日本人

保育というものを考えるうえで、私は、その国の生き方を考えることになり、また、どのようにその国民が生きてきたかが影響すると思っています。それは、保育そのものはヒトとしての生き方であるからです。それは、人類の生きてきた道であり、人類が世界に拡散していって、日本にたどり着き、日本の風土の中でその国ながらの生き方を見つけてきたのでしょう。国立科学博物館で行われたグレートジャーニー展では、砂漠や高地やジャングルというある意味で非常に過酷な環境の中で人類はどのような知恵を持って生きてきて、生活してきたということを展示していました。そこほど特徴は顕著ではないでしょうが、日本にも特徴があります。

 そこで、そこでの保育という営みは、その国民の生活を反映しているはずで、単に海外で構築された保育内容を持ってきても違和感があるはずです。しかし、日本が長い鎖国から解かれ、海外の文化が入ってくる中で、日本独特の生き方は、ある部分、嘲笑の対象になったことがありました。例えば、「日本人はいつも笑っていて気持ちが悪い」と言われたことがありました。また、「日本人は、成熟していないで、なんだか赤ちゃんっぽい」ということも言われました。しかしこんなことがわかってきました。私たちホモ・サピエンスは、その昔からアフリカから世界に拡散していく中で、様々な生存戦略をとってきました。その戦略をとることで、他のヒト族が全滅する中で生き残っていきます。

 生存戦略の中で「幼形成熟」ということがあります。それは、他の霊長類に比べて、ホモ・サピエンスは成熟度が一番少ないと言われています。、赤ちゃんぽさを残すことで生存してきたと言われているのです。その赤ちゃんぽさは、特に黄色人種が残していると言われています。ですから、日本人が見せる赤ちゃんぽさは、人類の生き残る知恵だったのです。

 また、世界中に拡散したホモ・サピエンスは、世界中のどの地でも同じ行為を示すことがあります。その一つが「笑顔」だと言われています。笑顔によって、生き延びてきたのです。それを色濃く残しているのが、日本人かもしれません。

 また、「日本人はすぐに物まねをする」と言われました。しかし、「真似る」という行為は、人間だけに見られる特徴です。真似ることで、学習して、進化してきたのです。ブログにも書きましたが、鉄砲が、種子島に打ち上げられたイギリス船で見つかって、数年たっただけで国産化に成功し、世界での早い時期に戦いに使用することになるのです。これは、赤ちゃんが持っている「真似る」という行為と同じで、コピーではなく、真似ることで学習し、進化させていくという能力です。決して、日本のその特徴は恥じることなく、人類が進化してきた能力を受け継いでいることになるのです。

 そのように日本人が持っている特性は、鎖国という海外の文化にあまり浸食されずに継承してきたものなのです。その中で、最近私が注目している日本人の特性の一つに、社会のあり方がある気がします。子どもを中心に、他人との程度な距離感を持った社会のあり方、家族のあり方は、今の時代に求められているものかもしれません。

 現在、ANAの機内放送で、日本に惚れたイギリスの建築構造家の話を特集しています。彼は、日本は、とても居心地のいい国だと評しています。それは、「生活の中で態度や習慣が色濃く残っている。」「家族というシステムを残している。」「師弟という人間関係がある。」「義理、人情と言われるような人との関係性を保っている。」などを挙げています。

 そして、「その伝統が進歩を妨げているかもしれないが、それらの中で居心地の良さを保っている。」と言います。
 そんな良さは、日本人にはなかなかわかりにくいかもしれません。日本にいると、気がつかないかもしれません。今年は、今日からドイツ研修に行きます。