インフル

 最近、インフルエンザが猛威をふるっているニュースが毎日流れてきます。学級閉鎖になっている学校も多いようです。また、今年は、例年に比べてスギ花粉が多く飛び、花粉症になる人が多いのではないかと心配されています。インフルエンザや花粉症は最近の病気なのでしょうか。実は、長い人間との戦いの歴史があるのです。
昔はインフルエンザとは命名されていませんが、古代エジプトや古代ギリシアの時代にもインフルエンザとみられる流行性疾患の記録があるそうです。このような疾患を「インフルエンザ」と命名したのは、16世紀のイタリアの占星術師たちが、冬季に流行し、春に終息するという周期性があることから、その流行は星の運行や寒気の影響によるものではないかと考え、「影響」を表すラテン語の「influenctiacoeli」から「influenza」と呼んだようになったと言われています。そして、この言葉が18世紀の英国で流行した際に英語に持ち込まれ、その後世界に広まったのです。この語源から見るように、周期的に冬になると現れることが不思議であったのかもしれません。
日本では、平安時代の「増鏡」にインフルエンザが流行したといような記述があります。江戸時代には、「お駒風」や「谷風」などと名前がつけられた悪性のかぜが流行したようで、どの国でもはやった歴史があります。この中で有名なのが、20世紀に4回大流行した時です。まず、1917年から1919年にかけて世界各地で猛威を振るった「スペインかぜ」は、全世界で6億人が感染し、死者は2000万人とも4000万人とも言われ、日本でも人口の約半数が罹患し、約40万人の犠牲者が出たと推定されています。また、1957年4月に香港から流行した「アジアかぜ」は、東南アジア各地、日本、オーストラリア、さらにアメリカ、ヨーロッパへと急速に広がりました。死亡者数はスペインかぜの1/10程度でしたが、日本では300万人が罹患し、5,700人の死者が出ました。そして、1968年から翌69年にかけて流行した「香港かぜ」は、堺時期をずらしてはやりました。6月に香港で爆発的に流行し、8月に台湾、シンガポールなど東南アジアへ、9月に日本、オーストラリア、12月にアメリカでピークを迎えました。この風邪は、香港では6週間で50万人が罹患し、全世界で56,000人以上の死者を出しました。日本では14万人が罹患、2,000人が死亡とあります。そして、「ソ連かぜ」は、スペインかぜと同じ型のウイルスにより、1977年5月に中国北西部から始まり、12月までにシベリア、西部ロシアへ広がり、日本で流行しました。さらに翌年には、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、南米にまで拡大しました。
現在は、昨年大騒ぎになった新型インフルエンザをはじめとして、Aソ連型、A香港型、およびB型の3種類のウイルスによってより複雑に流行しています。世界的大流行は数十年起こっていないものの、まだまだ軽く考えてはいけない病気です。特に、特別養護老人ホームにおける集団感染などから、インフルエンザによる死亡者の約80%以上を高齢者が占めています。また、乳幼児では、インフルエンザに関連していると考えられる急性脳症が年間100?200例報告されています。インフルエンザに対応するような薬やワクチンが開発されていますが、今度はそれが効かない型のものや、より強いインフルが生まれてきています。
最後は、自らそれらウイルスに勝つような体、自己免疫力をつけていかなければなかなか解決しないようです。

インフル” への7件のコメント

  1.  インフルエンザが今年も流行していますね。本来、それぞれ生物種には何らかの天敵がいて、一つの種が増え過ぎないようになっているような気がします。そしてそれらはジャンケンの様に、どれが一番強いということはありません。色々な役者がいてバランスをとっているのです。感染症は、個体数が多く、しかも密集して棲息していると広まり易くなります。そして集団内の多くが罹患し、あるものは免疫を獲得し、あるものは淘汰されて、個体数が減った時点で流行が終息します。集団によっては絶滅する場合もあるでしょう。
     一つの種のみが増えすぎるのは生物の世界では、あまりいいことではないと思います。必ずどこかに弊害が出てきます。ですから広い視点で考えれば、感染症を引き起こすウイルスや病原体も、決して悪い物でも、無駄な物でもないと言えます。悪者だと捉えてしまうのは、自分達が被害にあう当事者になった場合です。
     日本や先進国と呼ばれる国々では、人口が減少傾向か、現状維持にありますが、地球全体で見ると増加傾向にあります。人には自然界からの個体数調節機構(感染症)を、はねのける知恵と技術があります。そのかわり自分達自身で人口爆発の抑制や、必要な資源(エネルギー、食料、水)の確保や、ゴミの処理方法などを考えなければなりません。これらの課題は、技術の向上だけではなく、欲求のコントロールや価値観の転換も必要な気がします。

  2. 昨年末からの寒波のせいで、日本海側や東北では大雪で生活もままならないようです。九州では、新燃岳の大噴火に鳥インフルエンザの発生。なにか日本全体が天変地異に振り回されているような印象があります。地球規模の自然の脅威にはいかに人間といえども無力ですね。そのうえ、今年もまた新型インフルエンザが猛威を振るいそうです。「自己免疫力」をしっかりつけて備えたいものです。周知のことですが、自己免疫力UPの基本は、「運動」「睡眠」「ストレスをためない」「よく笑うこと」「食生活の改善」だそうです。体に免疫力をつける食べ物は、玄米、野菜、みそ汁、海藻など。味噌、納豆、漬物などの日本の伝統的な発酵食品もいいようです。

  3. これまで私も一度インフルエンザに罹患したことがあります。急な発熱。病院にいって検査してもらい「インフルエンザ」と診断され薬を処方してもらい後は自宅で休養でした。一昨年の「新型インフル」は「新型」とあってどんなものなのかわからず恐怖が先にたちましたね。この新型には息子が感染しました。結果、息子のクラスは学級閉鎖に追い込まれました。今期は予防接種をしている息子です。親としても少しは安心しているのですが、外出後の手洗いうがいは必須です。それから、極力人混みは避ける。人が多く集まるところには出かけない。親の私たちも十分に注意しなければなりません。外出時にはマスクの携帯も必要ですね。咳き込みを確認したら即マスク着用そして20分おきのうがい。今期も流行には乗らないように気をつけます。

  4. インフルエンザと人間の長い戦いの歴史を考えるのですが、次々に強く新しいウイルスが登場するペースに対して明らかに人間の方がついていけてないように感じます。それに合わせてワクチンも開発されていますが、私にはその攻防が理解できないレベルなんです。ウイルスが進化する、ワクチンも科学技術によって進化する。では人間は?となったとき、進化のスピードで言えば圧倒的に不利な存在です。であれば、もっと今の人間の状況を考え、とにかく土台である自己免疫力を高めることの必要性について、ワクチンの話題以上に声が大きくならなければいけないように思うんです。インフルエンザに対抗する免疫力をとなると相当難しいことなのは間違いないでしょうが、現状を見ていてなんとなくズレが生まれてきているようにも感じます。何かよく分からないことを書いてしまっています。

  5.  大学生の時に初めてインフルエンザになりました。それからは毎年、必ず予防接種は受けるようにしてます。保育園でもじわりじわりとインフルエンザが流行ってきましたが、散歩や園庭で遊んだ後はうがい、手洗いをするように子どもも大人もやらないといけませんね。インフルエンザも昔から存在していたそうですが、去年、世界中で流行った新型インフルエンザのように、時代が進むと同時に新しいウィルスが出てくるのは、本当に恐いです。その度に人類はワクチンを開発していますが、本当に長い人間との戦いです・・・。しかし、藤森先生が言われるように、薬の開発に頼るのでなく、最終的には自らウィルスに勝てる体にするしかないですね。

  6. もともと体が強い方ではないのでよくインフルエンザにかかっていました。更に保育園に就職してからは1,2年は毎月のように子どもから菌をもらい風邪を引き迷惑をかけ、予防接種を受けてもかかってしまうという始末でしたが、勤めて4年やっと菌に対して抵抗力がついてきたようであまり休むことがなくなりました。しかし、ブログでのインフルエンザの長い歴史を見ると決して甘く見てはいけないですね。流行っている時期は人ごみは避け、自らの体調管理を十分に気をつけたいと思います。

  7. 自己免疫力とは最近特に良く聞く言葉ですね。まだ、私は一度もインフルエンザというものにかかった事はないので、発症した人の話を聞いたことがありますが、かなりつらいようですね。決して自己免疫力が強いとは思いませんが、できるだけ強くしていきたいものです。以前、ノロウィルスにかかったときに私が診察してもらったお医者さんは「最近の人は身の周りを消毒して、清潔にしすぎる」といっていました。だからこそ、菌と触れ合う機会が少なくその分免疫力が下がってきていると聞きました。身の回りがきたなすぎるのは問題ですが、あまり過敏になるのも逆効果らしいです。インフルエンザと人間の免疫力と医学、長い歴史はこれからも続きそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です