もしドラ11

いよいよドラッカーの「非営利組織の経営」についての解説と、私の私見は最後に近くなりました。最後は、「自己開発」です。自分自身を開発するには、自分にふさわしい組織で自分にふさわしい仕事につかなければならないと彼は言います。基本的な問いは、「一人の人間として、自分は何に向いているか」です。彼は、このような問いに答えを出すには、自分がベストを尽くせるには、どのような環境が必要であるかを理解しなければならないと言います。子どもの発達を促すためには、やはりどのような環境が必要であるかを理解しなければならないのです。よく、その環境の一部が保育者であるという人がいますが、私は、保育者とは環境の一部であるのではなく、全体の環境を用意する人だと思っています。同じように、リーダーは、職員の環境の一部ではなく、職場のあらゆる環境をコーディネーターする人の様な気がします。
 そんなときに、自分の気質や個性をよく見なくてはならないのです。気質や個性は訓練して容易に変えられるものではないだけに重視し、明確に理解しておくことが大切だと彼は言います。しかし、もし、向いていないという結論に達した時にはどうすればいいのでしょうか。その時には、「それはなぜか」ということを問題にするべきだと言います。その組織が有する価値観になじめないのか、その組織が堕落しているからか、もしそのような場合には、人は確実にダメになると言います。そんなときには、やめることが正しい決断であると言います。
 自分自身に刺激を与えるためには、大きなものであれ、小さなものであれ、時々は変化を与えることが必要であると言います。この必要性の重要度は、人がますます長生きをするようになり、ますます長く活動できるにつれて高くなっています。しかし、変化と言っても、まったくかけ離れたものに代わる必要はないと言います。安楽な日常に埋没しそうになったら、何か違ったことをやるよう自分を駆り立てる時が来たということです。「燃え尽きた」というのは、たいていの場合、「飽きてしまった」ことを白状しているのであると言います。朝、やりたくもない仕事にいやいや出かけることほど、疲労を覚えるものはないと言います。たいていの仕事は、同じことの繰り返しです。喜びは、仕事自体にあるのではなく、結果にあります。したがって、仕事に飽きるというのは、成果を求めて働くことをやめるということです。
 成果がなかなか得られないうちは、仕事の中に学びを見つけていくことです。仕事の中に学ぶことを組み込み、かつそれを維持していくには、結果と期待のフィードバックの仕組みをつくらないといけないと言います。そのために、自分にとって重要な意味を持つ活動に取り組むとき、自分が何を期待するかを書きとめておくことが大切です。数ヵ月後に、その記録した期待と、現実の結果と比べてみて、自分はどのようなことをうまくやれるか、どのような技術や知識を必要としているか、そして、どのような悪い癖を持っているかを知ることができるのです。
それは、自分自身にだけ向けられるのではなく、組織に対してもそのような振り返りが大切です。同じことの揺り返しに見える毎日の中で、ただ日々に追われていると、疲労感だけが残ります。そこには、期待を持ち、それへの達成度を見直すことで、次の期待への修正をすることができるのです。比較するものがなければ、弱みも見つかりません。私は、その期待を「志」だと思っています。それに向かうための環境は、どのようなものなのか、どんな環境が今足りないのかを見直していくことで、少しずつ志に近づいていくのだと思います。