介護からの自立

 かなり以前のことですが、電車が立川駅に止まったとたんに乗客が一斉に乗り込んできました。先頭を切って乗り込んできたのは小学校2,3年生くらいのアメリカの子どもでした。たぶん、立川基地の子でしょう。その子は、急いで空いている席に座りました。その後、悠然と乗り込んできたのがその子の母親です(多分)。そして、先に座っている子どもの前に立ちました。しばらく立っていたのですが、突然、座っている子どもの頬を思い切りたたきました。「子どもは、座るものではない!」というようなことを言いました。
「WEDGE」の今月号に、国際医療福祉大学大学院医療経営管理分野分野責任者で教授の高橋 泰さんが、「敬老精神の介護に潜む落とし穴」という記事を書いていました。このリードには、ここ書かれてあります。「困っているお年寄りには、ついつい何かをやってあげたくなる。介護にあって、それは絶対の真理か。筆者は二つの町村を調査した。手厚い介護は、本人の筋力機能を低下させる恐れがあると判明。豊富な福祉サービスを提供する社会的余裕もやがてなくなる。自立型の老いに向けて舵を切るべきときに来ている。」
高橋さんは、宇宙ステーションに長期滞在をしていた野口さんを例に取っています。野口さんは、地球に帰還した時、重力の存在する生活に備えるために毎日宇宙空間で筋力トレーニングを行っていました。人間の身体は、使わないと急激に機能が低下します。特に筋肉は無重力の影響が大きく、1日全く使わないと、筋力がその体積の1%から数%減少し、数日使わないだけでみるみる細くなります。無重力状態では、筋肉を使わないで立つことができるため、一見楽ですが、地球に帰還した時に、地球の重力により発生する自身の身体の重みを自身の筋力では支えきれなくなってしまうのです。
このような無重力状態の宇宙飛行士と同様、筋肉への負荷が大幅に減少する状況に直面し、急速に筋力が低下している人たちがいると高橋さんは指摘します。それは、過度に生活支援や介護を受けている高齢者であるというのです。日本の介護の基本は、敬老精神だと言います。日本人の心情からすると、ある動作を行うのが大変になったお年寄りを見ると、ついつい何かをやってあげたくなります。たとえば、自分で買い物に行けるのに、「大変そうだから」という理由で誰かが代わりに買い物に行くと、それまで下肢の筋肉にかかっていた負荷がなくなることがあります。すると、筋肉は軽度の負担にかまけて足が急速に細くなり、外出に必要な筋力を失うことになってしまうと言います。そして、このような状況が続くと、間もなくトイレへ行くのも大変になってしまうのです。そうすると、今度はトイレに行くときにも援助を行うと、さらに筋力が落ちるという悪循環に陥ってしまっているというのです。
高齢者は、ただ死に向かうだけでなく、死ぬまで何かに貢献することがある気がします。最後まで、自分の意思で生きていく権利があります。そして、高橋さんは、「自分が弱ってきたら、周囲から十分な支援や介護を受ける」という、ない物ねだりの願望をあきらめ、「自立をできる限り続ける覚悟と、食べられなくなった時に、自然死を受け入れる心の準備をしておくこと」ことが何より大切なことであると言います。
人は生まれてから、いろいろなことを学んでいきます。それは決して受け身ではなく、能動的な行為です。それは、人として死に至るまで続くのです。