回の件に関して驚きとかはなかったのですが、テレビなどを見ると凄い俳優さんだったんだと今更ながら感じています。人は共感することで心を開けるということで、共感することの重要性を感じました。保育とは関係ないかもしれませんが、不思議と保育と重ねて考えてしまいます。

  8. ニュースを見たとき正直この人が、と驚きましたがそこまで作品を見たことはなかったです。「ミセス ダウト2」内容を拝見する限り非常に気になる映画です。「お互いを愛している集合体が家族というものだ。たとえ、シングルマザーと子ども、シングルファザーと子ども、両親のいる子どもたちという組み合わせでも。」とあります。どんな家族の形であれ、保育者という立場からしっかりと受け入れ見守っていく必要性を感じます。正直片親という立場の子どもの心境を知ることは難しいですが本文にあるような観点を持つことで少しは見方が変わってきそうです。まさか、ロビン ウィリアムズさんからこういった話に展開されることは予想もつきませんでした。感謝の気持ちです。そして、子どもが出る映画に対しての見方も変わり、子どもの気持ちになって映画を見ることが多くなりそうです。

  9. 彼が主演をしている映画をいくつも見たことがあり、見るたびに愉快にしてくれていました。そんな素敵な俳優さんが亡くなられたのを聞いて、本当にショックです・・・。ミセスダウトも見たことはあるのですが・・・という具合なので、機会があれば見てみたいですね。「愛がある限り家族は存在する」家族というのは、どうも父親、母親、そして子どもがいることで成り立つと思っていましたが、そんな家族でも「愛」がなければ家族は呼べないのかもしれません。母子家庭、父子家庭でも「愛」があれば家族。今までの考え方ががらっと変わる監督の一言です・・・。

  10. 「ミセスダウト」はこともの頃に見たことがあります。その頃は女装をしているおじさんが、奮闘している姿に面白がっていた記憶しかありませんが、今回ブログを読んで、改めて考えるのそんなに深いものがあったのですね。
    子どもの頃から、映画好きだったのでロビンウィリアム氏の作品は数多く見ました。特に印象的には「フック」、「ジュマンジ」、「パッチアダムス」など子どもが関わる作品に出演されていた気がします。

    「父親は子どもたちと過ごすために迎えに来るけれど、決して妻の家には入りません。お互いに敬意を持ち、愛情は持っているけれど形だけの夫婦には戻らないのです。」こういった考えは海外の映画ではごく普通の風景として描かれていることが多いがします。日本でも、母子家庭、父子家庭の増えていく中、お互いを敬意を持ちながら、子どものことを考えるそんな考えが増えてくるといいですね。

  11. ロビン・ウィリアムズさんの悲報をニュースで見た時は驚きました。アルコール薬物中毒からの自殺だったとは・・・。彼の出演している映画は何か見たことはあります。「ミセス・ダウト」から学ぶ父親と母親は、それぞれの役割りが違うということ、母子家庭や父子家庭が増える中、保育園という大きな家族の中で、それらの子に対して自分がどのように接せられるのか考えさせられました。

  12. ロビンウィリアムズさんの死をニュースで見たときはまさに急にだったので驚きました。コミカルな演技が多い中で「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」が私の中では一番に印象に残っている話です。そこでの心理セラピーの役は強い父性を感じたのを覚えています。今回の話でも出てきた「ミセスダウト」は以前、生臥竜塾に参加したときに一緒に見ました。ハートフルな内容ですが、その中にある離婚や寂しさなどを感じる映画でした。価値観は違えど、父親と母親の考えは正直に子どもたちに向いていました。そして、その中で母と父のバランスはやはりあるのではないかと思ったのを覚えています。見方を変えると映画の中にも保育のヒントは数多く有り、とても考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です