ドイツ報告2013-13

 ドイツをはじめとして、海外の保育室の装飾には写真を多用します。その代りに、クマさんや犬などが擬人化された装飾は少ないようです。それらは、例えば昨日紹介したアメリカのテルマ氏らが著わした「保育環境評価スケール」における評価項目を見ると、日本と少し違うところが見えます。それは、ドイツで見た環境が同じ考え方であることがわかります。この評価の「乳児版」で見てみます。

 「日常のケアのための家具」の項目に、「とてもよい」という評価項目に、「子どもに接するのに快適な大人用の椅子がある」そして、その説明には、椅子に変わる例えば大きなブロックなどに座り、それを保育者が具合が悪いと感じていなくても、そのような間に合わせのものではなく、きちんと大人用の家具が求められるとあります。それは、今回のブログでも取り上げた「保育者の人権」を守るということです。

 また、ドイツのどの部屋にもある「くつろぎ空間」についても、「安心して落着ける空間」の項目の「よい」に、「1日のうちほとんどいつも使える特別のくつろぎの場所がある」とあります。日本の保育室には、なかなかこの「くつろぎの場所」を見ません。しかも、この項目の「たいへんよい」という評価は、「特別のくつろぎの場所以外に柔らかなものに触れる場所がいくつかある」とあります。部屋のいろいろな場所に柔らかいものが必要とあります。それは、おもちゃだけでなく、柔らかい家具やクッションや敷物などが必要で、それにいつでも触ることができるようにすることが大切であるとしています。ドイツでも、マットとかソファーが置いてあるくつろぎの場所の他にも、いろいろなところにクッションが散らばっています。
kuturogi2kuturogi1
 また、「とてもよい」に「くつろぎの場所は本を読んだりその他静かに遊んだりするときに使われる」があります。多くのドイツの絵本ゾーンには、椅子とテーブルは置いておらず、マットが敷き詰めてあったり、クッションが置かれてあります。日本から訪れた保育者は、図書ゾーンにいすが置かれていないのを見て、「どうやって本を読むのだろう?」と思っていたようですが、私が、「ゆったりと座りこんで読むことが多いのですが、時によっては、寝っころがって読んだり、うつぶせになって読んだりしています。」というと、少しびっくりします。絵本を読むというのは、知識を得るというよりも、リラックスするという効果が大きいのでしょう。
kussyontosyo
 保育室内の展示、装飾についてもドイツやアメリカでの基準は少し違うようです。アメリカの評価スケールの乳児版には、「最低限」として、「少なくとも3枚の色鮮やかな絵やその他の教材が子供のみ安いところに展示してある」とあります。どうも、日本人は、パステル調とか、淡い色遣いが好みのようです。特に乳児においてはそのような傾向がありますが、実は色鮮やかな色の必要があります。ですから、「よい」環境は、「たくさんの色鮮やかですっきりした写真やポスター、絵が部屋全体に展示してある」となります。昨年のドイツで鮮やかな色で統一された園を思い出します。
azayakanairo
 また、ドイツでは、壁面装飾以上に、天井からのつるし物が多くみられます。アメリカの評価でも「よい」環境に、「モビールやその他つるすものが、子どもの見えるところにある」とあります。それは、壁面装飾の多くは平面のものが多いことと、つるしたものは動きがあるからだと言います。アメリカの評価スケールを見ても、ドイツでの保育室の意味が解ってきます。
kaigaranomobi-ru