gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

暮らし

久しぶりに

昨日は久しぶりに東京オフィスへ出社しました。

 

皆、3月後半からテレワークをしていたので、こんな風に集合できたのは約3か月ぶりのこと。

 

デスクで仕事をしたり電話に出たり、普通に働けることのありがたさを実感しました。

 

 

もちろん皆で一緒にお昼ご飯を食べるのも久しぶりのことで、再会の喜びもあって、ちゃぶ台でお寿司を囲みました!

 

 

そして、6月の代表的な和菓子「水無月」も。

 

 

こちらは、6月30日に夏の邪気払いのために食べるお菓子。

 

水氷のように美しい三角形の白いういろうの上に、小豆がのったもので、水無月を三角形に切るのは氷を表し、小豆には「厄払い」の意味があります。

 

2020年の前半は、コロナの影響も大きくなんだかあっという間でしたが、こんな風に昔から続く行事に触れながら、2020年の後半も皆さまと共に心身ともに健全健康に働けますように。^^

 

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子