生活スタイル

 一人住まいをしている息子が帰ってきてびっくりしたことが、風呂に朝はいると言うことでした。また、一人住まいをしている職員の部屋には風呂がないと聞いた時もびっくりしました。それは、共同風呂に行くのではなく、部屋にあるのはシャワーだけで、いつもシャワーを浴びているだけだそうです。私にとっては、夜寝る前にゆっくりと湯船につかるのは、何とも気持ちのよいものです。私は少しぬるめの湯につかりながら、音楽を聴くのが好みですが、つい眠くなるのが玉にきずです。風呂で寝るのは危険だと聞いているからです。
 湯船につかるのは、疲労回復や血行促進など体にいいとされる様々な効果効能があるといわれています。R25という雑誌で、入浴のタイミングについてのアンケート結果が掲載されていました。それによると、やはり76%の人が夜に入浴していて、その76%の人たちの入浴時間は、平均して「21.55分」だそうです。ちょうど私は平均のようです。それでも、「おふろに入る時間をもっと充実させたい」と思う人が72%いたということは、やはりふろにゆっくりつかりたいということは願望のようです。
 家で風呂に入るときに、どのような入浴剤を入れるかと言うと、今、私は3種類を使っています。体をゆっくりと温めたいときには、以前ブログふぇ取り上げた「湯の花」を使います。温泉の不溶性成分が析出・沈殿したものを採取したものです。すがすがしい気分になりたいときには、富山県滑川市沖水深333mから取水される深層水を活用した入浴剤を使います。もうひとつは、何となく漢方で体の調子を整えたいときに使う入浴剤で、生薬の湯ということでトウキ、シャクヤク、チンピ、サンシシ、ボウイ等が入っています。あとは、冬至の時のゆず湯とか、子どもの日のショウブ湯とか季節、伝統にのっとった入浴です。
最近は、とてもおもしろい入浴剤が豊富のようです。R25に紹介されています。例えば、洗濯洗剤のようなパッケージのものには酵素が入っていたり、乾燥肌にもやさしい馬油が配合されていたり、なかには本物のラー油と見間違えるようなものもあるそうです。
この雑誌には、毎日の入浴をさらにもうワンステップ有効活用するテクニックを紹介しています。それがなんと、洗濯だというのです。毎日のおふろタイムを上手に使うだけで、洗濯物は片付く、週末の家事は軽減できると、まさに一石二鳥と言うことで、毎日のおふろタイムで効率よく洗濯をするためのコツが紹介されています。ワイシャツの洗い方は、まず、女性のメイク落とし用のクレンジングオイルと食器洗い用の洗剤を1対1で混ぜ、汚れの気になる部分に歯ブラシでこすってから洗うと、汚れがぐんと落ちやすくなるそうです。カーディガンなどのニット類の上手な洗い方のコツは、オシャレ着洗い用の洗剤に、ヘアトリートメントを少し溶かして使うと、風合いがよくなるそうです。これは、ヘアトリートメントに入っているジメチコンという成分が繊維をコートして、ふんわりさせるのだそうです。
また、洗濯と言うと、朝洗って、終わってすぐに干すというのが普通でした。しかし、最近は忙しくなって、夜に選択する人が増えました。そんな事情から、夜使う洗濯機というのも発売されています。夜の洗濯ということで、低騒音のインバーターモーターを搭載しているので、夜でも音を気にせず安心して洗濯できますよ。また、デリケート素材を傷めずに洗える『上質おうちクリーニングコース』も設定しました。また、食事や入浴の時間を使って洗濯を済ませることもできる「急ぎコース」があるのもあります。静かに素早く仕上がるので、多忙なビジネスマンにぴったりという触れ込みです。
 時代によって、その生活スタイルをよく見ないと何が必要かわかりません。ただ、理想論だけを言っても、民意はついてきません。

生活スタイル” への5件のコメント

  1.  私の部屋にもちろんお風呂場はありますが、今までお風呂に入った事は数回くらいしかありません。ほとんどシャワーで済ませています。確かに、たまに実家に帰ったときに湯船に入ったときは、本当に気持ちが良いと感じます。おそらく自分の家で風呂を入れるのは面倒だからかもしれません(笑)洗濯も私は夜に行うことが一番多いです。土日などの休みの場合は朝に洗濯をしますが平日は夜に洗濯をします。これは一人暮らしのせいかもしれません。ただ、小さいときは母は朝に洗濯をしていましたし、お風呂は毎日入るという生活スタイルでした。一人暮らしで、実家にいたときのような生活スタイルを送るのは正直難しいのが本音です。そう考えると、そのような生活スタイルの人にも対応できる物が必要になってくるのですね。

  2. 年々お風呂が好きになってきているのですが、今は3人の子どもと入ることが私の役目のようになっているので、ゆっくりのんびりというのはまだまだ先になりそうです。でも慌ただしく過ぎるお風呂の時間も割と楽しかったりするんですけどね。
    最後の理想論の話ですが、『理想論はもちつつ、そのために今何が必要か』の「今」を見ることを忘れがちなので、気をつけるようにします。

  3. 入浴中の睡眠は禁物です。特にお酒を飲み酔っ払った後は危険です。私の知り合いはそのことで入浴中に溺れて亡くなりました。自分で酔っ払ったと感じたり眠いと思ったときは入浴を避けることにしています。それから入浴剤は我が家でも愛用しています。冬のこの時期は入浴剤効果によるのでしょうか、入浴後は体がポカポカして気持ちがいいですね。そうそう、先日のクリスマスイブの夕方、小3になる息子が早く寝てサンタさんが来るのを待つため、私が帰宅した時、ひとりで入浴していたのを知り、何だかひとつ成長したなと感じました。普段は私や家内と一緒の入浴です。今回は「洗濯するためのコツ」が紹介されています。是非試してみたいと思います。

  4. 今回のブログにコメントを入れたと思ってのですが、間違えて消去した可能性があるので、再びコメントします(まとめてコメントを入れるとこうした弊害が時々ある)。今回のブログでは「ワイシャツの洗い方」がとても参考になりました。メイク落としのクレンジングオイルとかヘアートリートメントなどは家内にきかないとよくわからない類のものなのでこのブログを読んでもらって一緒にやってみたいと思います。それから入浴には入浴剤を用います。この時期は入浴後からだがポカポカしていいですね。それから泥酔後の入浴はしないようにしています。溺れて死ぬ可能性が大ですから。実際私の知人はこのケースで他界しました。浴槽も大事ですね。実家の浴槽は足が伸ばせます。本当にいい気持ちになります。但しのぼせには注意が必要です。

  5. 私は風呂派ですね。夏はシャワーですますことが多いですが、冬の時期はお風呂に入ってゆっくり温まった上で布団に入りたいと思っています。しかし、お風呂の中で洗濯をするという発想は初めて知りました。しかも、トリートメントも洗剤として使うというのはなかなかおもしろいですね。洗濯はお風呂に入っている間に回すことがあり、ブログにあるような夜洗い派です。確かに時代によって生活のリズムも変わってきているのかもしれません。どの世界でも時代を読み取るということはとても大切なことですね。特に家電などは売り上げの世界なため、消費者のニーズに答えるように時代の流れには敏感だと思います。保育も時代によって変わらなければならないと思います。小さい世界だけを見るのではなく広い視野が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です