ドイツ報告2013-21

 今年で、ドイツに行き始めて11回目になります。その前の年に、下見でローマ、フランクフルト、ミュンヘンと視察した結果、ミュンヘンに決めたので私は12回目となります。よく、他人から「どうしてドイツなのですか?」と聞かれることがありますが、「どうして毎年同じ場所に行くのですか?」ということはあまり聞かれません。それは、参加者は、特に毎年行くわけではないからでしょう。毎年行くのは、私だけですので、私はあるとき「たまには、いろいろな国に行ってみたい」と妻に行ったことがありました。その時、妻に「観光じゃあ、あるまいし、きちんと一つの国に決めた方がいいんじゃないの?」と言われました。確かに、いろいろな国に行きたいと思うのは、いろいろな国の実態を知りたいというよりも、単にいろいろな国に行きたいという観光に近い理由があるかもしれません。

 というのは、いろいろな国によく行く園長の園が、どのように保育が変わっていったかというと、部分的に、参考にしているという程度で、一貫性が見られないことが多い気がします。それは、先方の受け入れ方も違ってきます。私の園にも見学者が来ますが、毎年、見学に来る園への対応は緊張します。見学後、1年間で実践し、それがほぼ理解できた時にまた次にまた来るからです。ドイツで、毎年行く園は違うのですが、それをコーディネーターしてくれる教育局の人は、ドイツでは、異動がないのでずっと同じ人です。そこで、毎年訪れることをとても評価してくれ、篤いおもてなしを受けます。

 6月12日の午後視察した「森の学童クラブ」のホームページに、「日本からの訪問者」という記事が集合写真入りで掲載されていました。
「エバーズベルグの「森の学童」が、様々な分野の人々に大きな関心を呼び起こしています。「子どもたちには物事の決定に参加することができます。森の中のどの場所に行くか、そこで何をするか、あるいはたとえば何を創造するか、どんな経験遊びをするか、あるいはオタマジャクシを観察するのかを子ども自身で決定することができます。」とエバーズベルグ「森の学童」の教育指導員Karen Brummerさんが説明します。子どもたちは、「森の学童」の中で、経験豊かな教育者がそっと付き添うことで、自分自身のイニシアチブを育て、自分自身の考えを実行していきます。こうしたことが、「なんでも与えられすぎる今日という時代でどれほど大切なことでしょうか。」と彼女は強調します。

この説明に、日本から視察に訪れた教育者たちはうなずき、熱心にノートを取ります。時折、少し驚嘆した声が聞こえてきます。多数の本を著し、日本の中で高く評価されている教育者の一人である藤森氏を中心とした日本全国から来た20人の代表団が、4日間ミュンヘンとその周辺に滞在しています。メンバーには、多くの保育施設の園長さんや二人の建築家もおります。その建築家は日本で施設の建設を計画しています。彼らは様々な乳幼児施設を訪ね、さまざまな概念に触れます。ミュンヘン市「陶冶スポーツ局」の教育者ベルガ―有希子さんが代表団の調整世話役をします。エバーズベルグの「森の学童」の概念は、日本からの視察団にとって特別な関心をもったようです。

強調されることは、教育的雰囲気と子どもの環境の創造です。学童の発達史、部屋の刷新、財政コンセプト、ケアのポイント、宿題のケアのような「ハードな事実」の多くのことが明確になった後、グループ全体で森の中へ出かけていきます。エバーズベルグの森の様々な場所で子どもたちが午後の時間、創造的活動をする場所を体験し、自然から学んでいます。視察団の皆さんは森を通過するだけでなく、適切に見学していました。子どもたち自身で上手に作った倉庫や小屋、木の手紙受け、素材を集めて作った自然の芸術作品の形状をカメラにおさめていました。日本からの視察団の皆さんは、非常に新鮮な森の空気を肺いっぱいに吸い、たくさんの豊かな印象を得ることができ、心からここにずっと居続けたくなったようです。
フィリードリケ シュメルツ、エグゼクティブ 」