暮らし

BLOG

毎日更新。カグヤの日々の取り組みをご紹介。

暮らし

循環型社会

今回、職人さんたちがいらして茅葺の屋根修繕を行ったこともあり、その後も茅葺屋根について色々と調べてみると「植物で屋根を葺き、古くなったら肥料として自然に戻せる点」が、循環型社会向きの未来型建材として評価されて復権しつつあるそうです。

 

実際にこちらの藁ぶき古民家でも、屋根に使われていたり、2階に保管されていた古い大量の麦藁は、

 

 

皆で運んで、泥除けに庭にひろげたり、

 

 

後ほど田畑の堆肥にもなったりする予定ですが、このまま自然と分解され土に還り栄養となりまた植物が育ち・・・と、循環していくのですから、改めて無駄がないというか、本当にすごいことだと感じます。

 

そして、子どもたちや次世代のことを考えたら、やっぱり循環型社会を意識せざるを得ませんが、もともと繋がり循環しているこの社会の中で、それこそ暮らしを無視することはできず、負の循環ではなく好循環となるよう、自分はどんな暮らし、生き方、働き方を選択していくのかと、改めて考えさせられることばかりです。

 

地域の中の一部、社会の中の一部、地球の中の一部、大きな循環の中の一部であることを忘れずにいたいと思います。

 

 

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子