風邪予防その1

  「『もったいないこと してないかい?』といってやってくる。もったいないばあさんが、今日もぼくの家へやってきた。ちょっと怖いばあさんなんだ。ぼくがモノを捨てようとすると、それを使って、色んなことをしてくれる。」こんな、もったいないばあさんがはやっています。もったいないというのは、どうも「ばあさん」のキャラクターなのでしょうね。少し前に「わからないことがあったら、おばあちゃんに聞け。」という「おばあちゃんの知恵袋」というのも注目を浴びました。このような昔ながらの健康の知恵、暮らしの知恵、懐かしい話など、もう一度おばあちゃんに聞いてみたい生活の知恵で、これからはやる風邪を乗り切りませんか。ます、風邪予防に様々な果実酒があります。有名なところで、「カリン酒」があります。もともとかりんは、咳を静め、疲れた時に効きめがあるといわれています。カリン3?4個に、糖分200?300gを加え、ホワイトー35度1.8Lに漬け込み、最低2ヵ月から6ヵ月仕込みます。皮をむいたレモン2個位を加えるとさらに風味が増します。他に「アンズ酒」も咳を静め、疲れによいといわれています。これは、特有の香気があり、美酒でストレート、カクテルいずれにも最適です。「青ジソ酒」は、咳を静めるだけでなく、健胃の働きがあるといわれています。青ジソの棄130枚位を糖分、ホワイトリカー35度1.8Lで漬け込み。最低3週間から1ヵ月で飲めるようになります。これは、毎日少量ずつ飲むと、冬でも風邪知らずで、元気に過ごすことができるといわれています。果実酒ではなく、果実を砂糖漬けしたものでも効果のあるものもあります。ザクロの実を白砂糖漬けにし、そのエキスを飲むと咳止めになります。大根を乱切りにして密閉容器に入れ、上にハチミツをかけ、2?3日して出た汁を飲むと咳止めに効果があることはよく知られています。これも昔からよくやられていて、私も祖母から教わったのが、のどの痛みに「焼き梅干し」です。のどが痛く、寒気がする時などは梅干しを2?3個、弱火で焦げないようによく焼いて、熱いお茶を注いで飲むと、汗が出て熱を下げ、早く治ります。梅干は、万能薬といわれ、梅干しと黒砂糖かしょうがを湯飲みに入れ、暑いお湯で飲むのもよいといわれています。また、風邪予防、インフルエンザ予防に利くのはビタミンAですが、その摂取のためには、納豆を食べるのは効果的です。ベータカロチンがビタミンAに変わるためには、動物性たんぱく質に含まれるメチオニンというアミノ酸の手助けが必要です。納豆に含まれるパントテン酸とナイアシン(ニコチン酸)が、ベータカロチンがビタミンAに変わるのを助けるので、納豆を食べるとよいといわれます。ネギを入れて混ぜて食べれば、さらに効果的です。また、風邪を引きそうな時は、味噌に酒とみりんを加えてよくとき、これにさらしネギを少々加えたものをごはんの上にのせて食べると良いといわれています。同様にれんこん汁も、風邪のひきはじめや咳をおさえたい時には効果的です。適量をすりおろし,ガーゼなどに包んで絞る。1回に、おちょこ1杯程度を飲みます。お湯を足して、トロトロにして、しょうがを加えればさらに効果が増しますし、葛粉をいれても、はちみつなどを入れてもよいでしょう。また、おろし汁をガーゼなどに湿らせて、鼻に詰めると鼻づまり防止に効くと言われています。まだまだありそうです。すぐに薬を飲まずに、ちょっと時間があるときに、果実酒を作っておいてはどうですか?

風邪予防その1” への6件のコメント

  1. いろんな風邪対策がありますね。昔の人の知恵はやっぱりすごいです。去年ブログで紹介された生姜湯を子どもが気に入ってしまったので今年もお世話になる予定です。薬に頼らなくてもいいように、果実酒も含め予防のレパートリーを考えておくと良さそうです。体力を維持することや昔の日本人の知恵がしっかり詰まっている食事をきちんととることも大切にしようと思います。

  2. 昔からの知恵袋はすばらしいものがありますね。我が子も幼少時期は偏食もなく盛り盛る食べる子だったにもかかわらず、風邪をいつもひいていたので、大根の蜂蜜漬けは冬には欠かさず作っていました。なるべく薬には頼らないようにとの思いで。
    蓮根汁、おばこを乾燥させて煎じて咳止めにしたりと色々なことをしたのを思い出しながら読ませて頂きました。この冬風邪をひかないよう乗り切っていきましょう。

  3. 先月くらいから風邪の症状に陥ったり回復したりを繰り返しています。手洗いとうがいを心がけていたのですが、・・・。風邪予防の果実酒には関心があります。田舎の家でも「カリン酒」などがありました。梅干しを焼き熱いお茶に入れて発汗作用を促す、というのはできそうな感じがします。今度やってみたいものです。私の家内は悪寒がするとよく熱くした「玉子酒」を飲みます。これも発汗を促進するようです。それでも風邪を引いてしまったら休息が第一なのでしょうね。仕事であれもやらなければならない、とかこれもやらなければならない、と考えると多少身体がだるくても出かけてついつい病気を長引かしてしまいます。そして病院の世話になり薬を処方してもらう破目に陥ります。今後は予防を第一に考えて生活しようと考えています。

  4. おばあちゃんの知恵袋で思い出したことですが、私の住む県に助産施設と老人ホームを合体させた施設を開いているNPO法人があって注目を集めています。核家族が増えて昔のようにいわゆる「おばあちゃんの知恵」が伝承されにくくなっている今、こんな試みもありかなと思いました。それにしてもいろいろな風邪予防法があるのですね。今年はインフルエンザが大流行する兆しがあるそうです。油断することなく、冬を乗り切っていこうと思いました。藤森先生もどうかお体に御自愛ください。

  5. 様々な風邪対策を教えていただきました。また、予防も大切になってきますね。私は寒い時期になるとだいたい一度は高い熱が出ます。年間で二回ほどは寝込むことがあります。寝込んだり、高い熱が出ると苦しいですし、なんとも辛い日々を過ごすことになります。ずっと寝ているのもおもしろくないですよね。ですので、寒い時期やそうではない時期でも予防をしっかりしたり、なったらなった時の対策もきちんとやっていきたいなと思いました。梅干し湯や納豆にネギなどはすぐにできそうなので、これはぜひこのシーズンを乗り切るために実践してみたいと思います。

  6. 私はレモンがわりと好きなので、蜂蜜入りのホットレモネードを自家製で作ろうかと思っているのですが、風邪予防とかにもなるでしょうか。果実酒には、お酒が入っているので…と思いましたが、毎日少量でもと書かれていたので、私でも飲めるかもしれません。アルコールの、体を温める作用が効果的に働くということでしょうかね。また、のどの痛みには「焼き梅干し」というものには驚きました。私はやったことはありませんが、よく思い出してみると、父がお茶の中によく梅干しを入れていました。父も、幼い頃から「もったいない」によって、習慣づけられた知恵を実践していたのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です