ドイツ報告2013-17

 現在、旧石器時代の洞窟に書かれた壁画が発見されていますが、そこには、いつ、どんなものを描いているかということは分かりますが、一番重要な「何のため」に描いたかがわからないことです。それが、実用品であったり、生活に直接関係のある物であったならば、推測は容易かもしれませんが、芸術となると、現在でも「何のため?」と言われても答えられないものがあります。しかし、昔は、基本的には意味がなく描いているはずはないのです。しかも、様々なところから発見されているので、「趣味のため」とか、「芸術心が心の中から湧き上がってきたから」というような理由であるわけはないのです。

 それでも、現在では、研究者の間では意見が一致している点が一つあるようです。100年前に壁画の古さが確認されて以来、研究者たちは長い間、壁画が描かれた唯一で普遍的な理由を探してきました。しかし実際には、そういうものは存在しないということで意見が一致しています。壁画を描いた理由は決して一つではなく、個々のケースによって、様々な背景があったと考えられています。

 最近の研究は、洞窟内の空間や壁面の形状、光、そして音響などが、描く対象、技法、使う色などの選択にどう関係したのかといった、新しいテーマのもとで進められています。壁画は、土地の自然環境や文化を背景にもつ多面的なものとして捉えなくてはならないというのが、現在の専門家たちの認識です。

 壁画を描く動機に、洞窟内の空間や壁面の形状、光、音響などが影響しているとは面白いですね。空間が、行動を左右しているのです。ドイツの陶冶プログラム「バイエルン」には、「学びの環境」として、「園の建築、内装などすべてが子どもの感覚養成に関係してくる。」としています。以前のブログでも、ドイツでは「第二の教師は建物である」と言われていることを紹介しましたが、その建物の形状、建物内の空間、建物の内装、すべてが子どもの感覚に訴え、子どもにとっての学びとなっているというのです。日本では、どの園でも方形の何の工夫もない空間の中で、子どもの感覚に訴えるどころか、感性を壊してしまうような装飾、または、全く味もそっけもない空間のなかで、子どもたちに生き生きと活動するように促しても無理なのです。

 バイエルンには、「美学的な陶冶は子どもの全人格に働きかける。頭(知識)心(感情)手(運動)」としているものの、「型紙や作り方の例などは、創造的な活動の邪魔をする。」とし、あるものを見てその通りに描くとか、例えば、七夕の飾りを作るからと言って、作り方を示し、その通りに作らせるような活動は、創造的な活動の邪魔をするといって排除されています。また、「上手にかけた絵が目的なのではなく、その絵にたどりつく創造的な活動にこそ意味がある。」としています。私の園でも、出来上がった絵や作品を展示するような作品展をやめて、子どもがどのように成長したかを絵を通して保護者に伝えるというような趣旨の成長展を開催することにしています。

保育というものは、デジタルなものではなく、過程が大切であるアナログの世界です。どうしても、保護者は、例えば泣いているという子どものある瞬間の姿を見て判断することがあるのですが、どうして泣いたか、どうやってそこから立ち直ったかが大切なのです。